月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
お母さん、一大事です。 17:30

おかあさん、一大事です。

 

二人がどうやらご飯に行ったようです。

 

確かガガ様ライブあたりだったか、ご飯に行こうとしてたけどタイミングが合わなかった云々と櫻井さんが仰っていて、「いやちょっと待て!ご飯に行こうとしていたのか?まさかあの『ガガ様ライブ現地集合現地解散シビアデート』の時にご飯に行こうとしていたのか?」と翔潤界隈を騒がせたとか騒がせていないとかいう、あの時以来二人でご飯って聞いたことない気がするんだけど、あの緊張したお蕎麦屋さん以来のご飯エピソードなのではないでしょうか。

 

そもそもサシか否かもわからないけど、いやサシだったらいいなと思っているけど、でも櫻井さんの口から出た事実として、

「櫻井さんがよく通うお店に松本さんを連れて行った」んだよ…。

松本潤を連れて行くんだって考えて、トイレの動線まで考えて、考えて、考えた結果、自分がいつも通うお店に連れて行った櫻井さん…。

数日前から考えているということは、遅くても『数日前』には組まれていた予定…。

プライベートも忙しくするふたりの中に組まれた、食事という予定…。

 

つらい。

 

なんで食事したの?なんで飲んだの?この時期にどうして?お仕事の話したの?どっちがどう誘ったの?

お店を考える役目を櫻井さんが仰せつかったのはどうして?お店をよく知っているいじりは松本さんによくするのに、やっぱりご飯に関しては翔くんだよねってなったの?よろしくって?お蕎麦の時もそうだったね?

松本さんどんな表情したの?悩んだ末にいつもの場所になっちゃったけど、って櫻井さんが案内した時どんな表情したの?絶対喜び滲ませてはにかんだね?櫻井さんこんなところよく来るんすね、おしゃれだな〜って笑っちゃったね?嬉しかったね?嬉しかったね?行きつけのお店に連れて行ってもらうの嬉しかったね?

 

はー!つらい!!

 

そしてお酒進んじゃって、美味しいお店紹介してくれてありがとうって、まだ飲みたいって、

 

それで家に呼んだのか、松本さんよ〜!!!(名探偵やよい)

 

自宅の話はこれからだし(夜会ありがとう)、ご飯の話はこれっきりかもしれないけど(松本さんが話してくれないかなあ!)、

 

行きつけのお店も、自宅も。超プライベート空間であり自分のホームにお互いを招いた翔潤よ、

 

いったいどうした2018。

 

ふう、スッキリ。「untitled」発売頃に現れます。道明寺をしつこくリピートしている日々の私でした。それではまた!マナブ、西郷どん、ブラックペアン見るよ!

| 翔潤 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
道明寺! 23:26

道明寺すきだ‼︎

 

 

 

華やかで

 

オーラがあって

 

 

上品で

 

少し危うい、

 

道明寺のような

 

役を、

 

 

松本潤に‼︎

| 松本潤 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
Are You Happy? 21:54

明けましておめでとうございます。こんばんは、やよいです。

やってきてしまいました、2018年。やってきてしまいました、平成30年。平成30年と書くと、平成生まれとして(笑)恐ろしいものがあります。ラスト平成イヤー、何かしなくてはならないと謎の使命感が生まれます。今年こそ精一杯頑張ります。おそらく今年は引っ越しがあるので、レコちゃんの編集と雑誌の整理をするぞ。私はするぞ…!(4年分)(絶望)

 

紅白、カウコン、しやがれと終わっていってしまうのが少し寂しい年末年始。

紅白でのにのちゃんのあの司会としてのソツのなさと対応力は想像していた以上に素晴らしくて誇らしく、松本さんはとても仕上がっていて綺麗で紅白でマイクを握っても落ち着いていて、しやがれでのツーリングの相葉さまのふとしたかっこよさにヤラレ、リダの持つ芸術センスに久々に圧倒され、そしてやっぱり、櫻井さんはとても心配でした。表情がなく、何かを庇うようなダンス。紅白は、何かで全身を打った直後だったのでしょうか。友達から「早く櫻井くんを休ませろ」「あんたみたいに指を折ったんじゃないの」のようなLINEが次々と届くほどだったんだよ(笑)。カウコンではだいぶ落ち着いて表情も豊かだったし、櫻井さんはそうやって心配されることも、こちらに心配されるまでカバーしきれなかった自分にも、腹が立ってしまうだろうけど(笑)、それなら早く、120%元気な姿を見せてくださいね。大阪の櫻井さん報告が待ち遠しいです。

 

それでは、年末年始、一年で一番ゆったりとしている中でもう一度見返したかった&感想を書けていなかったAre you Happy?を見ながら、ここに自分のメモ程度に残させてもらいます。こうやって残しておくと、まるまる見る時間はないけどあゆはぴの世界にちょっとだけ行きたい!という時に、自分のツボなところだけ見返すことができるので楽です。という、本当に自己満な感想メモを以下書きます(笑)。Documentaryの方も本編も書きたいな。

