月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Scene -3- 10:53
「好きになっちゃうじゃん」

明治様ありがとう(ノ´∀`*)

『チョコの世界で』篇ということでやはりこういう異次元空間のCMにぴったりはまってしまう松本さん。「知ってる?」からの声色、女の子を見る視線、パリッと食べたあとの微笑み、どれもがauやBeautyJ(とよんでいます笑)で見れるものとは違う松本さんで、CMでしか生み出せないその空気とあの人をあてはめてくれたことに大きな感謝を。
メイキングもね。誕生日ケーキに照れちゃったりさ、ココちゃんの手を引いて帰っていくあの人が何だか新米パパさんみたいだったりさ。かーわいい。

"気品と優しさを兼ね備えた"という理由から松本さんを採用してくれた明治様ありがとう。
出来れば長く長く使ってもらって、バレンタインの時期には腰エプロンを巻いた松本さんが小さなチョコの妖精さんと一緒に♪チョッコレィトのBGMが流れる中手作りチョコを作っちゃうような、そんなCM待ってますね!(長い)(でもHPの前髪さん+チョコの妖精さんが可愛いんだものすっごく)

♯ベストジーニスト

相葉さん本当におめでとう!


すごく嬉しかったよ、もう出来レースだとか何とか言われようがこれはすごく嬉しいよ。知らせを聞いた瞬間「エッ!」って思わず声に出して周りに不審がられたくらいには嬉しいよ。受賞式のふわふわパーマも可愛くってずっとテレビ前でデレデレしたよ。
これからマネキンなどで「さすが、ベストアイバタケ!」「ジーニストだわ」「ジーニストのくせになんでジーパンじゃないんだよ」「良いでしょ別に!」「そういえば櫻井さん、ベストパーカストの受賞はまだですか?」「パーカスト(笑)」「違うよ、翔さんはベストダブルパーカストだよ」なんてやりとりがあるんでしょうね楽しみ!(お前の妄想長いわ)

……マネキンと言えばテレビ誌に載っている記者会見のやりとりにほっこりしているのですが(不安が兄ちゃんズにばれている末っ子が末っ子すぎて)、イタリアの陽気さ………。と、トレーラー楽しみにしてる。

フリーターSP

涙もろくなった気がする昨今。号泣でした。
ハッピーエンドに向かっていく様が分かりやすくて気持ち良かった。
ボロボロ泣いてたらなんか二宮さんがちゅーしてるし!(松本さんのお母様ご覧になったかしら)
果てない空口ずさんでたらいきなりイケメンさん出てくるし!(「もう、わー!」って可愛すぎる)
素敵なSPだったからこそ番宣が少なかったことが残念。本当にそれだけが残念でした…。

他にもZIP(別名:桝さんはもう十分嵐さんに好かれてる企画)とかしやがれSP、SHOW TIMEなど書くべきことはたくさんあるのですが、何故だかそれを全て後に回して、合宿について書きたいと思います。
い、今更なことは分かってる!わ、分かってるけど書かせて!発売から4ヵ月経とうとしていますが書かせて下さい。自己満でスル―してやってください…。以下たたみます。気持ちの悪い長さです。
テーマ:『あの人は櫻井さんが好きすぎる』(ストレートにどん!)


disc2のINTERVIEW〜disc3まで。気持ち悪いと思います。
で、でもなんとなく今、合宿をがっつり見たくなったんですハイ…。

INTERVIEW
「人と経験」ここ最近はどんな人とどういう出会いをしてどう変わってきたんでしょう。人か。ここで人という言葉が出ることは意外で素敵な出会いをしてるんだなあとしみじみ。
「そういった意味で、ま……つ、じゅんが、僕は一番変わったような印象があるけどなぁ」
少しためらったのか言葉を詰まらせながら、このあとちょっと笑いながら、はっきりとあの人の変化に触れてくれた大野さん。リーダーだよなあ。「自分で言ってたもん」は何かの取材のことを言っているのか二人で話していたのか。二人でほのぼのと「俺あのときとげとげしてた」「ふふふ」って話したのならそんな癒し他にないし、そんな全開でべったり甘えられる存在がいるって羨ましいぜ松本さん(笑)
"二枚目"部分に触れるにのあいのお二人。サラッと話す(でも本質には触れない)相葉さん。ここに相葉さんらしさと相葉さん視点の松本さんの変化を見る。あの話し方がやっぱり対弟と感じてしまうのは、博士と助手な泣き虫さんが好きすぎるせいだね(笑)
そして、プロデューサー的視点で話す二宮さん。「スタイリッシュ!」といういじり方の温かさをすごく感じて、だからこそそのあとの「あいつはそういうことをして俺のことを、弄ぶんですよ」の表情と口元に、こっの幸せ者め!と思っちゃう(笑)。弄ぶという言葉通りあの人自身はこのいじり方がどう面白いかが分かっていないんだろうな。二宮さんも気付かせないだろうし、そういう二人が同級生って、ああ末ズだなあ……としみじみする。

「松潤はやっぱり最近変わったよね。柔らかい、松潤を見せることを、恥ずかしく、ならなくなったっていうか」

言葉を選んでいるような慎重な話し方。だからこそ、一つひとつに重みがあってすごく刺さった。だってだって。
柔らかくなった、でもなくて。柔らかい松潤を見せるようになった、でもなくて。
柔らかい松潤を見せることを恥ずかしくならなくなった、ということ。
つまり、柔らかい部分をあの人が持っていたということ、あの人が何らかの理由でそれを隠していたということを分かっていて、そして、その理由を櫻井さんは『恥ずかしさ』だとしていること。

このことをあの人がそのまま知ったらどういう反応をするんだろう。

まあ、恥ずかしかったわけじゃないって言いそうだけど(笑)。照れ隠し。
恥ずかしく思っていたと考える櫻井さんにそこを深く聞きたいです。あの人は恥ずかしがっていたのかな。とげとげの時期を経て過剰にしなくてもいいと気付いたときのためらいは、恥ずかしさだったのかな。こういうときに香里奈ちゃんが言っていた犬のエピソードを思い出す。
でも何より、とげとげしい態度の中に柔らかい部分があることを認めてくれてきていて、そしてそれを見せようとしない見せることができないあのひとを見守ってくれていたんだろうなって。ほんとずーっと。
この言葉を選ぶ様子にもその表情にも胸が打たれました。

