月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
アラフェス-disc1- 19:17


明けましておめでとうございます。
2013年もどうぞよろしくお願いいたします。
ごひいきに♡


というわけで、こんばんは、やよいです。
今年が始まって14日経ちましたが、実は記念すべき福松本の日に体調壊しましてラッキーセブンも途中リタイアするという(そして翌日の仕事始めを休むという…)自分史上最悪の三が日を過ごしました。なかなかに凹みましたが今は完全に復活し仕事も各方面に謝って無事今年を始めることができホッとしています。
今年の目標は単純に昨年よりブラッシュアップすること。
気合いを入れて甘ったれを脱却した社会人2年目を頑張りたいと思います。

と、個人的なことはここまでにして。とにもかくにも、
Popcornツアーお疲れさまでした!
大きな事故や怪我なく終わってなにより。5人が最後も弾けていたようでなにより。24時間テレビやアラフェス含めた今年の活動の弾みがついたならなにより。いち早く映像化決定のお知らせをいただけたら他に言うことはございません(笑)。
今年も会いに行けたらいいなあ。三十路のお祝いに行けたら良いなあ…。夢のまた夢のような気もしています。イェイイェイイェイ。(使い方たぶん違う)(イントネーションと使用方法教えて隊長)

♯calling/Breathless

久々の両A面且つどちらもアップテンポっぽいということで!息がつけないほうはアグレッシブなダンスナンバーということで!じぶんの耳で聞くまではその情報にぐらぐらしておこうと思いますがそうだった、明日からのラストホープでcallingは聞けるのか!楽しみ!
……しまった、予約しなくっちゃ。

年末のあれこれはまたきっといつか書く日が来るとして(書かないパターン…)、Popcornが終わったこのタイミングでアラフェスDVDが見たくなったのでついでにぐだぐだ感想を書きます。こんな感じで相も変わらず自己満ブログ邁進中ですがあの…ごひいきに♡笑
では以下たたみます。


アラフェス。
とにかく行きたくていけないことが悔しくって、参加してきた方々としてないじぶんのなかに埋められない溝のようなものをずっと感じていて。なんで平日なのさぁなんてぶぅたれたときもあったけれど(笑)。
DVD見たらやっぱりすっきりして、改めて映像化してくれることに感謝しました(笑)。
次もあることをさきに明言しているからこそ今年は出してくれないんじゃないかなあ、って勝手に思っていたからそのぶん嬉しかったこともあり。でも改めて見ると去年でこんなに充足感たっぷりなフェス作っちゃったら来年どうするんだろうね?でもそこは庶民の想像及ばない嵐さんのパフォーマンス力で、こんな魅せ方があったかあ!って驚かせてくれるんだろうね?
もういっそ去年した曲はすべて外したフェスなんてのも新しくて良いんじゃない?なんて思いますが。
自分が入れた曲はアンブレラとステゴー以外は落ちてしまったのでしつこく投票しようと思います。ふふ。LOVE PARADEをいつまでも推してやるぜ。へへ。

それではいつものように感想箇条書きです。無駄に長くて本当にすみません。

・なんでメニュー画面が無いんです…?(そこから)
・どうして宇宙人も投票してるの…ってそうだった松本さんは宇宙人でしたね(ノ∀` )
・この会場に向かう電車の中で徐々に嵐ファンが増えていってしまいにはファンの比率が高くなって嵐話を始めたときにすごくいたたまれなくなります(何故)。いわゆる現場というものがいまだに苦手です(ダメなファン)。
・徐々にリフターが上がってそれぞれのカラーの風船が上がる。ぞくってする。さらにはいつもとは違うにのちゃん始まりのあいさつ。ぞくってするう。

Love so sweet
「ほうっ」のあとのお口!
・始まって数分ですが黒髪派のあたしも今回の茶髪松本がコンサートで映像として残されたことに本当にうれしい気持ちです。より表情がマイルドに見えてかわいいかわいい。

五里霧中
・泣き虫さんが全力疾走中のタッチ(*´ω`*)
「足んねぇよもっと騒げぇ!」二宮さんのどすのきいたお声。
・本日は晴天ナリ!で空を見上げながら歩く松本さん。そういうところ好きよ。
・しかし櫻井さんがえらくイケメンさんであられますなあ(惚れ惚れ)。

Carival Night part2
・ぽ〜んぽぽ〜ん♪
「キタキタキタキタ」
「これはっ、カーニバルナイトじゃないか」
「いやフェスティバルナイトだー!」
「なんだと!えいっえいっえいっ」
・何それ早速可愛い意味わからなくて早速可愛い予定調和なやりとりかわいいと思っていたら、想像以上にフェスティバルver.難しくって初見時大笑いしました。こんなことこだわってファンに強要しちゃう嵐さん好き(笑)。
・カニナイはどうしたって踊ってほしい派で口を開けば踊ろうよと言っていますが、あのひとがきーぽん♪している様子が残ってうれしい。うふふ。
「嵐の夏は終わんねぇぞぉー!」「ふぅ〜」
夏は終わんねぇぞの挨拶は痺れちゃうよね、そのあとやっぱり手をぱたぱたさせて笑っちゃってやだなあやっぱりかわいいなあ。