続きを読む >>
| DVD | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
「untitled」@Tokyo 12/25, 12/26感想【MC〜ラスト】 19:07

大晦日ですね。こんばんは、やよいです。

大学1年の2009年以降過ごしている一人っきりの大晦日、とても幸せです。大晦日だからこそばたばたとしているお母さまがたには申し訳ないくらい、最も充実したヲタ活動ができる日=大晦日。一年を振り返る日。

とはいえ、今年は仕事で初挑戦が多く、仕事を持ち帰ったりカフェで仕事を終わらせて家で寝るだけな生活が続いていたので、なかなか振り返るほど細かいところまで追えなかったので悔いが残ります。今の嵐は今しかいないからちゃんと見たいのに!

そんな中で、2017年どうしても書き残しておきたい個人的ベスト松本さんがあったので、ここに自分用に記しておきたい。

 

10月4日OAのTOKIOカケル。先輩方のところへ一人ゲストでお邪魔するためにめちゃくちゃ緊張していたという松本さんが、企画の一つとして理想のマイホームを披露。和洋折衷型で、日本庭園があったりプラネタリウムがあったりする中、最後のオーダーとして紹介されたのが嬉しくて嬉しくて、とんでもなく嬉しいことだった。

 

「ダンスリハができる地下室が欲しい」

 

何より踊る松本さんが好きな私、号泣。

 

5人が揃って踊りたいときに踊ることができるようにってスタジオのような地下リハーサル室をご所望なのです。自分の家に、ダンスリハ室を!自分の家に、ダンスリハ室を〜っっっ!

松本さんが歌って踊ることが原点だと言うことが、とても信じられて好きです。PARADOXのときのように踊ることを重視してくれることが、一部作詞したSTAY GOLDで「これからも踊り続けよう」と歌ってくれることが、体を鍛える目的がずっと踊り続けられるようにであることが(あまり体を大きくしたらダメよ☆)、歌って踊ることが原点という言葉を心から信じさせてくれます。自分の家にダンスリハ室を、なんてその究極的な形だと思うの。プライベートな空間にダンスリハ室ですよ。ふと踊りたくなったら一人で地下に行って曲かけて踊るんですよ。ああ、私、鏡になりたい…。たくさん睨みつけられたい…。鏡になりたい…!

松本さんだけではなく5人が5人口を揃えて言うものね。一人仕事の時は「出掛ける感じ」とよく言っているものね。常にアイドルでいてくれるところを信頼しています。

 

そういうわけで個人的にぎゅっと締め付けられて心に残ったベスト松本さんはこのダンスリハ室が欲しい松本さんだったな、この一年。ベスト翔潤はもう間違いなくCome Backで耐えきれずここで叫ぶことができたので大満足。

来年は20周年直前ということで…どんな一年になるのかな。どんな一年にするのかな。年頭にあるらしい嵐とスタッフさんの話し合いではどんな話題が出るのだろう。とうとう2020も目前に迫ってきて、この国にとっても変化の直前に当たる2018年。私もガラッと仕事環境が変化する可能性の高い一年。

 

2018年、実りのある良い年になりますように。

 

でもまずはラストパフォーマンス楽しみにしてるし、にのちゃんを心から応援するよ!白組頑張れ!

結局ここを残して気まぐれにこうやって現れるブログであり続けてすみません。誰より私が自分のことを吐き出す場を求めていました。これからもフラッと現れますがお付き合いいただけましたら嬉しいです。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは以下、昨日の続きから。MCからラストまで、個人的感想です。MCも断片的です、お許しください。

続きを読む >>
| コンレポ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
「untitled」@Tokyo 12/25, 12/26感想【MCまで】 19:21

2017年も終わろうとしていますね。こんばんは、やよいです。

 

私個人にとっては相変わらず仕事ばかりの一年でしたが、初めて挑戦することも多くうまくいかないことが重なった年でもありました。極め付けはふと歩いてつまずいたら足の指を折ってしまったことです(ここ笑うところ)。12月初めから松葉杖生活で今はすっかり元気なので、お医者さまは誤診されて、本当に折れてなかったのでは?と思っていますが、実際数週間はとても不便で、健康第一だとつくづく実感しました。よくリダが言うけれど、本当にその通りです。健康第一。そして栄養大事。来年は自分の体も大切にしつつ、まだまだ仕事を頑張りたいと思います。

 

さて、「untitled」ツアー真っ只中ですが、見事にチケットが取れずぼやいていた自分を2人の女神が救ってくださり、12月25日と26日に東京で参加してまいりました。もともとこの日程で出張の予定が入り、それならばお祭り気分だけは味わいにドームまでは行くしかなかろう!と思っていたところに優しい手が差し伸べられ…。本当に感謝カンゲキ雨嵐です。

 

 