こんな兄ちゃんズがいて、幸せもんだぜまったく。羨ましい(笑)。

・それにしても一人ばくばく食べてんなこのひと。
・一番難しいから一緒にいて、もう言うことがないほど分かりきってる人も一緒にいる。このバランス感覚というか甘える対象が変わるところが、二宮さんだなあって。
相葉さんは度量の広い骨太なひと。心から頷いた。二宮さんも前のItでこのことについて触れていた気がするけれど。大野さんが頑張りすぎる面を述べ櫻井さんがこの部分を表現したところに、お二人が嵐の年上組たる所以である気がするよ。

「俺はぁ、あの人こそ、熱心という言葉がぁ合う人はいないんじゃないかなぁと思うけど…」

熱心。まっすぐ。努力を惜しまない。貪欲。刺激になる。
そうかいそうかい(´ω` )
本当にぶれない人だね。こんなに言葉を並べるかい。櫻井さんが切り開いた、大学もラップもキャスターもどの面を見ても共通するのは櫻井さんの姿勢だし、あの人は本当にその部分を心から尊敬してるんだなと改めて感じる。その背中をずっと見てきたんだな、これからも見てるんだろうなって思う。あたしも一緒に見たい。
そして二宮さんの言う櫻井さんがすぐ想像できて、ああすげえなあ、と思った。やまたろのお二人の視点の切り口はすごく吸収しやすい。さすが。

disc3
テンションが変わって箇条書きになります、ご注意ください(笑)

♯アルバムジャケット撮影
・前髪さんや(*´д`)(早速)

「わぁメルヘン」あなたがメルヘン。
・山+松本さんで大野ソロに入るラップについて話しているところがたまらなく好きなのですが!

「イントロ分かる?」とあの人に問うところも「そこがラップなの?」「(コクン)」「んはは!」のやりとりも「もっかいやってみて」とお願いするところも。あの人ずっとにこにこしてるんだもん。何だかやりとりがナチュラルなんだもん(笑)(やっぱりそこ)。良いわあ、こういうの見れるの本当に良いわあ、だから今度ラップするときはきちんとお願いするんだよ☆
・ソロのコーラスをお願いする松本さん。に頷く相葉さんの表情に秒殺。
すんごく真面目にそして長ったらしくお願いしているあの人にしっかり耳を傾けて頷いてくれるあの表情ずるいわ、あんな表情して聞いてくれたら即落ちるわ。本当に優しい人。
そして最後の「お願いしまァす」のテンションにすぐに「りょーかァい」と乗っかってくれた兄ちゃんも優しい人。優しさライセンス一級の集まりです。知ってた。

♯強化合宿
・始まりから変わらな過ぎて!(爆笑)
5人ともHow'sを意識してるんだろうなというところがもう嬉しいし大野さんがやっぱり天才的すぎてもうお腹痛いし。とりあえずあの人が椅子二個とっちゃってごめんなさい。
・天気予報をしっかり把握しているお二人。
「あと肝試しする?」「しない」「しない」「しない(プルプル)」「はい、しない。やめよう」
しろよ!と思ってごめんなさい、見たいじゃん肝試しする嵐さん見たいじゃん。でもこのテンポが好きこの相葉さんが好き。すぐに言ったのが二宮さんって良いにのあい。
・淡水魚専門って(爆笑)。なにその仕組まれたような天才的なオチ。
「キッチンあるよ〜↑」「ご飯食べる〜↑」
たいまぁつ!を思い起こすお二人のみの流行り。お二人で楽しそうに顔を見合わせて笑うことはないところも同じ。何なのお互いに言ってお互いそれで満足するって何なの。
・にのあいの意味がないからこそ楽しそうなやりとりのあとの「なるほど」「なるほどなるほど」な上階二人。完全に楽しくて空回っているあの人が可愛い。そりゃ櫻井さんも「へぇ」としか言えないよあなた。
・目を疑った布団ジャンケン後。「俺ここ〜♪」と楽しそうに(ジャンケン負けてもにこにこしている末っ子さんホントテンション分かりやす過ぎるぜ)布団の上に座ったそんな松本さんを、松本さんを、
櫻井さんがじっと見る→視線が合う→櫻井さんがそらす→にこにこと櫻井さんを見る→「逆に寂しいっすか?」「まあ、若干」

(  °д°)これは何だ


まず疑ったのは櫻井さんが俺ここ〜♪な松本さんを見ていることだよね。そのあとの視線逸らしはまああることですが、にこにこしたままあの人が尋ねたことだよね。何だろう。この湧きたつ感情は何だろう。(知るか)
櫻井さんはさ、ちょっと寂しくて見ていたのかな。でも櫻井さんってプライドが邪魔してそんなこと言えなくて(あたしも同じだから何となく分かる)、それをあの人は感じとったのかな。それともからかっただけかな。それにしてはにこにこ楽しそうに笑ってるんだけどな。
渦巻く気持ちはたくさんありますが、一つ言いたいのは「まあ、若干」なんて答え方他の人ならしなかっただろうということです。少し低めの声で曖昧にさ。こういうところ見ると何だろう、プライドが邪魔しているところを無邪気につっつく松本さんとこんな櫻井さんってそういう面では相性良いよなと思う。ちょっと甘えられるのかなあって思う。櫻井さんにとって不本意かもしれないけど(笑)。
・そして5つ並んだ布団を見て思う。あの人マットレスを横に詰めるの相当頑張ったね……。(cf.大野さんと松本さんの布団の距離)(大野さんの狭さが異常)(大野さんゴメン)
「元の方がいい人。はぁい」「(は……ぽりぽり)」←この人どうした?
櫻井さんにつられたの?あなたが提案したのにつられたのかい(笑)?もうなんかいちいち可愛いなおい。5人並んで寝たいんでしょうあなたは^^そうだろう^^
・まさかの転落人生はあの人が例えるなら「大富豪から大貧民みたいな」やだ可愛い。
・寝起きリンピックの説明中にいそいそとパジャマを出すあの人をガン見してゴメンナサイ。
・パジャマ配給。「パジャマ持ってきてくれたんでしょ?」「そうそう」「足りない人のために」補足説明ありがとう兄ちゃん。一人けらっけら楽しそうに笑ってる櫻井さんだけど、立ちあがった大野さんを見たり松本さんを見たり、こうやって反応を見ているところが櫻井さんらしいなあって思います。一人で笑って終わりにしない温かさ。絶対周りを見て笑うの。

それにしても楽しそうだな(笑)

二宮さんの状態を見て笑う4人ってどうして目を細めて「そなたたち楽しそうじゃのう」的スタンスで見てしまうんだろう(笑)。独特だよなあこれも。あたしだけかもしれないけど。
「いちお、一応もう一個あるけど…」と言ってとりだしたのがまさかのミラーボールジャージでもう何と言うか、
末っ子が嵐を好きすぎて泣けるレベル。

