月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
東京小旅行日記。 10:58

鹿児島のこの蒸し蒸しした暑さが落ち着きます。こんばんは、やよいです。
行ってまいりました。11,12と2日間東京へ。都会に行くと毎回思うけれど、あの人混みの中暮らしている人たちはすごい。住んだら住んだで環境に順応していくものなのでしょうが、もし東京で暮らしていたら、きっと今の自分とは少し違う自分なんだろうなあ、とも思いました。

何の話や。

以下、この2日間のことをわたしの覚書としてぐだぐだと書かせてください。本当にどうでもいいことしか書いていないようなぐだぐだ加減なのでお時間のあるかたは…(いつも言ってる)(でもいつも以上にぐだぐだ)。

ほんとうにどうでもいいことばかりの上に、無駄に長いです。もう慣れていらっしゃるかもしれませんが、本当に無駄な長さです。

♯1日目(8/11・月・晴れ)

・一緒に旅行をする櫻井さん贔屓の友人と、前泊した我が家から空港へ出発したのは朝の6:00。車内で流れるLOVEを歌いながら、ひとつの映画とグッズ購入のために、それ以上のお金を交通費と宿泊代に費やして東京へ出向く自分たちを笑う。くだらない、くだらないけど、くだらないから、楽しい(笑)。
わたし、空港って大好きなんです。飛行機がかっこいいのはもちろん、大きなカバンを持った人たちが大人も子どももなんだかわくわくしていたり、バス停や駅とは違う、本当にもう2度と会うことは無い別れや数年ぶりの再会を目撃することができたり。羽田とは比べ物にならない小さな小さな空港だけど、おそらく一日ずっと居られると思う。だからここ数週間は映画やグッズはもちろん、この『空港へ行くこと』もわたしの楽しみにしていることでした。
・同様に飛行機内も好きなんだけど、何せ前日、なぜか3時間しか寝ることが出来なかったので(←遠足前の子どもか)、離陸して拍手して(←修学旅行中の学生か)朝食を食べたら、すぐにコテッと寝てしまう始末。勿体ない。雲と雲の間を眺めることが好きなのに。(どうして雲の上に雲があるの)

・ハロー東京!(9:40)
・わたしはプランをがっちり固めて動きたい派なのですが(Sタイプ)、友人はガチガチではなく気分に合わせて動きたい派なので(Mタイプ)、羽田で預けた荷物を待っている間にまずどこへ行くか相談。それぞれの贔屓とは似ないものなんですね。(似ているのは顔の濃さだけ)
・平日だしこの時間でもジャニショ空いてるんじゃ?という安易な考えで原宿へ。だって前回わたしが行ったときは平日だったからすぐに入ってすぐに買えたんだもん。
・羽田国内線ターミナルではJALの5人に会えるし、乗り換えのために降りた品川では一番搾りの松本さんに会えるし、東京ってすごい。
・そろそろ覚えた原宿ルート。地図も見ないでジャニショへ行けたことへ興奮していたら「あちらの広場で整理券配布しておりまーす」。

(°д° )これが噂に聞く整理券か…!(興奮)(ここでも)

広場へ行ってみると、なるほど、ポップコーンを待つ人たちだと思っていた中にちらほら見受けられるお仲間たち。比較的若い。そうだった、学生は夏休みだった。(盲点)(←バカ)
とりあえず13:30の整理券をもらい、若い子の中で少々怯えながら(←気の弱いおばさん)、次を悩む2人。時間は11:15。よし、

私「昼からお酒飲もうぜい!」
友人「は?」
私「ワ・レ・ワ・レ・ハ・シャ・カ・イ・ジ・ン・ダ」
友人「…notポップコーン、butビール!Yeah!」

次の目的地が決定しました。
偶然にも近かったので(笑)、早くも都会の電車につかれていた田舎民は徒歩を選択。国立代々木競技場などを右手に見ながら、いざ渋谷へ。しかし鹿児島の暑さとはまた違うコンクリートから跳ね返るうだるような暑さにもやられていたところで見つけたのは、