Love Rainbow
・セトリもあまり把握しないまま見ていたのでイントロ流れたときに「あぁこの歌がここに!」と思いました。すごくきれいなイントロだよな、改めて。
・にのちゃんがきゅるんっとした表情で手を振っていたり相葉さんと三日月にキュンッとしたりしましたが、いちばん笑ったのは大野さんが歩いてきたときににのちゃんうちわを頭上で振る男性の腕をそっと隣の女性が押さえていたことです(笑)。こちらににのちゃんの顔が見えるということは裏を見せていたんじゃないかなあのひととかこの女性かっこいいとか(笑)。
・そしてあのひとのだいすきな表情があります。アウトロで徐々にセンターステージに集まり始める5人。そのなかで真ん中ひとり立って左右をゆっくり見て歩き出してちょっと舌ペロッとする松本さん。とくにお手ふりするわけでなく周りを見渡しているその表情。何を考えているのか知ることはできませんが、とにかくあたしは、
(これから何が起こるか楽しみにしとけ!)
とか、
(これからのことでどういう反応するのか楽しみだぜ!)
とか、ちょっと古くさい語尾だけど(笑)そういう吹き出しをつけたい。そんな表情で何度見ても痺れちゃう。ああ、何かやらかしてくれるんだろうなこのひとは!これからのことに自信があるんだな!って痺れちゃう。じぶんが楽しんでそしてそれでいて周りの反応も楽しみにしてる松本さんが溢れる良い表情を残してくれたなあ。感謝。
・それで何がくるのよ、次なになのよ!と思っていたら、

Step and Go
・円陣!うぃーがなすてっぱごー!これはずるい!
・投票した曲をしてくれるのって嬉しいですね、しかもそれをしっかり踊ってくれると尚嬉しいですね、しかもこんなにがっつり。久々に見た。久々に見たよう大好きだよう。08国立ステゴーとともに何度も見ることになりそうです。
・「過ごした♪」の相葉さんのさわやかな笑顔ズキューン。
・「永遠への」のポーズちょっと変えたでしょ松本さん?変えたでしょ?
・ターンするときに泣き虫さんだけ右腕を上に挙げてクルッてするの好きです。
・「果てしなく」の「て」のにのちゃんの首な!そのあとの視線な!
・やはり櫻井さんがラップしている周りで4人が踊っている画がとっても好きです。
・そしてひとりまったく重心を移動させない大野智…。
・これ何度でもリピできちゃう。こわいこわい。

・何か出てきました。
「ほんとだぁ」「説明しよう!♪」どうして紫のひとはぽぷこんまん含めアニメになったらそれをばっちり意識しちゃうんでしょう。むずがゆい…まじめ…かわいい…。

ワイルドアットハート
・ワイハはやっぱりあがるねぇ。今後もいっぱいツアーで使われるといいなぁ。個人的には5人バラバラ花道でスタンドマイク使って踊ってくれたらそれはそれはヲタクも一緒に踊って盛り上がると思うからまだまだ踊ってほしいなぁ。
・「君がいるかららーららら♪」の相葉さん可愛さマックス。
・そのあとも一人で踊ってる相葉さん可愛さMAXやさしさMAX。
・先ほどからじいまご劇場ありがとうございます。相も変わらず松本さんが見つめて大野さんが素っ気ない感じでございます。松本さん頑張れ松本さん。
・大野さんひとり時間が短くてそのあとばたばた立ち位置戻って笑いながら踊る天然ちゃん。ヒーリング効果。
・ほんっと二番までやってくれてもらいどんらいなう期待しないわ!遠いわ!知ってる!ふたりってば!と変なテンションになっていましたが最後の最後で落ちました、

・何その肩組み背中合わせ!( °Д°)

・いや正確には背中はついていないのでしょう、そこにもおふたりの絶対領域があるのでしょう、それでも遠目からはくっついてるように見えるしなにそれすっごくかわいいですし!ふたりのくせにかわいいですし!

Summer Splash
・その流れで始まるさますぷイントロ。5人なんだかラッパーのような格好で乗っているのかわいいけどあたしの目は節穴だからもうふたりにしか目がいかなくて…。スクリーン見てみればふたりしか映っていなくてこの会場にいたスキーの方々の心中いかばかりかと。ふたりにこにこで半袖部隊として白い腕見せてかわいらしいですし。
「ほぅほぅ!ほぅほぅ!」
「まだまだ夏は終わんないぜぇー!」
「参りましょう」
「さまぁぁぁ」「すぷらぁーっしゅ!」

・かわいい!!!(弾けた)

・背中もくっついてないしどこか堅苦しいしきっとこのラッパーのような格好は5人がリハあたりからしているお遊びの一環なのだろうけれど、だろうけれど、かわいいから仕方ないねえ。かわいいねえ。でれ。
「ラップしまぁす」も相葉さんがにのちゃんに何か話しかけている様子も可愛いねえ。
「いぇっ!いぇっ!いぇっ!」絶好調でございます。絡みづらいです。
・櫻井さんがすぷらっしゅして煽っている間に4人がヘッドセットに代わっていてそわそわするあたし。もしかして次は、もしかして次は、きちゃう、きちゃう、とそわそわしていたら、

Love Situation

・きたああああああ!