二つも誕生日プレゼントを持参してさ。ミラーボールジャージなんて出オチ的扱いになるの分かってるだろうに荷物がかさばってまで持ってくるなんて、本当に楽しみにしてたんだな。嵐好きなんだな。楽しいな、末っ子さん。兄ちゃんズ笑ってくれて良かったな。ああ、可愛い。
「エントリーナンバーファイブ!」「ふぉー!」「ふぁいぶ!!」「ふぉー!!」
はぁん(*´д`*)じいまごかわいい(*´д`*)
何よりそのパジャマにメガネは反則です。何なの。そんなパジャマ家でも着てるの。反則気味に可愛いんだけど。女子だけど。
・消灯→「キャー!」「んははは」笑ってくれて有難う兄ちゃん。
「あれ鍵閉めたよね?」閉めた
・ちょっ、この人たちこんな暗い中マジカルバナナ始めたけど!(笑)
シュールでうだうだそれが嵐。暗闇の中のイタリアの大砲とかもうシュールの極みだよね、音声だけでも笑っちゃえるよね。まさかの自分で言いだしてからのクオリティの高いにわとりには涙出して笑ったよ、もう大野さんってほんと天才だな。

つか、なんで寝ないのこの人たち(笑)

たくさんのサービスをありがとう。たくさんのシュールさをありがとう。
「なんか修学旅行みてぇだなぁ…」独り言可愛いぜまったく。
・そして皆さんコマ送りしただろう寝起き。(え、あたしだけ…!?)(そんなバナry)
明るくなり始めたすぐのところであの二人向かいあってる!……たぶん!(自信はない)
そしてコマ送りしなくても確認できるレベルであの人が櫻井さんの布団に乗り上げていてあたしつらい。この至近距離に櫻井さんが気付いたのか否か、そこから櫻井さんは徹底して相葉さん側しか見ていないけれど(笑)、どうしてあの人あんなに上半身が傾いてるの。

いびき(またの名を息遣い)がすごくて眠れなかったと仰ったのはどこのどなた?


それなのにあんなに傾きますかそうですか。こちらとしては目が点ですよ、いつもの寝方も影響してるのかもしれないけど、でもあんなにがっつり寄るか?

でも枕の抱き方が可愛いから許す(*´`*)(許すも何も)

いつもこんな風に寝ているのかい。抱き枕って言ってたもんね。枕抱きしめて寝るんだね。きゅん。
・まさかまさかで寝起きリンピック優勝は松本さん。のそぉっと起きて「やった」とガッツポーズしてそのまま力尽きて動かなくなる末っ子が可愛くてもうどうしよう。「んー、おはよ」「おはよ」なにのあいが理想のにのあい過ぎてどうしよう。こんなお宝見ても良いのか。(今更)
・そして寝起きはカット。アイドルですから☆(これも今更)
「横広」という何とも言いづらい感想に「近いんだね」ときちんと答えてくれてありがとう兄ちゃん。

・大宮の会話のテンポは変わりませんね。(ほのぼの)
・大宮のやりとりのくだらなさも変わりませんね。(ほのぼの)
……何だい、このチーデーは。YOUたちアラサーだぜ。一人三十路だぜ。そして颯爽と駆け抜けていく相葉先輩に高校で出会って恋したかった。(何の話)
・ジャンケンか立候補か推薦か(笑)知らんが、
ヘルメットマンのあとを登る権利を得た松本さんに盛大な拍手を!(パチパチ)

良くやった、あの人良くやったよ。松本さん勝ちとったよ。GJだよ。「さぁヘルメットマンが今、はしごを登り始めた」からの三番の男のはしゃぎっぷりをどうぞとくとご覧下さい。
・恐怖からかそれはそれはうるさいヘルメットマンに「そっから見る景色はどんな?」「いや下見たくないマジで」とかわされつつも、
「ヘルメットマン…」「ちょっと誰揺らしてんの!」「んはは」「後ろ、三番のやつが、三番の男が」「あの人5番にして次から」「んはは」

櫻井さんに構って楽しそうなまつもと……!
櫻井さんに怒られて楽しそうなまつもと……!
自分、感無量っす!(><*)(誰)


もうあの人本当に楽しそうだな。楽しいというメーターがふりきったら構いたいスイッチONしてとにかくギャーギャー騒ぐ櫻井さんに何かしたいんだな。
「いくよー!」「ハンパないっしょ…」(ドタバタ)「やめてやめて!」「あー、めっちゃ楽しんでんなアイツ」「うそでしょ、うそでしょ、やめてー!マツモトマン」

おい末っ子(*´д`*)


楽しいメーターが振りきれると奔放さが増して手がつけられなくなるのが末っ子というものです。もう楽しいがMAXすぎるよこの末っ子どうしよう。そんな末っ子見て二宮さんが「アイツ」って言ってるのなんてあたしが好きな同級生末ズすぎてどうしよう。どうでもいいけどマツモトマンって何だ。
・大野さんは天才だ。
「俺ねぇ、しゃがまないでいったの」に対する二宮さん相槌とか。小さいことが嬉しい。
・Gなんて経験するかと一人別コースに挑む櫻井さん(こっちの方が怖そうだけど)に対して、「あー!」「どうしたー?」「あー!」「どうしたのー?」「あー!」「どうしたのー?」

YOUの声色がだな。

返事をしてあげて!と思わないこともないけど、良いんです。あの人の構いたいスイッチONしているときは基本櫻井さんの返事如何に関わらず、構えば満足しています。もうこの声色からして、スイッチ全開ですね。そんなに楽しいかい。あなた本当に愛しいくらい分かりやすいね。
「頑張れ(ゆらゆら)」「さんばん、三番の男がまたやってるよ!」「頑張れ!」「やめてー」「頑張れ!」「応援しないでー!」「ちょっと下見た方が良いよ」「無理ー」「克服しよ!」
相当なこと言われているのにニコニコな末っ子さん……恐いのに相手してくれてありがとね、兄ちゃん……ガツンと言ってあげなきゃあの人ただ楽しんでますよ……。
・そんな末っ子さんは「ごごごごごー!」と駆け抜けベイベーしていて何と言うか、
ほんとうざってえっす!(笑)
もうこのうっとおしいくらいのテンション。俺MAXとはまさにこのこと。そんな松本さんがこういうメイキング的映像で見れると思ってなかったから、さっきから泣きそうなんだぜ。
・相葉さんイケメン。(唐突)(みんな知ってる)
「これどうしよう、翔ちゃん俺分かんないや」「じゃあ翔ちゃん、向こうで待ってるよ」このやまたろすごく好き。
・二番手ヘルメットマン。本気で辞退したい表情をするヘルメットマンをちょんっとする人は何を隠そう三番の男。「へい!どんたっちみー!どんたっちみー!」言われて楽しそうな三番の男。