以下、いつもどおり騒ぎ倒しているので詳細なレポは皆無&久しぶりに書くので読みづらいかと思いますが、この2日間の感想を自分がいつか見返して思い出すことができるように、ここに記録させてください。自分の主観が入りまくりですので、不快にさせてしまったら申し訳ありません。それでは以下たたみます。

続きを読む >>
| コンレポ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
Come Back 01:40

こんばんは。はじめまして。やよいです。

結局自分のためにここを閉鎖できないまま放置していて、仕事に追われながらも職場には恵まれ(葉山先生と鳴海校長に会える日々ならもっといい)、充実した毎日を送っておりました。ナラタージュはじめ、ぐだぐだと感想を書きたいここに書きたいでも時間がないと思うことはたくさんあって、なかなか踏み出せなかった私の元に届いた「untitled」。

 

櫻井翔・松本潤ふたりの曲の音源があって毎日聞くことができるという事実!

 

というわけで、プチ復活?として他の曲にもたくさん思うことはあるけれど(UBとか抱擁とかUBとかSong for youとか!)Come Backについてのみプチ叫びます。久々なのに相変わらずですみません。

 

兎にも角にもCome Backですよ。もうすべてはCome Backのせいです。宗教のように毎日聞きます。もう宗教です。私は信者。

まず発表された情報は、ユニット曲がある、でしたよね。今回はソロ曲じゃなくてユニット曲があるという情報が出て、ヒイッと一人携帯を見ながら帰り道立ち止まったことを覚えています(歩きスマホ防止)。どうせ無いだろうと半分泣きながら、どうしても願わずにはいられなかった翔潤曲。

 

だって今の松本さんの見せたい音楽と櫻井さんの作り出す音楽や空気はとっても親和性があると思っているから!

それはみんな知っているはず!DJMJでああいう風に見せられているのだから!

「相性が良い」と本人が語るのだから!(あれはいつのことだっただろうか)

 

無いだろうと思いながらも、こういう思いがあるから、願わずにはいられなかった。

 

そして、曲目が発表された日。そう、もうそろそろじゃ無いかなあと思っていたのだよね。そしてやはり同じように帰宅途中にちらりとネットを覗くわけだ。すると叫び声ばかりが揃うTwitter。今度は声を出して「ヒィッ」と言ってしまったことをこれもまた覚えている。私としては松本さんが「ア」を見せながら笑っているあのグッズの写真を見たときと同じリアクションだったと思う(みなさんの心の声:知らんがな)。

 

神は、いたか…!

 

しかもタイトルがCome Back。やはり去来するのはGET YOURSELF ARRESTEDであり、一体何が戻ってきたというのだ、タイトルからしてイケイケな感じじゃないか、上3人によるバズりNIGHTは絶対おふざけ系だし、夜の影はきっとセクシー系だろう、にのあいのUBとは…私には想像することさえできない領域であるにのあいだが、おふたりは、おふたりは絶対ガシガシ系じゃないか!

どうしよう、ふたりが踊ったらどうしよう。風景ツアーのときの札幌レポを私は多分忘れられない。GET YOURSELF ARRESTEDを実際に見ていたファンの方々が口々に「ふたりがノリノリで向かい合ってあの振り付けしてた!」と興奮気味におっしゃっていたあのレポ。あんな風にガシガシに踊ったら、ねえ、どうしよう。櫻井さんがラップ書いていたらどうしよう。櫻井さんがピアノ弾いたらどうしよう。松本さんがギター弾いたr、絶対ないからその妄想はいいとして、どうしよう、全力でかっこよさ出してきたらどうしよう。命が持たない。

静かに真剣に興奮しながら、とにかくアルバム発売日までは必ず生き延びると神に約束をした、この日。

 

その次の情報解禁は、作詞・作曲・編曲勢だった。目に飛び込むは、「Rap詞:櫻井翔」

 

天に召される!いや召されたい!

 

確かこの辺りって当落の直後あたりだったのではないだろうか。地球の中心、マントルよりもさらに落ち込んでいたときだったはず(まだ引きずっているけれども)。櫻井さんのラップがあるというだけで天に召されるが、その演出を見てさらに召されたい。そう思った。

 

そして、やってきた、指折り待っていたフラゲ日。うそ、フラゲ日前日に「ちょっとまって!明日フラゲ日じゃないか!」と思ってから指折りあと何時間か待っただけだけど。それでもフラゲ日当日だけはやっぱりずっと頭から離れなかった。だってとうとう二人の曲を聴くんだよ!そんなの信じられるか!一曲まるまる二人の声なんだよ!そんなことってあるんだね!