アイス(*´v`* )
小腹も空いていたのでペロリと頂きました。ええ、ペロリと。さすがアイスも規模が違うぜ。

・アイスで暑さも忘れ、スキップしそうなほどの駆け足で進むと(実際2回スキップした)、見えてきたのは、



そう、ここに来たかったのです、一番搾りガーデン
12時前でまだオープンしていなかったのですが、「わたしのためにしっかり平日の昼も営業してくれてありがとう」と頭を下げて(←勘違いで有名)、少し時間をつぶすために目の前にあるパルコへ。大学時代お世話になった安心するパルコ。
・そうやってフラフラ入ったパルコの中でも、J!NSの櫻井さんに会えるし(メガネに目薬のようなものを差すミニチュア櫻井さん鹿児島で見たことないぞ)、この前のVSでにのちゃんが着ていてOPで松本さんがいじった女の子のTシャツも見たし、やっぱり東京ってすごい(2回目)。
・気づくと12時を過ぎていたのでガーデンへ。かわいい店員さんに勧められるままピザとその他つまめるものを注文。フィッシュ&チップスという響きに惹かれるも、ここでは断念(2人ともイギリス好き)。
もちろん、フローズン生も注文。しかし、ここで問題が。

何を隠そう、わたくし24歳、いまだにビールの美味しさが分かりません!



…分かりません!!!

友人「あーーー!美味しい!昼から飲むなんて贅沢!」
私「合法的にね!」
友人「…飲めないでしょ。どうするの」
私「…飲んで♪」

フローズンもさっき食べたアイスだと思えばいいんだ!ほら似てる!そっくり!甘そう!GO!と腹をくくって(バカ)口を付けるも、やっぱりただの泡だった。苦かった。どうしてこれが美味しいと思うのだろう。早く大人になりたい(←十分おばさん)。
でも出てくるお料理は美味しくて、美味しくて。何より旅行ならちょっと贅沢なことがしたくって。『昼から合法的にお酒を飲む』というその言葉にだけでも酔えちゃうほどのお調子者なので(笑)。嵐のポスターに見守られながら、ぜいたくな時間を過ごしました。

友人「今ごろあの若い子たちは、ポップコーン食べながら待ってるんだろうね」
私「大人っていいね」

…馬鹿な時間を過ごしました。(大人と書いて馬鹿と読む大人でいたい)(馬鹿な発言)

・ガーデンにいる間一度だけ流れた大野さんと櫻井さんのCM。ヲタクというのは分かりやすいもので(笑)、大野さんの声がした瞬間顔をハッと上げ、画面を見つめた集団が我々含めて3つあったので、勝手に仲間意識が芽生えました。にのあいは秋か冬にくるのでしょうか、それぞれじっと見てしまうほど良いCMなので楽しみです。

・そんな贅沢で馬鹿な時間を過ごしたあとに、再び徒歩で原宿へ移動。車の少なさに驚いたり、駐車場の値段の高さに「ありえねーっつーの!」と叫んでみたり(それを言いたかっただけ疑惑)(でも300円/15分って!うちの近所は一泊400円ッスよ!)、横づけして休憩しているトラックの運ちゃんの鼻にティッシュが詰められていたり、色々なことに気付けるからやっぱり徒歩って旅の移動手段として最適だと思います。(気づいたものの低レベルさは触れないで)
・13:30の列に並び、始めるはヲタク観察。周りの子たちが持つバッグや小物を見て、あれグッズなのか!かわいいな!普段も使える感じが誰かさんたちとは違うな!と思ったり、前に並んだ方のスマホに嵐ちゃんマークが付いていて、付けている小物が紫ベースだったことから、もしかして…!と勝手にどきどきしたり。この暑い中、黒のシャツを着て誘導しているスタッフさんが気の毒になったり。お疲れさまです。
・13:30、いざジャニショへ出陣。友人は初めてのジャニショだったのでまずシステムに驚きながら、「ああ、修学旅行の写真みたいな感じね」。ザ・的確。
・わたしの目的写真は、
Bittersweetプロモ撮影で、何故かふたり並んでソファに腰掛け何故かその距離が近くてやっぱり松本さんが口元をきゅっと引き締め、櫻井さんが少し兄貴顔で笑っているあの写真。手元でこうやって眺めるとやっぱりいったいどうしてこういう状況になったのか分からない。こうやってツーショを撮らせてくれるふたりだったとは。5人でいる中で無理やりツーショにしました感たっぷりのこれまでとは違う、ザ・ツーショットは戸惑うばかり。でもかわいい。やっぱりかわいい。
誰も知らないプロモ撮影で、「無」の表情で遠くを見ている松本さんのあの写真。ただただ、美!これは、美!
ハワイグッズの集合フォトセット撮影で、なぜか!なぜか!なぜか!このふたり/他3人に分けられてしまったときのあの写真。,鉢の写真を並べてみるとそっくりなんだから。2人の表情が、それぞれそっくりなんだから。どうしてもこういう顔を作ってしまうだなあ、その2人で指さしているのはハワイアピールなのかしら、かわいいねえ、かわいいねえ。
以上の3枚。