「じゃあ。いきましょうか、翔さん」「うん」「行くよ?」「うん。321ね」「行くよ?」「うん」「3、2(どーん)「バカ、今2で、2で押した、ギャー!」「(ケラケラ)」


(  д ) もうほんとたまらん魂抜けるぜ



何だこの人たち。何なんだこの人たち。何でこんな仲良しさんなの。何でこんなにキャッキャしてるの。何でこんなに楽しそうなの。あ、楽しそうなのは約一名か。
もうねえ……。櫻井さんの「うん」の相槌も何だか可愛いし「バカ」の一言がすんげえ嬉しいし、とにかくあの人は楽しくて楽しくて仕方のない様子がだだ漏れだし。知ってるよ、あなたが櫻井さんを好きなのは知ってるさ。知ってはいたけども、そんなにか、そんなに楽しいか。そうか……。
・大野さんが先ほどから天才すぎて。何だこの人のセンス。マグロだぜ(笑)
「どうっすか翔さん、ここまでやってきて」「…ギリ」
見てよこのそっけなさ。あの人が全力でもうそれはそれは好きを全開にして構っているのにこのそっけなさ!こんな答え方も他の人なら絶対にしないだろう!あの人がこんなに素ならあなたもそれが素ですか、そうですか。感無量だよ。
「よし、ここでタイムか、タイム出しますよ」「お願いします」
ちょっとどもっちゃうのも結局すぐにつまずいてしまうのも「くそー!」と悔しがるのもあの人が楽しんでいるテンプレ。可愛い。そして実況して笑って「くそーって何なんだろう、くそーって何?」と相手してくれる二宮さんに心からの感謝を。
・大野さんは何者だ?(天才を通り越した疑問)(体操選手を見ながら)
・相葉さんの足の長さに惚れ惚れするわ。「ナイスランでぇす」「オッケーでーす」「ナイスらんでーす」な泣き虫可愛いよ泣き虫。
「起き上がれる?」と最初に手を貸した相葉さんの優しさよ…そして同じように体を起こす手伝いをした松本さん。強化合宿アスレチック篇実験結果、櫻井さんがハーネスを信じられるようになった!ってことで次行きます。

……大丈夫かこれ。あまりにぐだぐだすぎないかこれ……つ、続きまーす。(小声)

「いいね」「いいね」「うん」の「いいね」が櫻井さんの声に聞こえるあたしの耳は幻聴ですか?耳までフィルターされてますか?
「にの、左が良い?」「あ、俺そっちが良いね」さりげなく良い末ズ。一貫してあの人の「にの」の声が平仮名に聞こえます。
・そして正面に座ったお二人。ちょくちょく櫻井さんがきちんと松本さんを見ていてそれだけできゅんとするTNPなあたしなのでやはり先ほどのアスレチックはもう爆発寸前だったのです。どうしてくれるまつもと。
わおわおうっるさいなこの5人(笑)きっかけあの人だけど(笑)
「あ、うめー」「めーうー?」もぐもぐ嵐平和。そして仮眠嵐平和。
ひとり座布団で寝てる人いるけど(爆笑)。
じゃんけん負けたのかなリーダー。ごめんねリーダー。そしてこういうときまでもお隣なお二人に驚くばかりです。

・相変わらず大野さんってば虹がお得意で(笑)
「なんか……弾けないんすか」「…弾きます?」(この声の低さがたまらんのです)「今…」とあの人が提案して叶った櫻井さんのピアノ。やっぱりあの人櫻井さんのピアノ好きなんだなあ^^とか聞きたかったピアノがこうやって聞けるなんてスタッフさん入れてくれてありがとうとかヘッドフォン外して髪をくしゃってする相葉さんイケメン!とかピアノ弾く櫻井さんの横顔綺麗だなあとか、色々思っていたけれど、

一番後ろで聞くあの人の表情に全てもっていかれたよね。


あたしの神経も感情も。ピアノで奏でられる音に合わせてちょっと遅れた分も首でリズムを刻んだかと思ったら、カメラに気付いたのか何なのか、ハッと視線を動かして。それでもそのまま腕組みをしたまま、ずっと。ずっとピアノを弾く櫻井さんの背中を見つめているの。
何だろうこの表情は。何なんだろうほんと。そんなじっと背中を見つめなくても。視線が熱いぜ背中焦げちゃうぜ?何とも形容しがたい表情でさ。多分何も思ってないんだろうな、ただただじっと見てる。それが何と言うか、つらいよばかやろう。そんな表情でじっと見ないでよう。本当にあの目は全てを語ってるよなあ……尊敬も好意も全て詰まっててこっちが照れちゃうよ。
「素晴らしい」「シークレットトラック入り決定ですね」なんてヲタ目線なまつもと。
・しかし相当悔しがる櫻井さん。「回ってたの?」なんてカメラが回っていることにさえ気付かなかったらしい櫻井さん。ああ、この櫻井さんこそ、松本さんが好きな櫻井さんだろうなあって思うと、あの視線も頷ける気がした。インタビューでも言ってた熱心さ。こういうところでいつものノリで弾けなかったけどまあこんな感じー☆で終わらせないところというか。自分の趣味に熱心に取り組んで本当に悔しがって、そういうところ、好きで尊敬してるんだろうなあって思う。だってあたしが好きだもん。(待て)(お前関係ない)
・大野さん……もう大好きです……(今更な告白)(呪われそうな虹をBGMに)
「なんか……」「良いよね、こういうとこでレコーディングってね」

に゛い゛ぢゃん゛(つд`°)。(うざったい)


あの人の小さな独り言を漏らさず拾ってくれてありがとう。「なんか」に込められた思いを汲み取って言葉にしてくれてありがとう。本当にありがとう兄ちゃん。
・しかしお二人さん。譜面台が1:1:3の割合ってどういうことだ?(笑)
・JOYを聞く度「ひびひび…」で指を折っているので買い物帰りに不審な目を向けられます。でもどうしたってここを聞いたら折らなきゃしょうがない。
・ひびのカウントに成功して調子に乗って(笑)譜面台から目を話した隙に間違えた松本さん、を見て笑う櫻井さん。何だよきゅんとするじゃんかよう。
・ガヤ取りは素晴らしい大宮でした。二宮さんを伺いタイミングを探る大野さん。あなたは間の天才ですね。この合宿中なんど惚れさせたら気がすむのかと。