 

仕事を終えて、フラゲって、家に帰って、インポートして、タイトル手打ちして、ベッドに入り込んで、いざっと戦闘体制になったのは23時くらいだったかな。歌詞カードを見ながら新しい曲に出会うこの瞬間はやっぱりとても好きで、心から楽しんでいたけど、Song for Youの衝撃があまりに強くて、そしてやっぱりあまりに楽しみにしすぎたこの気持ちをまだ終わらせたくなくて、なかなかユニット曲には入れなかったっけ。スーッハーッと深呼吸をして再生をしたらバズりNIGHTで、笑って、夜の影で3人のセクシーな声に、ときめいて、UBのあまりにあんまりなあの感じに、なんだこれは…と悟りを開きそうになって、そうして少し考えていたら始まる、キュルキュルキュルッという音。

 

はっ、始まったーっ!

 

1回目は、手に汗握って、歌詞カードに穴が開くんじゃないかと思うくらい見つめて、一つひとつ聞き漏らさぬよう神経使って、はっヒィッふぅ〜へっ?ほっ…!とまさにはひふへほで声にならない声をあげ、一曲終了したときには思わずベッドから起き上がり、その上に正座をして私は言いました。

 

神様、ありがとうございました(土下座)。

 

想像して痛いやつだと思わないでください。この行為も痛いやつというのも事実なので。だって、二人の曲がこうやって音源がしっかり永遠に残る形であって聞きたいときに聞けるというだけで奇跡なのに、まさにこういう、お二人らしい曲を仕上げていて、ラップもあって、もう生きとし生けるものすべてに感謝。つまり神に感謝しなくては…!

 

そんな感じでした。

何度聞いても減るもんじゃないのに、やっぱり再生ボタン押すたびに緊張してしまう自分が数日経ってもいるけれど。耳が幸せだって言ってるから、やっぱり毎日聞こうと思います。今日は初めて、仕事終わりに「untitled」大音量ドライブをしました。1時間ちょっと車を走らせて、信号もないところでスーッと海を見ながら大音量で曲を聴くという幸せな時間なのですが、

Come Backはこの大音量が合う。

爆音が合う。

つまり、ライブでどれだけ映えるか。

私がその場にいなくていいのか!本当にいいのか!良いわけがない、二人の曲を体で堪能しなくてどうするんだ!何が何でも必ず行くぞ!

 

…ひとりでも多くのお仲間の方に言っていただいて、きっと二度とないのではないかと思われる二人の時間を、目に焼き付けていただきたいと心から願うばかりです。

 

ここまでも十分にぐだぐだとしているのに、ここから更に妄想豊かにぐだぐだしてまいります。

どうやらソロではなくユニットでと決まったのは嵐とスタッフさんの話し合いによるもので、ユニットの組み方のオファーはスタッフさんからの提示。東京ワクワク学校あたりの時期。他のユニットはしっかり最初を覚えているらしく正解を教えてくれるのに、櫻井さんってば「最初なんだっけ?最初の記憶がないな」

 

またあなたはそうやって我々に答えを提示しないんだから!

いつもそう、何かをはぐらかす!

あらやだ、なんだかJpopの歌詞みたいになっちゃったわ!

 

松本さんがすぐに教えてくれましたが。それでも他のユニットより断然過程を教えてくれないし、全くそれだけの余白があるからこちらも妄想を楽しめるってもんだわ。心からのありがとう。さてさて、二人のやりとりから察するに、GET YOURSELF ARRESTEDの印象があるスタッフさんから「ラップやって」と依頼されて、その近くにいたスタッフさんだかその話を聞いたスタッフさんだかが「えっ、二人で曲やったことがあるんですか!」みたいなリアクションがあって、櫻井さんが少しだけでも「知らないのか?!」って思って、それならばあの頃を思い出すような、それでいて上回るような、そんな曲を作ってみようってなって、ふたりできっと少しは話して、ふたりできっと当時の資料映像を見たりして、ふたりできっとあの頃を少し思い出して…

 

おかしいな、涙が…。

 

でも、間違ってはいないと思うんだよなあ。絶対、資料映像は見たよね。GET YOURSELF ARRESTEDを歌って踊る過去の自分たちを見たよね。歌詞をなぞるためにも。それぞれ家で見たんだろうな。ハーそのことだけで妄想止まらなくなりそうだから、とりあえずストップ。

自分たちの曲のイメージをプロに伝えて、曲が上がってきて、歌って。その間に考えたラップ詞をまず櫻井さんが仮に音入れして。こんな感じって松本さんに渡されて、櫻井さんのそのラップを聞きながら松本さんが練習をして、そしてラップを歌うっていう、この流れが行われたことはおそらく間違い無いでしょう?