・Timeのあの若さで踊っているから至高なのであって云々と言ってフェスでは投票しませんでしたが何だかんだ見れたら嬉しいもので、初見時イントロかかった瞬間泣いたくらいで、そしてJストが気をきかせてくれた(のかは知らんけど)おかげで4倍楽しむことができて、もうありがたやありがたや。
・やっぱりらぶしちゅ好きだなぁって思う。曲×ダンスも合わせれば映像化されてるものでいちばん好きならぶしちゅ。何度見たか分からないらぶしちゅ。きっといちばん再生回数多いだろうなあ。それくらいだからこのパートは誰が映っていたか脳内再生できるほどなので今回初めて「このひとはここをこう踊るのか…!」という発見もあって、見飽きることはこれも無いんだろうなと。
・投げチューふりは見どころのひとつですが大野さんの投げチューが男前すぎてキャッと言ってしまいます。投げチューのあの首の動かし方。So cool。そしてにのちゃんso sweet。
・向こう3人衆の足を蹴りあげる振りかっこいい。
・そしてにのちゃんのあの小さな体が大きく見える特徴的な踊りも好き。腕だなあ。
・あのひとの「鼓動」のしぐさすき。
・この4分割のなにがいいってカメラも歌うことも意識せずただ踊っているときの表情が見えることですよね。無意識なセクシーさが溢れる表情がそれぞれ堪能できてピックアップできないほどたくさんあるよ。
・やはりあのひとこの数年で踊りが洗練されたんだなぁと思えるらぶしちゅ。無駄なところを削ってきている感じがします。松本潤らしさは残っていて。でもやっぱり「チカヅキタイ」で笑ってしまうファンでごめんね><キャーって言いながら笑っちゃってごめんね><かわいいよ><
・やっぱりらぶしちゅ踊る嵐さんは宝物だなー。

ファイトソング
・いきなりファイトソングなんて心の整理が追い付かないんですけど!
「今は悩むこともあるでしょう」の大野さん美声ですなあ…(今更)
「どうもありがとう」ご機嫌ちゃんです。

Friendship
・やはりイントロが優しい音というのは涙を誘いやすいものでつまりこのイントロはずるい。ソロもそれぞれ得票率が高かったもの且つメンバーも何かしら出演するというレポを見たときは興奮しましたが、改めて映像化されるとFriendshipほどぐっとくるものはないね…
・相葉さまが国立を歩きながらひとりでお歌いになっている(´;ω;`)サビ前のくしゃくしゃな笑顔胸わしづかみすぎる(´;ω;`)
・うるうるきていたら何やら4人増えました。まさに五叉路でした。泣かせるぜ。
・こら山ふざけるな(笑)。そのお遊びずっとしてたんでしょ(笑)。
・この山含めメンバーの後ろで踊る4人の表情がとってもとっても興味深かったという意味で面白かった。ミニMCで言うようにいわゆるジュニア的立ち位置だからかマイクを握っているときほどキラキラしてはいなくってジュニアに徹してるところとか。櫻井さんなんてずっとにこにこしているし。最後のサビ前の松本さんのお顔もそう。
・くるっくる回る5人可愛くて本当にこのままバターになってしまえばいい。(いつかの上甲節)

Shake it!
・ここかい!(一声)
・セトリをまったく把握せずに臨むというのは(もちろんDVD裏も見ないまま)ある意味恐ろしいものでイントロ流れた瞬間むせました。まさか続くとは。そういえばそういうレポ読んだけど。すっかり忘却の彼方でした。

・うおおお!4人が踊ってるよおおおおおお!

・もう4人が踊ってくれているのが嬉しかったりStep by Stepのやまたろの腰にふおう!となったりまた茶髪でのしぇけは違うもので「今以上」のあのひとのワイルドさにころっといきそうになりましたが途中から思わず笑いがこぼれてきました。なんというか、
・確かにこれはシェケシェケ詐欺に違いない(ノД≦ )(ぶは)
・てっきりサビだけとか最後だけとか思っていたあたしは本当に節穴でしたね。レポ読んでいたのに。まさか最初から最後まで兄ちゃんズに踊ってもらうとはまさにシェケシェケ詐欺。櫻井さん言いえて妙でございます。ありがとうありがとう。
・でも櫻井さん楽しかったでしょ!「肌で感じれば散々」の「ば」のところの表情好きだよ!楽しんでるお顔だよね!そうだよね!
・と思ったらその直前まで素敵な腰つきを見せていた二宮さんが高速シェケを披露しておられました。兄ちゃんズ楽しんでるやないですか^^良かった^^
・なんて大野さんの爆笑を見てほっこりしている場合ではありませんでした。

・泣き虫の!肩組み!近い!
・shiny girlで松本さんを見る相葉さんの視線とか!近い!君たち近いとセクシーさ増すんだから!危ない!
・そして翔潤。
・これが噂の「遠慮がち」翔潤。
・クオリティ発動と言われていた翔潤。
・確かにクオリティ発動かもしれないが、

・翔潤だけかけあいスタイルなんだぜ……?