・前回の反省点:曲と曲のつながりが悪いのをそのままやっていた。ふむふむ……。先ほどのインタビューもだけど今回のツアーが見れていない分ちょっと切なかったり。仕方ないけどね。
・YOUR SONGが採用されてカメラ目線でキラーンな先輩がずるい。可愛い。
・ちょっと隙間はあるけれどこういうときに隣同士も嬉しいんだよ。打ち合わせだったりそういう見えないところで意見を交わしているっぽいお二人の姿を垣間見える気がするから。
・そしてさきほどから細かく松本さんの意見に相槌を打ってさらに意見を乗せてくれる相葉さんにきゅんとしています。こういう泣き虫さん絶対他では見られないもん。優しい人だな、相葉さん。

・真面目な嵐さんから一転いざ焼肉へ。「バーベキューは雨の日に限るぜ」「バーベキューつったらやっぱ雨だよね」「そうだよね」「うん」ああ泣き虫さん可愛い。
・櫻井さんの包丁の使い方恐ぇ……!
・ミラクルさんは原始的な火起こし担当。私服から何からああイケメン。
・お肉のおすそ分け。Sの場合:「お裾わけです」(手を差し出す)「熱いかも」、Oの場合:「リーダー」「おっ」(口にあーん)「離すよ」、Aの場合:「じゃ、雅紀!これ食ってせーつけろよ」「おっさんきゅ」(口にあーん)
この違いは何だい(´ω` )?
まあね、お二人でお口あーんなんて多分あの人も想像してなかっただろうし、それは良いんですよ。ただ受け取るまでの櫻井さんの無口っぷりがたまらなかったりね。大野さんには「リーダー!」って元気よく呼びかけるのにきゅんとしたりね。もちろん「雅紀!」にはハーンとなったし、「さんきゅ」っていう相葉さんは優しさの塊だしね。何か良いなあ、こういう小さなシーンにも色々見られる。
・バーナー使いも様になってるぜ!
「肉肉しいね」「ふ、うん、にぃくっ!て感じ」にぃくっ!のテンション(*´`)

「大成功」のあとに櫻井さんがあの人を見てそれに気付いたあとで視線が合ってるのかいないのか。こういうことがお二人は本当に多いね。ほんとにね。ほんっとにね。
っくうー!それにしてもビールをガチで飲む嵐さんが見れるってのはいいね!何よりバーベキューにあの人がいることが嬉しい。ボート部合宿以来夢だったの。
・天然さんのあーんってどうしてこうマイナスイオン出るんだろう。
・櫻井さんお手製の手羽出来ました☆→「じゃあ手羽頂きます」「おねg」「あっち!」兄ちゃんズケラケラ「じゃあ手羽頂きます、あっぢ!」

何だよう、そんな笑ってくれて嬉しいじゃんかよう(*´ω`*)


櫻井さんの手料理が食べられるとあって一番に手を伸ばした松本さんの反応をあんな笑ってくれる櫻井さんとか、もう何だよう。いつも二宮さんはこういうとき松本さんのモノマネするよね、もうほっこりするよね。こうやって兄ちゃんズが笑う中自分でもふふふって笑ってるあの笑顔が好きです。やけどに気をつけて念願の櫻井さんの手料理たんとお食べ。
・松本さんにとっては寝起きの良さが強化されたんじゃないですか^^5人一斉に歯磨きしたの見たかったぜ^^
・次を話している5人が可愛い。海外行けばいいじゃない。それなら街中ブラリなんてのも出来そうだし。何年後になってもそれまで良い子で待っています。
・五・七・五好きだなおい(笑)

とにかく松本さんが櫻井さんを好きすぎて。それがだだ漏れていて。
なんとなく4人が4人それを平然として受けとめている雰囲気がそこにあって。ほとんどずっとお隣だったね。もうそれだけで嬉しいのにさ。
櫻井さんもまた、あの人の言動に肝心なところで的確に反応していてさ。

こうやっていつでも反応してくれるんだなあってすごく嬉しくなる合宿だったよ。笑ったり相槌うったりさ。でもときに声が低いの。フラット、だよね?あの人に対してね?そういうところ凄く好き。
そしてこういうメイキングでは少なからず感じていた切なさがあの人に対してあまりなくって、すごく、すごく嬉しかったよ。あの人のぽつんが無かったんだよ。
5人が5人すごく楽しそうで幸せになる合宿でした、ありがとう。

♯『まだ見ぬ世界へ』メイキング
・ほんとぶっ飛んでるぜこの衣装。初見のとき目が点だったよずっと(笑)
・櫻葉が兄弟みたいと話す末ズのあの距離感と独特の空気。好き。
・ひとりでちょこちょこ移動して「うぃ〜」って言っちゃって(*´`*)楽しいの(*´`*)?

「リーダー」なんて指さして笑ってますけどあなたもその後ろで大概ふざけてますよね?
・振りを合わせる大宮。こういうさりげないシーンが嬉しい。(ダンス担より)
・フリを間違えて後ろを振り返って笑う松本さん。
目を合わせて笑ってくれる二宮さん。
間違えたフリを報告するように楽しそうに踊るあの人を見て笑ってくれる櫻井さん。
「じゃんけんぽいぽいみたい」「ははっどっち出そうって」

オイラ幸せ。


・ああじいまごの会話癒される……大野さん付き合ってくれてありがとう……。

・このラップ部分を狂ったようにリピしました、こんにちは、やよいです。

なかなかこういう踊り方シングルではしないじゃない。だからアルバム曲をこうやってPVにしてくれること凄く嬉しいんだけど、まさかラップ部分で持ってくるとは思わなくって見た瞬間「き、キタ……!」と思った。あとのPV本編に触れると、あの最初の大野さんの出だしが編集によってずれてるんだよね、それが嫌でずっとこちらをリピしています。カメラ固定で見せてくれてるしこちらが本当のカウントだし。誰のどの動きがこう、というわけではなくてただ一人ひとりラップに合わせて8カウントずつ踊っている、それがこうやって(メイキングとしてだけど)映像として残ってることが嬉しい。ダンス担の血が湧くってものです。
・黒い衣装の櫻井さんを見るたび友人は韓流だと言います。
・そんな韓流風の櫻井さんがインタビューで語る後ろで流れている映像。何やら松本さんがふざけて壁と接近して踊っているのを見て笑う櫻井さん。もう一度繰り返しちゃう松本さん。もう細かくて引くレベルだけど嬉しいよね。
・うわあ、この二宮さんかーわいい!(どれ)
・流れる音に合わせてフリを確認する泣き虫さん。いいなあ、こういう嵐さんを集めたDVDが欲しい。マニアックすぎるけど。
・二宮さんが間違えたあとカメラに向かってふざけるお二人。飛び出した松本さんを見て櫻井さん。それだけでこんなに幸せになれるなんてなんとも低燃費略してTNP。そしてこのあと二宮さんの「失礼しました」のあとサラッと自分も間違えたからもう一度という櫻井さんは男前だなと。
・ラップ部分と同レベルでリピった箇所がやって参りました。