 

櫻井さんがこのラップ詞を書いているときは何を思ったんだろ…

松本さんがこのラップ詞を受け取ったときは何を思ったんだろ…

 

この曲を見て、聞いて、私は思ったんです。私たちヲタクは…なぜ私は全員を一緒くたにしてしまったのでしょう、違う違う、私は、あのふたりのあの恥ずかしい過去も、どこかそのまま宝箱にしまって時々ちらりと振り返ってはどこか甘い気持ちになっていたけれど、

 

ああこのふたりは、その過去からずっと繋がっていて、今とても良い「両輪」のパートナーとして、いるんだなあ、って。

 

なんだかうまく言えないけど、そして当たり前なんだけど、あの過去は今と切り離して考えるものではなくて、「成長」ってこういうことなんだなあって。いや、お前何歳だよって話なんですけど(笑)。当時を知っている人には大変申し訳ない話だ。いい意味で「ビジネスライク」で(ほんの少し根に持っているワード笑)、良いパートナーとして今お互いを考えてこの曲作ったんだろうなあって…ただ単純に、翔潤ってほんっと目の離せない大好きなふたりだなってこと!うん!(頭の悪い収め方)。

 

それでやっと曲の感想に行きますけど(ここからか!)、

 

最初に叩いている手の音はおふたりの手の音ですか!(そこからか!)

 

最初からDJMJっぽいし手を叩いてリズム取りやすくしているし、もう「魅せる」大前提の入りすぎてもう好きが止まらない。

しかも松本さんが高音で櫻井さんが低音と別れるところも、たまらない。321とカウントダウンしていくところはスイッチするのもたまらない。大音量で聴くとここの声の重なりがよく聞こえるからすごく興奮する大変オススメ。いやそもそもふたりの歌声が重なるのがもうたまらない。

 

「two man show 幕上げ」

 

とんでもないshowの幕上げだよまったく!櫻井さんの低音でC'monでshowへ誘うなんて罪すぎるよまったく!

 

そしてここから始まるラップ詞。櫻井さんが「ふたりのことを書くことになるから、(自分の気持ちが)反映されてるかも」なんて言っちゃったもんだから、ヲタク特有のねちっこさが出ちゃうよ、ごめんね、ごめんね。

 

 

「共に負ったいつかの古傷」って何!何なの!

 

ねえ、何なの!

 

 

 

何の傷なの?いつの傷なの?誰による傷なの?櫻井さんが「傷」なんて言っちゃうの?櫻井さんが何かによって心を痛めたの?しかもそれを、松本さんも同時に「負った」って櫻井さんが断言しちゃったの?「共に」なんだもんね?どの傷のこと?2001-2002頃なの?ねえ、そうなの?「傷」なのね、「傷」なのね…!

このラップ詞による衝撃波は凄まじい。共に負ったいつかの古傷。あの頃のことをまったく振り返ろうとしないふたりによる、ちょっとしたヒント。おそらく最初で最後だろうヒント。「まあ古すぎる」とその直後に流されてしまうのだから、きっと永遠にわからない。共に負ったいつかの古傷。だから、ヲタクは永遠に謎解きをするよ。

次に続くは、

 

「ああ緩すぎる なら我々から今から報いる」

 

緩すぎるから今から二人で報いる。何に対して今から返すというのか。何に対して今から仕返しをするというのか。どっちの意味だろう。でも「…すぎる」は基本的にマイナスの意味で使われるはずだから、「仕返し」か?ならば緩すぎるというのは?櫻井さんが「古すぎる」を受けてuuuiuにしたかったからこの言葉のチョイスになったのはわかるが、でも「緩い」という言葉を選んだ、その訳は?緩い、緩い…。

まさかGET YOURSELF ARRESTEDのことやその時期のことを知らないということを「緩い」と言っているわけではあるまい…?何が緩いから今からその仕返しをするというのだろうか。その仕返しがきっと、会場を十分にあっためるだろうこの曲のノリと完成度なのだから、だから…?「緩い」ことに対して「報いる」と言っているのだから、多分聞いているこちらに求められるのは「きつさ」「激しさ」「ピシッと型に嵌まる」感じなのか?ということは、会場の空気が「緩い」と言っているのだろうか?「緩すぎる」ということはつまり「もう少し盛り上がれよ」ってこと?「仕方ねえな、もう少しお前らあっためてやるよ!」ってこと?

 

なにそれかっこいい!(妄想は自由)

 

だから始まるんだもんね。「お待たせ」とか言っちゃうんだもんね。「圧倒的」な「光」と「音」が溢れる最高潮のステージへ連れていくんだもんね。そのステージからさらに超えて、虹の彼方ではなくて「まだ先の丘まで」連れて行っちゃうんだもんね。どこまでも、どこまでも、ふたりのことを感じて体揺らして音楽にノれば、何処へでも連れて行ってくれるんだもんね!

 

ああ、かっこいい!

ライブ会場で圧倒的な光を放つのはあなたたちだよ!ついていくよどこまでも!(逆に怖い)

 

左右と盛り上げるふたり。ここでヲタクは思った、

 

この人たちステージの端と端でパフォーマンスをする気だ…

 

いい、それでこそ、それでこそふたりだ。ドームを一体化させてやるためにはそれくらいの距離必要だろう!許す!