「Dance Dance」「頭の先から」「Bounce Bounce」「んー足の先まで」

・ここ翔潤にしてくれたひと非常にぐっじょぶ!!!

・やっぱり背中合わせでもなければ見事に絶対領域保たれていますがかけあいの時はお互いを向いていて…いやお互いを向こうとしていて視線などは合っていないけれどふたりにしては頑張った!頑張ったよ!というか松本さん頑張ったよ!ちょっとだけ櫻井さんには他とは違ってがっつりいけないところが非常に好きよ!
・末ズちゃんはさすがだよ…そのポーズ好きだね…くねくねするね…さすがだよ…
・そして大野さんに対しては遠慮というか戸惑いというものが一切なくて大野さんも受け止めるだけでそれもじいまごらしくって好きです。あのひと大野さんを逆に見すぎだ(笑)。そしてそのあとぽいってしちゃうなんてひどすぎるし何というかで、大野さんありがとう。
・2番サビはこんな振付だったんですね。それにしてもやっぱり兄ちゃんズ本当にがっつりですね。
・脱いだよ!
・シェケバーンだよ!
・櫻井さんが二宮さん見てにこにこしてるよ!
・最後にそれまでシェケクールだったあのひとがにのちゃんのおふざけ見てちょっと笑っちゃうところまですべて可愛くて面白かったシェケでした。いやあ。兄ちゃんズありがとうしか言葉がございません。お疲れさまでございました。凹んだときに見るリスト入りです。見るたび元気もらえるわ。

ミニMC
「いい感じ?」「俺らもいい感じぃー!」非常にノリづらいよ松本さん。
「言うても俺らもメンバーだから」やら「こんな感じでね」やらのやりとりがなんだか恥ずかしいんだけどどうして。
・あたしが好きなおふたりは、「まだ始まったばかりなので」(たぶんこの辺でアイコンタクト)→「今回のアラフェスなんですが」と説明するあたりです。首脳会談なふたり。
「いったんCM制度ね」「CMではない。CMではないです」こういうふたりはむずがゆくなります。かわいいけど!かわいいけどね!

season
・くっ。櫻井さん片手をポケットに突っ込んじゃってかっこいい。その次に映ったあのひとがとっても濃かった。違う彫が深かった。(たぶん一緒)

夏の終わりに想うこと
・これもイントロだなあ。引き込まれるなあ。
「でぇはここでぇ!」いきなりテンション高くてびっくりするわ。

Still...
・ですよね。やっぱり名曲だよね。
・Still...は踊っていると聞いてどんな感じだろうとわくわくしていたのですがまさか2番からこんな風に踊ってくれるとは思わず。コンだから出来るステージを生かしたフォーメーションや振り付けがこのアップテンポではない曲でも生かされるの嬉しい。
・そしてラップしてる櫻井さんの周りで踊る4人!大好物!
・最近こういうミディアムテンポで踊る5人を見ていないから嬉しいですねやっぱり。そんなこと思ってる間に櫻井さんがいなくなりました。

T.A.B.O.O
・タブー刑事がひとりで踊っていらっしゃる…。
・これはなかなかに櫻井さんマジで頑張ったな!お疲れさま!と言いたくなりました。ひとりでこのダンスをこの広い会場で踊るのなかなか大変だ。まだかな4人早く出てこないかなって映像ながら思ってしまったけど。
・でもだからこそこのラップを国立でひとりで踊っちゃう櫻井さんって好きなるしかないけれどもねえ。いひひ。
・そして5人揃う前の映像アレンジがかっこいい。ひとつひとつポーズとっていく櫻井さんとか。国立をタブー色で染めちゃうタブー刑事。
・そして思いのほか口元隠しダンスをする4人に興奮してしまいました。この振り付けってやっぱりタブーのその歌詞と曲調とマッチしていて興奮しちゃう。松本さんが口元隠しダンス。また二宮さん×このダンスの親和性ってば恐ろしいくらい。
・そしてあたしは「T.A.B.O.Oを踊る松本潤」ってその字面にも興奮する変態です(知ってる)。

PIKA☆☆NCHI DOUBLE
・大宮はなにをこそこそ^^かわゆいねえ^^
・「いつでも僕はいるかなぁ」あんな風にあのひとに見つめられたひとはご無事なんです?石になってないですか…?