「超きついこのフリ……」のあとのアイコンタクトそして頷き合い。


はぅあぁ(*´д`*)って変な声が出ます見るたび。声に反応してくれた櫻井さんが松本さんを見て頷いてさ。それを見て松本さんも頷いてさ。何だよう何だようう。合宿といいお二人はこういうところが多すぎないか、あたしのフィルターがそうさせているだけなのか。もうこういう細かいところまできちんと拾ってくれる兄ちゃんに感謝。優しい人だぜ。そこからの頷き合いなんてもう、何なの。それだけで分かり合っちゃってる感が出ていて恐いんですけど。
・良く分からないけどNの字を書いている二宮さんと櫻井さんのやりとり。このときの二宮さんの表情が好き。年下の顔が出ていて兄ちゃんに甘えたい弟みたいで可愛い。
・そしてそのあと間奏部分を踊る松本さんに櫻井さんがちょっと合わせているだけでピクッと反応してしまうセンサーをどうにかしたい。この間奏部分は泣き虫さんを二人前に並ばせた人が全面勝利ですよね……かっこいいぜ、泣き虫。間奏明けは大野さんの一人勝ちですよね、しびれるぜ、リーダー。
・扇風機の後ろに見えるあのひとすごく綺麗。その後ろの大宮のサイズ感。

♯PV

これもまた賛否両論なのかもしれませんが凝った映像にダンスメインで好きなPVです。アルバム曲だから出来るPVだよね。だからアルバムプロモーション時期このPVが流れたときは一般層に笑われないか若干不安だったけど(笑)(今更感溢れる感想)
ダンス担としてはMステ感想で散々言った気がするのでさらっといきたいところですが、とりあえずはイントロでお二人がシンメでテンション上がるよね(*´`*)
・物凄く細かいことを言えばサビで「いつか辿りつく場所がある」の「る」。大野さんの右腕の角度と全体のバランスが好きです。
・ほら、ずれてるー( 'з')ブー
・「あの日から」の大野さんの胸。「いつも」の松本さんの上半身の落とし方。
・Everyday〜のところは二宮さんの踊り方が一番好きかなあ。首と腕と視線と。
・サビ前ステップで前に出てくるあの足の動きは松本さんが綺麗でこれちょっと意外。下がる方は難しそうだよなあ…。
「理由は」の相葉さんは完璧だな、腕の長さも長身の生かし方も。
・to the top〜I promise youはMステ部分で加工無しで見れて本当に良かった。シンプルな動きからの迫力がそのまま伝わって良かった。
・通してあの人に覚える違和感は、あの人あんなに視線を真正面から外さず踊る人だったっけということです。このPVは本当に外していなくって、ちょっと心配。この曲だからだと良いんだけど。
やっぱり踊る嵐さんが好きだなあと何度もリピして満たされた心で分かる。こうやってガシガシ踊ってくれたことに感謝、PVでダンスメインにしてくれたことに感謝です。シングルでももうちょっと踊ってくれてもいいんだぜ!迷宮期待してるぜ!

というわけで以上の長さでした。今更な上にこの長さほんと勘弁しろよ、ハイまさにその通りです。自己満のかたまり失礼いたしました。自分でも見返したくないので誤字脱字があったらすみません……今日は怪物くんSPにしやがれ楽しみだなあっと。北村さん北村さん!いっぱいエピソード話しちゃって下さい!
す、すみませんでした……ゆ、許して下さい……(ドロン)
| DVD | comments(10) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 10:53
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








こちらこそ、個人的主観激しい熱いメールを長々と失礼しましたm(__)m

久し振りに、DVD見たくなりました。そうそう、アレやコレ、興奮したなぁって。
今度は、やよいさん、テキストお供に観ます。ぐふふ。
posted by ミサ | 2011/10/15 2:22 PM |
やよいさんこんばんは〜。

布団ジャンケン、真ん中に二つ残った布団は、まぁどっちを選んでも物理的条件は大差ない訳ですが、4番目の勝者である潤くんが何を理由にあっちを選んだのかが気になるところであります。
スキーのフィルターだと、どうしても彼の近くの方っていう無意識の基準なのではないかと穿って見てしまうのですが≧(´▽`)≦アハハハ ←笑ってごまかす

しかしとにかく個人的にスゲー!と思ったのは、「なんか……」「良いよね、こういうとこでレコーディングってね」の会話です。
「なんか」だけで分かるのが脅威。以心伝心とはこのことか!

他にもいろいろありますが、全部やよいさんが挙げて下さってますのでスッキリ(笑)。
明け方はもちろん コマ送り→リピート→コマ送り の繰り返しです(爆)。
posted by サチコ | 2011/10/15 8:41 PM |
やよいさん、こんばんは!
読み応えのあるレポートありがとうございました!
もしかして私、催促しちゃいましたか?
でも至る所に素晴らしき翔潤が散りばめられていて
やよいさんの感想を読みたかったんです、はい。

いままでのあの手のDVDで感じることの多かった切ない気持ちが、今回ほとんど無くって幸せでした。
ああいった公の場でまつもとさんに関して
「柔らかい部分を今までは恥ずかしくて隠してた」的なことを言ってくれた翔さん。松本担として本当に嬉しかったです。

語りたいことはまだまだたくさんありますが…
「お腹が弱い」と「甘えん坊」って!
ありがとうブランチ午後の部。
posted by ももんが | 2011/10/15 10:01 PM |
こんばんは〜、やよいさん。待ってましたよー!お約束(?)通り迷惑コメントをしにお邪魔しました(笑)
おぉ〜、のっけからインタビュー!もう、なんかこう真剣に話す嵐さんとかめちゃめちゃ好きなので、disk3の前に興奮してました←おい
何が大切なのかを全員が分かってるんですよね。国民的アイドルになり、賞をもらったとしても、それが目的ではない。何をおいても一番にファンのことを考えてくれる。
ずるいですよね〜。そりゃ、皆惚れますよ。かっこよすぎますよ←これが言いたかっただけです。すみません。
そして、とげとげから落ち着いてきたあの人をずっと温かく見守ってくれている兄ちゃんズがまた優しくて(泣)
ほんとに幸せもんだよ、末っ子!!