そしてラップ前半はこう締めくくられる。

 

「低音 俺たち二人なりの方法」

 

声に出して読みたい日本語21世紀第一位!(号泣)

 

 

低音。そうだね、ラップは確かに低音だね。それ以外は高音だけど、会場を盛り上げるのも結構高音だけど(櫻井さんも高音のラップの方が響くから高く歌うときあるものね)、確かにラップは低音だ。そして、あなたたち二人は確かに「低温」だわ…。

こんなに深読みしたい「低音」もない。ずっとhoで来て最後もちゃんとhoになっているのになぜここだけonにした、櫻井翔よ。あなたほど頭の切れる人がhoで終わる音をわざわざ当てなかったのはどうしてだい。特に理由なんてないと思っていても、あなたたちは自分から正解を提示しようとしないから、こちらで勝手に妄想させてもらうよ。

確かに、あなたたち二人なりの方法は「低温」だよ。やりとりだって温度を感じないくらいあっさりしているときもあるさ。ときにきゃっきゃするときあるけどそれは無意識だろうしね。「低温」であろうとしているだろうね。ビジネスの上で良いパートナーでありメンバーであり、ライブ中ファンを盛り上げるときも、確かにあなたたちふたりの方法は、特別ファンサービスをするわけでもなく、「低温」なやりとりだ。そして、この曲中もあいま合間に低音なラップを入れて盛り上げるポイントを作っている、それもまた。

 

「低音 俺たち二人なりの方法」

 

ふたりの方法だね…。そうやってこちら盛り上げてあっためてくれるふたりが大好きですよ…。

 

前半のラップ詞が終わって、Aメロ?Bメロ?が終わってサビへ。ずっとこちらのことを煽ってくる歌詞で、「夢中にさせてやる 3minutes」ってすでに夢中でどうしようもない人はどうすればいいのかと思うけれども、こんなこと歌っちゃって一体どう魅せてくるというのか。とにかくノれよ、このvibesにノッて体動かしてなにも考えずに楽しめよ、って、ずっと煽ってくるふたり。

 

「お構いなく Come」

 

Comeしてえよぉ!

 

手を上げてきっと横に振るんだろうな、We'll come backってどうして未来形なのかな、ここで大きく手を振ってジャンプして会場を盛り上げているふたりが眼に浮かぶな、たくさんのヲタクがただただ楽しんでいる様子が眼に浮かぶな…、なんて切なくなりながら考えている場合ではないのです。

 

「あー俺行こうか?」「あっ、じゃあお願い」

 

こういうの、どういう話し合いのあとに入れてるの!ねえ、教えて!

 

なんかここ音が寂しいからやりとり入れておきます?ってスタッフに言われているわけでもなかろうよ!こういうやりとりって絶対ラップの掛け合い想定しているじゃん!いや実際曲はそうなんだけど!いざ披露の場になったことを考えてごらんなさいよ!ステージの端と端でこんなやりとりしても間抜けだからね!向かい合って、至近距離で向かい合って、ラップの掛け合いをするような設定じゃないと、こ、こっ、こんなやりとりは出ないでしょうって!ねえ、ちゃんとそれを想定しているの!している、しているんだろうなあ…。ふたりのことだもん…。まじかよ…。翔潤ってプロなんだから…。知ってた…。

 

そして後半のラップ詞へ。珍しくここで櫻井さんが答えを提示してくれるわけです。きっといつかの古傷の答えを。

2001年ごろだよって。

提示してくれたけれど、さすが櫻井さん。いつだってはぐらかす天才です。

 

「ただし…うーん なんて言うの what I mean?」

 

知ってるよ、櫻井さんははぐらかす天才だとは知っているよ、知っているけど、

 

わざわざ「あの頃のことはこれからもなんて言うのwhat I meanだからな」ってはっきりと提示してくれなくたって!

 

2001年ごろに歌ったよってしっかり言った上でなんて言うのなんてわざわざラップ詞にするんですよ!櫻井さんってばそういうとこ策士!知ってるけど!だから永遠に妄想をし続けるヲタクでいられるわけだけれども!いつだってはぐらかしてやるぜってそんな風に歌われたらこちらとしてはだな!

 

そんなぐるぐるしてヒイッとしてもう大変だったラップ詞ですが、私はもうここでやられました。

 

 

「一瞬先は闇 明けない夜はない そんな思い叫ぶ My life」

 

 

櫻井さんが歌うのは「一瞬先は闇」。松本さんが歌うのは「明けない夜はない」。そして二人で「そんな思い叫ぶ My life」。

 

おふたりが、おふたりすぎて、ああ、翔潤って!翔潤って!