Troublemaker
・大野さんはどなたを見つけたのかしら。
・悩みの種を飛ばす仕草も相変わらず可愛いです。
「うぇーい」
・また上のステージの細長いこと!
・ハートビートを決めるために走り出す櫻井さん。を目で追う松本さん。きみはなぜ見た。見事成功して一礼する櫻井さん。肩を上げる変な仕草で戻っていく山のふたり。素晴らしいハートビートでした、久しぶりに見れました。

エナジーソング
「いい感じだぁ」やっぱりちょっと絡みづらい松本さん。
・アルバム一位がエナソンというのは本当なんです?(疑うな)
・とっても楽しい曲だしコンサートでとにかく嵐さんに煽られたい曲だけどね。まだ自分が聞き込めていないからいまだ噛み砕けないんでしょうね。
・くるくる回る嵐さん可愛いし、「超絶!絶好調!」\超!/したいんだけど!ね!

MC
・缶バッジもらえなかった話をしたかったんですね、櫻井さん話遮ってごめんね。
「くっそぅ頑張って並ばなきゃ」
・グレーはこだわりでした:「ん?」「可愛いんじゃない?」「何その投げやりな感じ?」
・泣き虫!(じたばた)
・櫻葉の会話遮るようにして(いつもいつもすみません…)言葉を発したあのひとを拾ってくれる「ん?」の優しさもさることながら、あのひとの言い方を投げやりと言い放ってしまえる相葉さん、相葉さんが、好きです!(力強く)
・ほんとうに可愛いと思ってると思うんですよ、ただそれがちょっと不器用に伝わっちゃってね、相葉さま、ごめんなさい(←お前誰)。
「なに、何がそんなにいいんだろう」「やめなさいよ、やめなさい」
大野さん!大野さん!あの曲であのダンスをがしがし踊ってくれるのが良いんですよ!わかって!
「松本さん」「おっ」
「こんな曲もあるよっ、こんな曲も歌ったらどう?、こんな曲歌わせてくれない?、こんな曲歌ってみよう」それが俺フェス。
・このあたりからかあのひとの化粧が落ちてきて髪を整っていなくって素の松本潤(29)が見えてきてちょっとどきどきしちゃいます。それでもあのひとの目きらっきらしてるんだもん。
「それ事務所は通ってんのかな?」「事務所は、通ってます」「通ってんのか、じゃあしょうがねぇな」ウッ打ち合わせどおりな感じのちょっとカタコトなやりとりウッ。ありがとうございます。やっぱりあのひと汗かいてお顔は29歳さけどだいぶ幼くなってるね、表情。

スケッチ
・5人がこうやって座るときの横顔が好きです。視線が斜め上を見ている横顔5人ともとってもきれい。
・俺ら自身が溺愛。

Kissからはじめよう
・これも踊ってほしい一曲だから勿体ない。アラサーアイドルが歌うKissからはじめようなんて非現実感たっぷりでたまりませんね。いつかまた踊ってくれるかなあ。

Gimmick Game
・もう!もう!ここからは!ここからは!息がつけないほどで!
・にのちゃんのギミゲがやっと映像化されまして皆様おめでとうございます!
・国立という場所でギミゲを歌ってしまうにのちゃん…ひとりで踊ってしまうにのちゃん…本当にずるく恐ろしい子です。
・この振り付けなのかにのちゃんが自由に踊っているのか分からないような、いやきちんとした振り付けなのだけれど、それがにのちゃんにうまく溶け込んでいる感じが、なんともなんともにのちゃんらしくって。そしてスモークにうつるにのちゃんの影はまた男らしくって。
・そして極めつけはやはり!
「君のくびすじ」(ペロ)
・シェケであんなに肌を見せてキャーッをもらってるあのひととは対照的なキャーッのもらい方でああ末ズ、ああにのちゃん…と思いました。ずるい子。ずるい子やで。
・ジャケット投げるところまで圧倒されていたらそこで始まる、

Rain
・これはもう「大宮ああああ!」と叫ばざるを得ない並びで素晴らしい。この大宮は何度見たって鳥肌がたって素晴らしい。大宮。チップとデールみたいだけどセクシーな大宮。ひとりで魅せることのできる大宮。素晴らしい。
・しかもだいすきなRainで本当にありがとうございます…。
・白ジャケと炎とジーンズと。これがうちのリーダーなんですよお…。
・やっぱり大野さんが踊るときにちょっと眉間にしわ寄せるのとっても好き。ものっそい、ものっそい、男前で自信があるときの表情でかっこいい。Rainのダンスは軽やかななかに重厚感があってとくに好きなんだけど、やっぱりひとりでも見せてくれるなあ。見劣りしないなあ。
・だからというわけではないけれど、あたしは後ろの4人の映像はいらなかったかなぁと思ってしまいます。Rain踊る4人がスクリーンにと聞いて楽しみにしていたけれど、ここはにのちゃん同様ひとりで良かったかなあ。なんてね。
・毎度のことながら踊ったあと歩きながら去っていく大野さんの背中よ。