それぞれ2枚ずつ買いました(ノ´v`* )大人(ノ´v`* )(大人と書いて馬鹿と(略)

ジャニショデビューの友人が「この翔くんかわいい〜あ、これもかわいい〜」と言いながら紙に記入していくのが何とも嬉しく思いながら、「わたし、このやまたろ良いと思う!買って!」と押しつけながら(笑)、しっかりと自分用を吟味した結果、

アラシ7種類、コンゴウ15種類、マツモトジュン11種類のお買い上げ。

たくさんの泣き虫や筋肉アピール木へんやかわいい風っ子や5ショットなのに微妙に隙間のある2人の距離や、たくさんたくさん愛でたいものがある中で厳選した結果なのですが、前回のマツモトジュン圧勝と比べコンゴウが勝ったひとつの原因は良く分かっている。そう、

茶髪だからですね(´;ω;`)

かわいいんだ、かわいいんだけど、LOVEに関するマツモトジュンはほぼ全買いだったことと比べるとやっぱり原因はそこかなって。黒髪の松本さんから溢れていた色気を改めて確認したジャニショだったよ。いつまでだって待ってる。

それでもあの写真△両硝椶気鵑痢嵬機廚覆里防困Πソイ呂垢瓦惹かれる。これは久々に額縁に入れて飾りたい部門の松本潤。彫刻のようなのにやはり人間だった松本潤。

・お会計は2時間待ちと言われるも嵐コーナーの近くで待てるのでこれまた贅沢な待ち時間。あのリダが、あの相葉さまが、あのにのちゃんがとああだこうだ話している中で漏れ聞こえてくる、周りの嵐ファン以外の声。若い子から聞く「あーやっぱ松潤ってかっこいい」「王子様やな」の声に思わずふふっと笑って心の中でお礼を言ったおばちゃんです。改めて伝えよう。ありがとう、そのまま大きく育て!夏休みの宿題頑張れよ!(余計なお世話)
・レジのお姉さん方の素早さにやっぱり感激しつつ、確認するために写真を並べられるあの恥ずかしさといったら。

・無事に買い終わり、竹下通りをチラリと見るだけで原宿の雰囲気に圧倒されて満足した田舎民はそそくさと原宿を後にし、水道橋へ。15時過ぎにホテルへチェックイン。しばらく足を休め、買ってきた写真をベッドに並べて眺めて目を休め(笑)、向かうは本旅行のメイン会場。
・東京ドームシティホール!
・会場へ近づくにつれてどんどん濃くなるヲタク人口に、昔はびくびくしていた自分もちょっとわくわくするようになって、あら、ちょっと成長したかしらなんて思いながら、グッズ列へ。押してもらった☆★☆スタンプがかわいい。そして、こんなにさくさくと進む嵐グッズ列は初めてでした。
・グッズ購入後入場。アリーナ13列目は思ったより画面に近すぎることはなく首を痛める心配も無さそうだと一息ついたところで始めてしまうのはヲタク観察。同い年くらいの男性2人組について友人と議論していたら16:30になりました。ちなみに、ピカンチシリーズのシュールさが好きなピカンチファンではないかと結論付けましたが、スーツケースをごろごろしていたところがまだ引っかかっています。わざわざ映画を観に地方から来る人がいるのか。(オマエだ)
・そして始まったピカンチハーフ。映画前の予告が一切無い感じがとても新鮮でした。

みんなかわいくって!
とにかくくだらなくってくだらなくって!
5人でのお芝居を大きな画面で見る贅沢ってば!