ついに来ましたね〜。disk3はもう、何回リピしたか(笑)
もう、ツボ盛りだくさんだったのですが、やよいさんが全部掘り出してくれたので、満足しております(*^o^*)
でも、一言言わせてもらうと、やはり高所恐怖症の翔さんをあの人は好きすぎるって事ですかね(笑)
本当にかまってスイッチが入るとどうしようもないくらい暴走し出すので、こっちは身が持ちません(汗)
そして、逆もまたしかりで翔さん発信とかもたまりませんわ。あの「バカ」発言には思わず奇声をあげてしまいました。これは不意打ちだ。やられますわ(´Д`)
だから、翔潤はやめられない←
はい、もう悔いはありません!スッキリ〜( ̄∀ ̄)←全然、一言じゃないわ

長文の感想を書きあげるの大変だったでしょうが、楽しみにしていたので嬉しい限りです(^_^)
ずいぶん長くなりましたがこのへんで。また、ちょこちょこお邪魔しにいきます←
posted by ゆか | 2011/10/16 9:59 PM |
待ってました!
ツボが多すぎて、語ることが多すぎて、まとまらなくて諦めちゃったかな、と思っていましたが、そんな訳ないですよね。
書き上げて下さって感謝です。

ファン歴の浅い私が見ても、嵐さんらしさがぎゅぎゅっと凝縮されてるのを感じられてタカラモノ。

久々に観たくなりましたー。
ツボをおさらいしながら観ます!
posted by まりな | 2011/10/17 6:33 AM |
読ませて頂いて 私ももう一度ディスク3を
見ようって思いました。

末っ子が可愛すぎて可愛すぎて
寝起きをコマ送りで見ては絶叫してますが
幸せそうな表情を見せてくれる潤くんに癒されます。

楽しいのね?楽しいのね・・・><

それだけで嬉しいです。

posted by 佐竹 | 2011/10/17 11:27 AM |
やよいさん、こんにちは。
久々の更新で嬉しいです!

そういえば…ですね、DVD感想まだでしたね=3=3←
―ってぐらい嵐ゴトは話題に事欠かない上、どの話題でも細かいところまで見て考察し、書いてくださるやよいさんの感想が毎回楽しみな私です^^

特にTVは私がワンセグで見てる故、やよいさんご指摘のシーンを毎回、デカイTVで検証したくなります。早く買い替えて!ママン!!(あの人がくちびる触ってるとことかよーく見たいよ!)(動機が不純/笑)

***

インタビュー部分はガッツリ見る時にしか再生しないんですが、深いですよね。一人一人、その人を表現する言葉や見方の角度が違っても意味合いは一緒なので「そうだよね、そう」と深く頷ける内容でした。その中でも何回もやよいさんが書かれてますが、ホントに末っ子は優しく見守られ・愛されてるんだなぁと。幸せ者だよなぁと。いいなぁいいなぁ…(羨)←

合宿は全編通して美味しすぎましたね^^
私のハードリピポイント第1位は確実に「寝起きンピック」の件です(笑)イイ。何から何までツボが凝縮されてて^^b

私的にコンビ絡みはやはり「ふぁいぶ!」「ふぉー!!」なリー松と「どんたっちみー!」「ははははっ(満面の笑み)」な翔潤と、「おはよぅ」「おはよ」なにのあいですかね。挙げればキリないですけど( ´艸`*)

ですね。女子です、あのかっこ。
メガネにパジャマて…(*´Д`*)

***

あ、そうだ!
数少ない遭遇率でしたが褒めてくれるBeautyJ(爆)も捕獲できました><

何度「お前、何がしたいんだよ!」と言われたことか……(´・ω・`)そっちばっかり遭遇するので、無事に全種録れた時、「全然口元が違ぇ!」と驚きました(笑)(褒めてくれる時はセリフ直前に口角が緩んでる…し、何となく雰囲気で分かってしまう)

なかなか遭遇しなかった分、録れたら即刻リピりました(ノ∀`*)
そんな…つ、、付き合えるもんなら……(色々と崩壊)←

あとやよいさんと同じく、私も明治の"まつもとが作る、ハッピーバレンタイン♪"(勝手に命名)CM企画、是非やってほしいです☆

…実現したらリアルに「メンチョコ」かな?(笑)


posted by 颯 | 2011/10/17 2:54 PM |
やよいさん。こんにちは!お久しぶりです、とん。です。

いやぁ、やよいさんの渾身の(←間違いないです!)レポを読んでいたら、無性にdisk3が見たくなってしまい、昨夜ZERO終わりから見はじめたという暴挙に出てみました!(もちろん本日も元気にお仕事ですよ!!)

私、最近ふと思うのですが、案外カメラが回っていないところでは、あのお2人はもっと自然と兄弟っぽいんじゃないのかなって。
(要はJr.時代から、その辺あまり変化してないかも・・なんて)
それがあの翔さんの「・・・恥ずかしくならなくなった」発言からの、最近の自然なおふたりの姿を目にする機会が増えたことだったりに繋がるのかなーと勝手に思ってみたり。

若かりし頃は、きっといろんな抵抗感もあったのでしょうが、お互い年齢も経験も経ることで、変な力も抜けて本来の自然な姿を公に出すことをそれこそ恥ずかしがらなくなったのかなーって。
(これって、智くんの「翔くんはある時から吹っ切れた」発言にも通じる所がありますし、実は翔さんこそが最も素を見せない人ですからね^^;)
2人とも大人になったんだなぁー(しみじみ)。

やっぱり兄ちゃんは弟がカワイイし構いたいし(柔らかい弟が好き)、弟は兄ちゃんを尊敬しているし構ってほしいし(カッコイイ兄ちゃんが好き)の構図が、おふたりの根柢に流れていると信じたいっ・・・これまた勝手な妄想をかきたてられる今日この頃です(笑)。

ま、disk3の結論としては、やはり潤くんは翔さんを好き過ぎますね!! ふふふっ^^

あと、私も「優しさライセンス」の4級あたりから頑張りたいと思っています。
posted by とん。 | 2011/10/18 12:33 PM |
> ミサさん

先輩!
わぁい、ありがとうございます。激しい熱いメールは大好きでいつでも大歓迎ですよ、何を仰いますやら!
是非近いうちにご覧になって下さい。そしてまた違うツボをこの後輩めに教えてやって下さい(ぺこり)
このぐだぐだした感想文なんてお供になさらないでぇぇぇ。

> サチコさん

サチコさん、こんばんは^^
またまたありがとうございます、わーい!