DJMJ
・その流れでDJMJをありがとうございます…本当にありがとうございます…。
・もうDJなんて未知なのでどれだけ難しいのか分からないのですがあのひとの演出魂に火が付いたんだろうな、楽しくて仕方ないんだろうな、ってぽぷこんのときも思いました。エンターテイメントが好きなひとがこういうのに興味示さないはずないものね。見ても仕組みが分からないところが非常に残念ですじぶん。
・まずはじめは相葉さん×Magical Song。アイドルで弾けている相葉さんを見せるDJMJ。口ずさんでるのキュンとするね。また相葉さんの前髪を分ける仕草がかっこいいね。
・そして次は大宮SK×MIKOSHIBOY。大宮SKが映像として残ったよおかあさん!残ったよおかあさん!
・しかし見るたびに「フエタヨー」で笑いがこらえられなくなります。どうしてこんなにシュールなんだろう。大宮SKを見せたかったDJMJさんは満足そうに微笑んでいらっしゃいますし。本当にこれからも定期的に出てくれるんだろうなと思う大宮SKさん、どうかお変わりなくお元気でいらしてください…
・そして分かってはいるもののここでどきどきしちゃうのでただ笑っていられないsj担。なぜなら残るは櫻井さん。DJMJが見せたい櫻井さん。DJMJが櫻井さんにやってほしいことってもうそんなの答えはひとつしかないよね、そうだよね。
・もう松本さんの表情はガラッと変わるそのスイッチもたまらない。リズムに合わせて体揺らす様子もたまらない。まずはHip Pop Boogieの歌詞が流れてきてその映像も凝っているのもたまらない。
・そして「研いだ爪隠し牙を向く」を際立たせ、
・櫻井さん×Re(mark)able。これあかん。

・かっこよすぎる。

・そもそも櫻井さんだけの声で聞くリマカがかっこよくってアレンジもすごくクールなのに加え、このあとのこともあって櫻井さんとあのひとの衣装が同じで。櫻井さんごりごりで歌って、あのひとにどんどん近づいて。DJブースのそばで歌って。あのひと口ずさみながら必死で。そしたらそしたら、
櫻井さんってばあのひとの手元見てるんだもの……(本当にこれは!>私信)
確かにあのひとを見るわけにはいかないんでしょうから(いやわかんないけど笑)、手元見るしかないのかもしれないけど、けど、やっぱり全部含めてこのDJMJのなかであのひといちばんここが大変そうで必死にあれこれしてるから、レポ読む限り手元震えていた時もあったみたいだから、ちょっと心配してくれたのかななんて。勝手に。思ってしまいます。歌いながら視線落としてみてくれてるんだもん。キュンッてしちゃうよね仕方ないよねえ(涙)(うざったい)
・そしてここ東京ってしたあとはまさか掛けあいするなんてもうそんなの。Yeah, Ah,って合いの手入れて最後には"Light up!"ってふたりで言っちゃうなんてそんなの…。
・そしてふたりに煽られる国立。
・ふたりしかいない国立で「聴衆!」って煽られるこの時間!
「Say, oh yeah!」「Oh yeah!」って煽られる国立。櫻井さんがノリノリでバリバリのヒップホップ風あおりで右のほう!左のほう!って煽って。
・もうそれさえも嬉しいんだよ?櫻井さんがこのDJMJのコーナーでこんなにノリノリになってることも嬉しいんだよ?
・櫻井さんが「左のほう!」って煽ってるときのあのひとも気持ちよさそうな顔してるしさ。ほんとにさ。
・このふたりだけのステージ、ふたりだけで作られた音、この空間を共有したひとたちがうらやましいというかうらやましいじゃなくって何というか、そんな空間存在するの?っていうレベルでですね…。
・やっぱりあれだよ、ふたりって、かっこいいよね!(根本的な問題)
・あの誰でも親しみやすいと評判の嵐のふたりなのに確実にそのふたりなのに、こんなゴリゴリで近寄りがたいステージ作っちゃうんだ。かっこいいよね…。
・こういったらsj担ハイハイってなるのかもしれないけれど、そして何度も言ってるけど、この櫻井さんのターンでいちばんあのひとが必死にDJしてて忙しそうで(この周辺未知故の語彙力)、ここいちばん大変だったでしょ?いちばん難しかったでしょ?でもこれやりたくて仕方なかったんでしょ?そうなんでしょ?って言いたいですハイ。良い顔してる。国立煽ってるときいい顔してるよふたりとも…。
・そして最後に締めてくれる「Yeah, Big up to my man, DJMJ〜!」も本当にうれしい。ありがとう。ありがとう。櫻井さんがこうやって締めてくれるの嬉しい。あのひとがDJした甲斐があるというものですエエ!(だから誰)
「いつでもここへCome back」でDJが終わりお疲れさまと思っていたらこれだけで終わらないからもうあたしのライフはゼロよ。