やっぱり覚えているのはボンとチュウなんだけどさ(仕方ない)。ボンもチュウもとってもとっても可愛かったんだ。ピカンチシリーズのふたりはかわいいかわいいって素直に言えるかわいさがあるけど、それが残っていてやっぱりかわいかったよ(?)。時々松本さんと櫻井さんが見えるところもあったけれど(笑)。表情がころころするボンと粋がるチュウを今のふたりが演じるって…かわいい…。慎時代のボンや大学生時代のチュウとは違ったかわいさがあった。あと鉄壁so cute。
Enjoyで触れられていたように編集期間がほんと短かったのに、プロってすごいなと。本当にひとつの映画として出来上がっていた。そしてハーフの意味も理解した。まず言うべきことは、

ピカ☆☆☆ンチを楽しみにしている!(声を大にして言っていいよね)

ピカンチの作品はわたしの年代からはいつもひとつ先を行っているから、たとえばピカダブのあの葛藤は今のほうがより分かるし、このハーフにおけるそれぞれの事情についても数年後のほうがより分かるんだろうな。それはきっと5年後だから、つまり20周年のときだから!楽しみにしている!
さまざまな小ネタを発見する余裕は無かったのではやくブルレイで見たいです。可愛かったふたりのところも早く見たいです。

あと、わたしはインフルエンザで苦しんでいたときにふと見た早海さんと呼ばれる日での優しいいのっちを見て以来、V兄さんを見るときはがっつりいのっちを見ていますが、いのっち最ッ高でした。いのっち担のお姉さま方にはぜひ見て頂きたい!(←誰目線)

くだらなくってシュールで贅沢でした。彼らは彼らの抱える問題にどう向き合っているのか、5年後が楽しみです。(ある前提)

・堪能したあとは晩ご飯を食べるのにふさわしい店を探すわたしたち(ザ・ノープラン)。しかし、数時間前からわたしたちが熱望していたあるものが目に飛び込んできたので、店を探し回り始めて2分後(探し回る?)に決定。



そう、フィッシュ&チップス!
イギリスのパブに行きたいね、なんて話しながら、映画について話しながら、まったりのんびり。ただこのカクテルのアルコールがきつくってこの一杯だけでぼーっとしてきたわたし(笑)。この友人とは数年来の付き合いなので特に新しい話でわいわい盛り上がることもなく、穏やかな時間でした。それもまた贅沢。
ここでこの旅の唯一まともな目的:高校時代の友人に会うも果たすことができました。変わっていなくて安心。彼女もヲタク気質なので、そういうところも安心。楽しい楽しい時間だった。若干記憶おぼろげだけど。このお酒強かったんだ。

・彼女と別れ、ホテルに戻り、まずしたことは、

「櫻井さん、今日もおつかれさまでございます」(テレビに向かって一礼)

普段ZEROの時間まで起きていることはほとんどないので、旅行の贅沢をここでも噛みしめながら、櫻井キャスターに挨拶。いつもより近いところにいるよーなんつって。非常に残念なヲタク旅行です。
・イチメンまで見たあとでお風呂に入るとすっかり目が覚めちゃって、ベッドでごろごろしながらピカンチパンフレットを眺める。ごろごろ。ぺらぺら。ごろごろ。ぺらぺ…

「キリンさんが好きです」

(°д° )

おかげで完全に眠気が吹っ飛び寝たのは3時。起きたのは8時でした。わたしにとっていつも起きる時間に寝てしまうという最悪の事態。

♯2日目(8/12・火・曇り時々雨)

・昨日会った友人から、やっぱり今はスカイツリーじゃない?と聞いたのでこの朝はスカイツリーに行く予定だったのですが、起きた途端「これはスカイツリーは無理だな」と悟るわたし。寝坊した後って寝起き直後とは思えないほど脳が冷静な判断を下しますよね。人間の脳ってすごい。
・のんびり支度して9:00から朝食、10:00ギリギリにチェックアウト。品川に荷物を置いたら、本日の第二メイン会場へ。

汐博
・ここが汐留か、ここが日テレか、日テレジャックをするときはここにいるんだなぁと思いながら、志村さんコースターに笑いながら、PONの生中継スタジオを見て「岡田さん!」と芸能人を見た喜びを感じながら(笑)(ザ・田舎)、突き進むとようやくたどり着いたハワイグッズ売り場会場。
・ひまわり!(第一印象)(何の関係もない)
・集合時間までは少し時間があったので空いていたベンチに座って、ここでようやくハワイグッズ詳細を見ました。写真集だけは買うと決めていたけれど、他はどうするか決めていなかったのです。どうしよう、どうし、ハッ!