 

「一瞬先は闇」。嵐はみんな言うけれど、やはり櫻井さんの印象が強い私。過去の積み重ねで今があり、この今はどう崩れるかわからないから大切にしたい。そう伝えるのは櫻井さんのイメージが強い。そんな思いを日々私たちに伝えてくれていて、そして。

「明けない夜はない」。Love so sweetで実際にこの人が歌っているところではないけど(笑)、松本さんらしいフレーズ。同じ空の下。どんなにどん底だと思えても、必ずそれは晴れるよって。信じさえすれば晴れるよって伝えてくれている。

ふたりらしい。なんてふたりらしいんだろう。しっかり地に足つけて、空を掴もうとしているふたり。両輪として嵐を考え嵐を魅せるふたり。もう私はそんなふたりが好きでどうしようもないです、ええ。ずっとこれからも伝え続けてください。

 

ラップ詞が終わって2番。サビ終わりの「今この全部Remember 感じてくれBass」がずるい。本当に全てrememberして持って帰れおまえら!って言われている気分。この楽しい気持ちを、全て忘れて体揺らすこの感じを持って帰って、日々頑張れって言われている気分。全て覚えるためにBassを感じろって。「低音」を感じろって。なぜならそれがふたりの方法だから!低音で盛り上げてやるからそれ覚えとけって!ああ、ずるいね!

 

最後の最後まで会場を盛り上げて盛り上げて、最初のキュルキュルッと同じ音で終了するCome Back。もうずるいし、ふたりが作る会場にいたすぎるし、ふたりの低音で低温の熱にやられたいし、心ではギャーッとずっと叫びながらも体全体で楽しむ自信があるし、そんなことは置いといてもうふたりの歌声とラップが堪能できるというだけでこの世は素晴らしいんだけど、一つだけ言わせてくれ、

 

松本さん、DJブースにいるのは最小限でいいからね!(いる前提)

 

DJMJが登場しそうな、もうそれ前提のようなリズムだけど、最小限でいいから!掛け合いが見たいんだ!大きく体全体を使って会場のうねりを作って欲しいんだ!あなたにとってDJが大切なのはわかる、分かるが、今回ばかりは櫻井さんと掛け合いをして、しっかり表舞台で輝いてくれ!

 

いやあ、一ヶ月後にはもう演出もわかっているのですね。想像つかないなあ、ふたりがステージの端と端でパフォーマンスをしている以外(笑)。踊ってね、二人で踊ってね!今からBlu-ray発売を指折り待つから!どんな形であっても、ふたりが会場を一つにして大変に盛り上げているのは目に見えるから、それだけでもう。いや、それだけでもうなんて言えないから、

 

コンタクト会社の偉い人。録音機能のついたコンタクトを一ヶ月以内に開発してください。

 

でも、本当に。ユニット曲をするなんてまたしばらくないだろうから、ふたりのユニットだと決めてくれたスタッフさんに今世紀最大の感謝を。そして期待を裏切らず会場を盛り上げるには最高の音楽を作ってくれたふたりにも最大の感謝を。ふたりのことを書いた結果、たくさんの余白ばかり残してくれた櫻井さんにも最大の感謝を。一生で何万回聞くのだろうね、私はね。恐ろしいもんだね。

それでは失礼致します。いやー…長いね!(成長しねえな)

| 翔潤 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
フラゲしました。 23:56

神様

 

ありがとう!!!!!

 

興奮が止まらなかったので来てしまいました。

結局わたしの居場所はここ!

またCome Backのことを書きに来ます!

 

生まれて

 

よかった!(@ベルばら

| 翔潤 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
2016年、6年間、ありがとうございました。 21:19

皆さま、おひさしぶりです。やよいです。

この1年、とくに下半期はわたしの中でたくさんの変化があって、なかなか嵐を追うことができませんでした。

松本さんのことも嵐のこともおふたりのことも、これからたくさん見ていきたいし、日々のパワーをもらっているのですが、どうしてもここに書く時間とエネルギーが無かった。ほんとうは吐き出したいタイプなのでこういう場所は必要なのですが、見て頂いていている方、ここをお気に入りに入れて頂いている方々にどうしても申し訳ないので、

 

一旦、ここを閉じようと思います。

 

長い間見ていただいた方、本当にありがとうございました。

ご挨拶として2017年1月まで残し、わたしの大好きだったこの場所を離れようと思います。本当にすみません。twitterでは細々吐き出していきたいと思っておりますが、ここからは離れます。

ここからは私事なのでたたみます。

 

続きを読む >>
| その他 | comments(14) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
Power of the Paradise/MステSakura。 20:45

台風一過で気持ちの良い青空です。こんばんは、やよいです。

きょうはもともと仕事はお休みだったので台風によるあれこれを心配しなくて良かったことが助かりましたが、鹿児島も夜に通過したおかげか被害もあまりなくて良かった。他地域での被害も大きくならないことを願います。

 

さて、松本さんの誕生日も嵐結成日もスルーしちゃったけどひとこと良いですか。

 

茶色を入れるの早いだろうバカヤローーーー!!!