La tormenta2004
・あかーーーん!(頭を抱えて絶叫)
・櫻井さんがまだノッている状態でがんがん煽ってくれるのかっこいいし嬉しいし。
・ふたりだけで踊ってますし……。
・トルメンタの踊りかっこよくて好きでこれをイントロでふたりで踊る率高くってそのたび感謝しておりますが、DJMJからの流れは贅沢すぎて贅沢すぎて怖いくらいです、見るたび。
・客を煽るあの4カウントでふたりを抜いてくれたカメラマンに感謝。一時停止してはため息ついてます。
・しかもふたりがクロスするパターン。おおう…。
・そして櫻井さんが松本さんを紹介してくれるところまでほんとうに贅沢。もう本当に贅沢。ありがとうございます。ありがとうございます。
「アイバチャン」味覚トウッ!ですか?あのCM本当にかわいいですよね?
・もうボルトするときにはいつもの櫻井さんでさっきまでの櫻井さんとはまた違ってそのなんていうか…あの表情引き出していたのが松本さんっていうのがその…
・しかしここでもメインステージ寄りのアリーナのひとたちはおふたりのダンスが正面に見える位置でその、もしあのスペースにお仲間がいらっしゃいましたら、よくご無事でお戻りになりました。と三つ指ついて申し上げたいくらいには呼吸困難になるくらいふたりで溢れていたんじゃないかと。
・本当に、本当に、贅沢な空間。

・ありがとうございました。改めて。
・宝物にしますね…。

時計じかけのアンブレラ
・投票曲来た。大野さん振り付け来た!
・まずここに持ってきたことによって髪を上げた状態のあのひとでアンブレラ見れたことに感謝。
・嵐さんってこういうショーのようなダンスを最近見ないからぞくっとします。あたしがLOVE PARADEをしつこく推すのもその理由だけど(笑)、たまにはワルツやらジャズやらショーのようなまさに"魅せる"ことを目的としたダンスを踊ってもいいじゃない?
・だから大野さんに感謝。
・この独特なカウントでもにのちゃんはじぶんのものにしてるなぁ。
・「ロマンティックな」のところでふたりを抜いてくれてありがとうございます!程よい汗!
・「君がいればいい」の「ば」で首を動かす櫻井さんのかっこよさ。
・最初のサビの「長いこの回り道」のところで映る相葉さんが抜群にセクシーな顔してますね。そしてラップの「明日の種蒔け」の松本さんの表情な!くっ!
・大サビ前に両足曲げて両腕パンッて突き出して飛ぶ松本さんが好きで好きで。
・しかし当然といえば当然でずるいとしか言いようがないが大野さんのかっこよさよ。やはりあなたの振り付けは独特で他の人が踊るには少しハードルが高すぎることがあるのは事実だと思うけれど、にしても、「夢はどこかで」のときの足はどうなってんだとか「優しい傘そっと差していこう」のところは大野さんの大野さんによる大野さんのためのパートだとか。いやはや。リダすげえっす。

One love
・オーケストラは鳥肌立っちゃう。弦楽器の音が好きなんだなあ、あたしと改めて気づく。ジャズジャズうるさいのもそのせいなのか。そうでもないか。
・そしてOne loveの演奏始まって出てきた嵐さんがまた羽根を背負ったプリンス5人組でため息。とっても素敵。かっこいいアイドル。王子様や。
・王子様が「100年先も愛を誓うよ、君は僕のすべてさ」と歌うこの世界…。
・そして「世界中にただひとりだけ」のところの相葉さんよ!このひとはときどきこういう表情のぞかせるから!のぞかせるから!たまらなくなる!

truth
・このtruthが大好きです!!!(三本人参で)(人参言うな)
・最初見たときに絶叫したこのtruth。何から何までかっこいい。オーケストラにtruthを弾いてもらう贅沢から間奏のドンピシャな振り付けまで。王子様な5人が舞うtruth。最高に好き。アラフェスでこんなものを見せてくれてありがとうの気持ち。
・ワンフレーズ歌って踊りだす5人超かっこいいだろう?!
・そしてtruthがおふたりシンメで本当にありがとうございます。「汚れを知らない」のふたりの角度。「を」のかくど。後ろからこちらへ振り向いたところの角度。あのひとのお尻。ありがとうございます。
・Bメロ前の4カウントとかもう本当にずるい。ただ回ってるだけだって?そのターンとオーケストラとこの衣装の組み合わせの妙と言ったらないだろう?!(誰に逆ギレ)
・そして間奏。なにより間奏。何故ここまでぞくぞくするのかね、本当にね。大野さんの圧倒的な帝王感やら、あのひとの余裕を感じさせるきれいな指先とか、ターンの基本の首の動きとか、もういろいろあるけど、いろいろあるけど、

・超かっこいいよねえ!(単純で残念な語彙力)

・王子様な衣装の5人がこんな破壊力のあるダンスをするんだぜ。全身を使ったダンスをするんだぜ。華麗に舞うんだぜ。ハァ。何度見てもぞくぞくぅっとする。ひざまずきたくなる。
・大きな会場に映えるダンス。シンプルだけど近寄りがたいダンス。凄みがある。
・嵐もこういう踊りできるんですよう。ジャズできるんすよう。
・しかしそこで切り替えるのはミスだ!ダブルピルエットは最後まで見せてくれ!うえーん!
・それでもわかる二宮さんの軸のぶれなさ…乾杯…。
・なによりピルエットを振り付けに入れ込むことに乾杯。好きだ。
・大野さん!ありがとう!