く、クリアファイルの松本さんが素敵…!

今手元で眺めても思います。そして売り場でじっくりと見ても思いました。クリアファイルは今回全員が全員素晴らしいビジュアルですね。友人も「この翔くんかっこいい」とクリアファイルを買って以降2日目は何度も何度も繰り返し言っていましたが(笑)、うん、どれも良い。
そして集合フォトセットに何故か、なぜか、なぜか(まだ言う)、紛れ込んでしまったおふたりのこともここでようやく思い出す。アロハ〜♪の2人は3人のぎゅっとした距離感とは違って表情もどこか締まっていてそれがまたいい。買います。トランプは買う以外ないし、アロハシャツなんてきっと二度と無いだろうから買う以外ないし、クリアファイル集合Bの松本さんの表情が何かで盛り上がる兄ちゃんズの話を聞いて笑う顔でとても好きだから買うし、マグカップは家で使えるし、うちわは何だか色あせて見えるし(?)、結局グッズ売り場にきたらそのつもりでなかったものまで買ってしまう。なんてったって祭りだから。
・そうやって理由づけて早速グッズ列へ。若い子たちが可愛くて胸躍らせていたら、問題発生。

嵐の曲が流れてる…!=体が動いてしまう…!

歩きながらLet me downを聞いていたらついつい体を動かしてしまい、2番が始まる前のターンッタタタン♪のところでしっかり体を止めたら後ろからチャリに激突されたり、
車を運転しながらWelcome to the partyを聞いていたら信号待ちのところでついつい手を動かしてしまい、前を横切る歩行者に二度見されたり、
それでもこの曲がかかっていたら体を動かしてしまう癖をやめることができないわたしは、ついついStep and goとLove so sweet、Happinessのときに軽く手を動かしてしまいました。ただの迷惑行為です。
・そんなこんなで列はさくさくと進み、さくさくと購入し、念入りなお姉さんのチェックに感心し、外へ出て松本バッグに詰め替え終了。写真集が圧倒的に重たかったけれど、幸せな重さです。

・買い終わると13:00でお昼ご飯の時間。どうせヲタク旅行なので嵐関連のお店へ行きたいと考え調べていたら、ふと思いついたのはおそば(櫻井担と松本担だからね)。おそばと言えば、あっ!


松月庵!

「これ松月庵じゃないの」「そうだね」と言っていたここに行くしかない!というわけで混んでいたらどうしようと思いつつもすぐに移動。ふらふらと迷うこと数分辿り着いた松月庵。このバイクはまさにあの配達バイクではないかと興奮するヲタク。不安になりながら入ると1階には昼休憩中のサラリーマンがお二方いらっしゃっただけだったのでほっとしながら着席。店内にはたくさんの一番搾りポスター。目に飛び込んできたのは、ハワイうちわとマグカップ。ちょっとふわふわした気持ちになりながら注文。友人はさすがのタンメン。わたしは食べたかった冷やし鴨。


麺が柔らかくてとってもとっても美味しかった(*´▽`*)
そういえばこんなに本格的なおそば食べたの久しぶりだった(*´▽`*)
そば好きなんだ(*´▽`*)


テレビで流れていた甲子園を楽しみつつ頂いていると、サラリーマンの方々が去り新しくやってきたのは女の子一名。こういうお店に女の子ひとりで来るのはこの理由以外無いと分かっていらっしゃるのか、「どうぞ相葉席へ」というスムーズな対応をするお姉さん(笑)。ちなみに相葉席とはマネージャーさんと相葉さまが2人で来たときに相葉さまが座った、入ってすぐ右手にある席のこと。
それからその女の子、そしてまた後からやってきたお姉さま方お二人を交えて、フレンドリーに温かく接してくれた松月庵の方々。さすが慣れていらっしゃって、店の外で女性がふらふらしていたら「きっとあの子もそうだ」と話していたり(笑)、ハワイうちわで「暑い中こんな熱いもの食べて!」と言いながら仰いでくださったり、それらのグッズはお客さんからの頂き物でどうせだから何か今度もらってきてよ!なんて奥で料理をしているあの配達をしたお父さんに話していたり、九州出身のお母さんとこちらの豚骨ラーメンは豚骨ラーメンではないなんて話をしたり(笑)。デザートで出てきたスイカを頂きながらこの後のプランを軽く友人と話していると、