 

黒髪おかえりって小躍りしていたわたしを返して…新しいヘアスタイルもとっても似合っていたからこそなんだか悔しい…あなたがヘアスタイルころころ変える人だなんてこと分かっていたはずなのに…なんで最近茶髪イズスタンダードになってるの…そんな派手な顔して黒髪が似合っちゃうところがたまらなくすてきなのに…顔は洋風だっていじられるのに黒髪にするとあら不思議どこか日本人らしい儚さが生まれちゃうところがたまらなくキュンとするのに…それで踊られた日にはときめき止まらないのに…きのうのSakuraも素晴らしかったけど、もうそりゃあ嵐カッケーだろ!って叫びたくなるかっこよさだったけど、あなたが黒髪なら、あなたが黒髪なら150点だったのに…なんで茶色をそんなにすぐ入れちゃうんや…またツアーグッズは茶髪の松本さんなのね…さりげなくわたしの部屋に貼られている松本ポスター更新ならずだわ…(LOVEの松本ポスター最高傑作!)

 

誕生日に更新されたEnjoyを読んで、ああかっこいい生き方してるなあって、早く30代になりたいなあって何万回目かに思ったし、櫻井さんに送ったメール同様のゾロ目推しがかわいくて笑っちゃったし、まさかの音声で聞くことができた「日本のひと聞こえますかー!」があまりにもかわいくて床ごろごろしたし、櫻井さんのお正月ドラマ決まって、しかもそれが櫻井さんが取材してきていた車いすバスケのことでそのつながりが嬉しくて、そうやってわたしなりに1年でいちばん忙しい、しかし充実している9月を乗り切りながら嵐を堪能していたのに、きのうの茶髪ショックが、茶髪ショックが!いや美しかったけれど!似合っていたけれど!そんなにすぐに変えなくてもいいじゃないか!

 

松本さんの黒髪とかけて桜と解きます。その心は、美しさを堪能できる日々は短いです。べべんっ。

 

………それでは(コホン)、昨日のMステの上記以外の感想とPower of the Paradiseについて。本当に不定期更新になってしまっていますが、ご覧になって頂き拍手を送ってくださる皆さま、ありがとうございます。すみません。

続きを読む >>
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
Japonism。 21:36

ずっとオリンピックを見る夏でした。こんにちは、やよいです。

mildがwildになる(逆だっけ…?)地球の裏側のできごとで12時間の時差があるにもかかわらず、ここまでがっつりとオリンピックに染まったのは初めてかもしれないリオオリンピック。真夜中だったから夜更かしして自分が耐えれば仕事と両立できて、それが良かったのかもしれません。4年に1度、全力でぶつかりあうアスリートの皆さんを見て、なんど涙したか。うまく表現できないけど、なんかこの年齢になったからか(笑)、より胸を打つものがありました。月並みの言葉ではあるけれど、ほんと涙と感動をありがとうと思った夏だったな。Power of the Paradiseもやっぱり良曲だし、わたしは櫻井さんには常にキャスターとして一丁目一番地にできるだけ近いところにいてほしいと思っているのでリオでの輝きっぷりが嬉しかった(もっと滞在できていたらなあ!とも思った)。オトノハも最っ高にかわいくって、キャスターは常にきらきらしていた。いいオリンピックだったなあ。パラリンピック、そして東京五輪も楽しみで仕方ありません。4年後、ぜったい女子バレーかシンクロは観に行くのだ!

 

そのオリンピックで大活躍したメダリストの方々に来ていただいた昨晩の生しやがれ。興奮冷めやらないわたしはメダリストが来るのかとわくわくしていましたが、そのわくわくもすべて吹き飛ばすほどの興奮が待っていました。

 

息を吸ってー。せーの、

 

黒髪おかえりーーーーー!!!

 

爽太のときから、いやそのちょっと前から、約3年は会えなかったこの黒髪姿。昨晩友人宅でJaponismを見ながらずーっと「ぜったいあの人黒髪でこのツアーするべきだったのにっ…!」とクッションばしばし叩きながら言っていたのですが(ホラー)、その直後に見た生潤がまさかの黒髪姿でわたしは文字通り舞い踊りました。本当に嬉しかった。おかえり。ずっと待っていたよ、黒髪くん。おかえり。どうしても黒髪にときめきを隠せず、友人の前ではなかなか松本さんかわいいなんて言わないのだけど、風船取れなくて悔しがってもう一回要求しちゃう不器用な黒髪MJがかわいくってかわいくってずっとかわいいかわいいって言ってた、そんな真夜中でした。あーかわいい。相変わらず重ね着のくるくるしちゃうふたりもかわいい。キメるべき台詞で甘噛みしちゃうところもあなたらしくてかわいい。一発勝負には弱くて努力と練習が不可欠なあなたがかわいい!

葉山先生クランクアップおつかれさま!あなたの先生役を楽しみにしているよ!

 

それでは以下早速ではありますがJaponismの感想というか実況めいたことを書かせていただきます。そういえばわたしレポを書いていないんでしたね…。直後にレポを書くという思い出し作業を怠ってしまったために、なかなか演出なども思い出せずとても新鮮な気持ちで見ました。忘却曲線どおりひとってすぐ忘れるから、思い出すという作業を大切にしなくちゃ…。

続きを読む >>
| DVD | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
| 1/51 | >>