5×10
・またにっくい演出するわあ本当にずるいわあもうまったくすき(結局)。
・この5人の手の中で中央にあるからか櫻井さんの手をいつも見ちゃうのですが男っぽい手をしていてキュンとするね…
・そしてじいまごの「無邪気に奏でた〜」パートに入る前の櫻井さんのリズムの取り方がまた彼らしくてキュンとするね…(ご勝手に)
・Love Love for youで胸に手を当ててぎゅっと握った手のひらを開いて、そこに息をふぅっと吹きかけて。それはLoveなの?For usのLoveだと思っていいの?
・松本さんってば。
・ああいうことをしちゃうから。ああいうことをしちゃうんだから。またそれが似合っちゃうひとだから。困っちゃうね。好きだよ。

ここでdisc1終了!そして相葉さんが始まるため感想も終了!disc2はいつかけるか分からないよう!(完全に調子に乗った)
とにかくdisc1に見惚れるものが詰まりすぎていてなかなかこちらばかりリピしてしまいますが、disc2感想も近いうちに書きたいと思います…は、はい…(いつになるやら)。
それでは自己満にお付き合いいただきありがとうございました。ここ二日は相葉さまを見て木曜からレギュラー戻ってくるよう!シェアハウスだよう!どうしよう!
あ、相葉さまがピンチ!

| DVD | comments(2) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 19:17
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








やよいさん、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!
相葉さんの期待を裏切らないミラクル(笑)からふと思い出し、こちらへ覗いてみるとまさかのアラフェス感想が!!
こんなに早く拝見できるとは思っていなかったので、思わずきちゃいました(笑)

お正月から体調を崩されたようで、色々大変だったでしょうが回復されて良かったです(^-^)実は、私も年明けの仕事でトラブルがあり、新年早々マイナスからのスタートでした(笑)今年は年女だというのに…。はっ!年がばれてしまう( ̄◇ ̄;)←すでに遅し
違う道ですが、お互いがんばりましょう!

と、このへんにして。多分、今までで一番好きなDVDかもしれないので、熱が冷めないうちにアップされてテンション急上昇してます(笑)
好きな曲ばかりだったので、甲乙つけがたいですがやっぱり、すてごー・らぶしちゅ・しぇけ・DJMJ・5×10…だめだ、多いや(笑)Disk1でもう色々てんこ盛りですよね。ん〜、でもなんででしょう?今までのDVD出てもこれが良いとか無くて、どのDVDにもそれぞれの良さがあって一番が決めれなかったのに。松本さんの魅力が最大限に引き出されてるから?(笑)あ、DJMJの破壊力か!そっか、あれにやられてたのか。←今更
やっぱりあのお二人の醸し出すオーラは絶大ですね。なんだよ、ずるいよ、かっこいいよ。
そうですよね、きっとエンターテイナーの血が騒いだんでしょうね(笑)DJやってる松本さんの楽しそうな顔がかわいい反面、羨ましくも感じます(笑)これからもあっと驚くパフォーマンスで驚かせて欲しいですね!あ〜、まだ色々書きたいけどまたぐだぐだと延々と書いてしまいそうなのでDisk2に持ち越します(笑)←
では、また更新楽しみにしています(^-^)
posted by ゆか | 2013/01/14 10:38 PM |
> ゆかさん

ゆかさん、こんばんは!
そして明けましておめでとうございます。こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。何も変わらずぐだぐだブログだとは思いますが…。
アラフェスはもうどうしたってDJMJ×Re(mark)ableのところを何度も何度も見て新鮮な気持ちが消化されるまえに感想を書いてしまいたかったので、思わず書いてしまいました。といってもただただかっこいいを連発しているだけなのですが…。

お!年女!おめでとうございます!
ってことは、うーんとうーんと…笑
マイナススタートは凹んでしまいますねorz新年早々いろんな人に迷惑をかけてしまったことに本当に心が病んだのですが、一年かけてその迷惑を挽回していきたいです。(一年かかるんかい)

どうしてでしょうね、アラフェスが何度も何度も見たくなるのって。DJMJはもう間違いないし何度見るんだろうなあと思いますが、何でだろうなあ。ただ、アラフェス参加されたかたが口々にすごかった素晴らしかったと言っていた理由がほんのちょっとだけ共有できた気がして嬉しかったです。

かっこいいっすよねぇ。あのオーラはずるいくらいかっこいい。絶大ですねまさに。
これからはどんなことするんだろうなぁって楽しみにさせてくれるDJ披露でしたね。次に着目するのは何だろうなあっておもうとあのSHOW TIMEも松本さんにとってはしあわせなひとときなんだろうなぁ。

Disk2も近いうちに書ければ!いいなと!思います!(か空回りしそうな気合い)
ありがとうございました!^^
posted by やよい→ゆかさん | 2013/01/20 6:37 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/730
<< NEW | TOP | OLD>>