あたしもそこ気になりました(ニヤリ)
あの人どうして奥を選んだのかなあ。階段の近くが嫌だったのかなあ大野さんの隣が良かったのかなあそれとも(ふんふん)
まあどちらにしてもあの人の思惑どおりになったわけですがね、まったくあの人やってくれるわ☆

あの「なんか…」は本当に嬉しかったです!松本さんって自分の感情がこう溢れるとうまく言葉にできないところがあると思うのですが、それをああいう風に的確に言葉にしてくれる人がいるってすげえことですよね…もう羨ましいですもん…

いえいえ、こーんなグダグダで申し訳ありませんでした…(笑)

> ももんがさん

ももんがさん、こんばんは!
またまたありがとうございますー!
いえいえ、あたしが書きたかったから書いただけですよ、そもそも今書いても誰得なのかといわれたらもうそんなの自己満でしかないのですが;そしてこうなるとぐだぐだすぎて読む気もなくなりますが;本当にすみません;;

本当ですよね…
松本担独特の切なさと言いますか、少しツキッと何かが刺さったような痛みを感じることがなくって、それどころかすごくしあわせになって、もうとっても嬉しかったです。
ブランチ含めなんだか…兄ちゃんズが変わってきているのか何なのか…すごくハッとさせられる瞬間があってきゅんとして、心臓が忙しいです(笑)。

> ゆかさん

ゆかさん、こんばんは^^
またまたありがとうございますー!迷惑コメントなんてそんな^^嬉しい^^♪
ほんとですね、インタビューで感じたことは本当に大切なことはずっと変わらずもっていてくれて、もう何より嵐さんが嵐さんのファンだからきっとそういう意味で裏切られる意味はないんだろうなあと。何度も何度もそうやって思わせてくれる5人ですが改めて嬉しいですね…!
そして末っ子は本当に幸せ者ですね…あーんな人たちが周りにいるなんてなあ。それぞれ4人がそれぞれの方法で見守ってくれてるんだもんなあ!

んふ、間違いない。高所恐怖症だとかなで肩だとかおでこだとか、そういうことになったら途端にキラキラしはじめますね。そのことで翔さんいじるのはおれだ!くらいに。
バカーは嬉しかったですねー!とっさに出てくるああいう言葉はきゅんとしちゃう(笑)
この勢いでお前とか言っちゃえばいいんだ…いやでもそうしたら寿命縮むからやっぱりやめて…(勝手)

はい^^ぜひまたいらしてくださいっ
posted by やよい→ミサさん、サチコさん、ももんがさん、ゆかさん | 2011/10/18 8:05 PM |
> まりなさん

お待たせしました!
またまたありがとうございます^^
いやいや、もうまとめることは間違いなく諦めました(笑)
そのためこんなぐだぐだした列挙状態になっていて読みづらいこと仕方ないですが…とりあえず感想書けて良かったです。書きたくて仕方なかったので落ち着きました^^

本当にこのDVDはファンみんなの宝物になりましたね…
こんな感想は参考にどうぞなさらないで(汗)楽しんでいらして下さいー!

> 佐竹さん

佐竹さん、こんばんは!
またまたありがとうございます^^

こんなぐだぐだな感想読んでいただきホント申し訳ないです…
本当に末っ子が可愛いですね。もう合宿通してキャッキャして打ち合わせでは真面目な顔見せてまたキャッキャしての繰り返しで、ああ分かりやすいなあ愛しいなあ、と…。

心から楽しんでいるのですね。
本当にそれだけで嬉しいですね^^

> 颯さん

颯さん、こんばんは!
本当に久しぶりの更新になりましたすみません;またまたありがとうございます^^

いやいや。最近はかけていないことも多くってあれもこれもと思っているのに時間がなくてうわー!と思っているのですが…合宿がかけてとりあえず良かった。ほっ。
ワンセグでご覧になっているのですか…!唇触るところはもちろん、ころころ変わる表情も綺麗な指も唇のほくろも綺麗に見れるから、テレビご購入くださいお母様!(おまえだれ)

インタビュー部分はきっとそれぞれの担当さんで思うことが少しずつ違うんだろうなあと思うと、うわあ、深いなあ、と感じますね。何よりみんなが心から語っていることが伝わるし、それが映像で見れるから、ちょっとためらっていたり楽しそうに話していたりがよく感じられてそれも嬉しかったです。
それにしても末っ子はほんと羨ましいですねえ。何と言う幸せ者なんだYO☆

いやあ、ふぁいぶ!ふぉー!なじいまごほんっっとかわいい。ほんっっと癒される。あれが一番上と一番下であるという奇跡ですよね…
そのときのメガネにパジャマは素晴らしい爆弾でした。あんなパジャマを着てるんだろうかいつも…パジャマ…

わあ、良かった良かった!
んはは、確かに口調違いますよね。何度も見ると大体口元で「あ、これ褒めてくれるやつ」とか判断できるようになりますよね(笑)
それを当てるのも楽しかったし色々楽しませてくれたなあ、BeautyJは。何度妄想したことか☆あなたの方が綺麗だよと何度言いたくなってぎりぎりで思いとどまったことか☆

そうですよね、メンチョコ期待したいなあー!男性もチョコを贈ろう♪っていうコンセプトでしちゃえばいいんだ。メンチョコ贈ればいいんだ!

> とん。さん

とん。さん、お久しぶりです^^
またまたありがとうございます、嬉しいです。

またまた…渾身でも何でもないですよこんなの…
自分の思ったことをグダグダ書いているだけなので本当に申し訳ないのですが(笑)
って、えええ!ZERO終わりから見始めたなんて、えっと、終わったのは、えっと…と、とん。さん、何をやっていらっしゃるのですか!
それでお仕事いかれるなんて、タフ…さすが担当様にそっくりですわ…

そうですね。"自然と兄弟っぽい"これすごくぐっときました。そうなのかもしれませんね…
甘えたり。汲み取って言葉にしてくれたり。見守ってくれたり。二人で真面目に話しあったり。尊敬したり。自然に兄弟っぽいのかもしれませんね…
変な力が抜けたというのはお互いへの態度以外でも良く思うことです。はい、まさに大野さんのコメントでも思いました、そしてそれをずばっと言える大野さんってほんとリーダーだな。櫻井さんはオンオフが最もはっきりしている方だと思っているのですが、歳を重ねるごとに少しずつその壁が形を変えているのかなあ…

んふふ。あたしも勝手です。柔らかい弟が好きな兄ちゃんと、カッコイイ兄ちゃんが好きな弟。いいなあ、兄弟。

優しさライセンス4級(笑)
あたしも頑張りますっ、お互い頑張って試験に合格して習得しましょうね(笑)
posted by やよい→まりなさん、佐竹さん、 颯さん、とん。さん | 2011/10/18 8:30 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/666
<< NEW | TOP | OLD>>