嵐スポット一覧を見せて下さったり。
改めてこれ見てみると内田篤人の回って書いてあるから最近誰かが書いていったんだな、これは(笑)。

お蕎麦は美味しかったしとても温かかったし、なんだかとても心が安らいだ場所。有難うございました。

・しかしこの地点で14:30。17:00には羽田に着きたかったわたしたちはあまり時間が無い&ヲタクごととは別に仕事関連でも行きたかった場所があったので、見せて頂いたスポット一覧はまた次の機会に巡るとして、


ずっと行ってみたかった国立国会図書館へ。登録をしてあれこれ仕事の調べ物をして、こんな面白いところ1日ずっと居られるわ…と思いながら、新聞のコーナーへ行くと手に取ってしまうのはやっぱり1999年11月3日(自分の生まれた日ではないところが残念)。テレビ欄。

とくだねの中に▽嵐生出演を見つけて思わずにこにこ(*´▽`*)

また東京へ行く際には必ず訪れたい場所が増えました。
国会議事堂首相官邸も初めて見て、警備員さんの多さに、横付けされているパトカーや警護車に、車が少ない東京だけどここを走る車はやっぱりお高そうなものばかりだったことに(笑)、興奮した永田町(感想が中学生レベル)。ここにはきっとこれから複数回来なければならないだろうから(笑)、またよろしくお願いしますと挨拶をして…

・羽田へ。お土産は家族にも職場にもハラダのラスクと決めておりました。だってみんな大好きなんだもん。お土産を買って、50分ほど遅れるというアナウンスがあったので夕ご飯も買って食べて。友人が国立写真集を開けて見始めたので、ちょっと横から覗きつつ。満席の鹿児島便に乗り、東京を後にしました。あっ、忘れずにSKYWARDももらったよ(最後までヲタク)。
・帰宅後すぐに見たのは5/3のしやがれ(松月庵を確認)(帰ってもヲタク)。

以上、やはりぐだぐだと長くなりました。お付き合いしてくださった方がいらっしゃったらただただすみません。自分の覚書として残しておきたかったのです。やっぱり旅行はいろいろな出会いがあって楽しいね。江ノ島旅行を思い出した今回の旅。次はぜひツアーと合わせて行きたいです。頼むよ、神様。

それでは失礼いたします。残りの夏休みは飲み会ばかりだよ…!

| その他 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 10:58
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








やよいさん、東京旅行楽しかったんですね。何よりです。
私も数日後に同じような旅行に出かけます。ヽ(^o^)丿
ピカンチハーフもグッズも楽しみです。
子供たちが自立して夫婦2人暮らしになってから、仕事の合間を縫ってアラシゴトに遠征しやすくなりました。
私は黒髪も茶髪も大好きですが、今回のニューヘア、パリの道明寺ヘアはせめて、前髪をふんわり垂らしてほしい。
ヘアスタイル1つでテンション上がったり下がったり、と潤くんに翻弄されながら、毎日楽しくて、やはり潤担はやめられない。
posted by kawasemi | 2014/08/15 4:48 AM |
>kawasemiさん

kawasemiさん、こんばんは!
わーい、再びコメントありがとうございます。やっぱりコメント頂けると嬉しいです。うふふ。
あっ、もしかして今旅行中なら?それとも帰ってきていらしたかな?kawasemiさんもご旅行楽しまれましたか?ピカンチハーフはいかがでしたか?
ふふふ、わたしは前髪まで上げる派ですが、潤担のなかでも分かれるから面白いですね。いったいあのクルクルからどうなるんだろう。本当にヘアスタイルひとつでいまだころころ転がされるから、メリハリが合って楽しいですね。これからも翻弄させてくれ!(笑)
posted by やよい→kawasemiさん | 2014/08/17 6:26 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/873
<< NEW | TOP | OLD>>