月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
奄美にいらっしゃい! 19:04
忘年会シーズン突入ですね。こんばんは、やよいです。
おととい、きのう、一日空いて、明日も。一体何をそんなに忘れたいのかというほど重なる忘年会ですが、忘れるどころかほぼほぼ泣いて終わっている毎日(笑)。正直なところ、たくさんアドバイスされ指摘されるのだけど、お酒が入った先輩の仰ることは非常にあやふやで、理不尽だったりわたしの納得いかないことだったりすることが多くて、でもその場では受け入れる姿勢を見せる自分がいて、それが申し訳ないやら悔しいやらで…。あなたは甘えたり人の懐に入ったりすることが下手なんだから、仕事を精一杯するしかないって、まあ、そうなんだけどさ。そうなんだけどさぁ…。
という、自分自身でどうしようも出来ていないくだらない私事から始まってすみません。この職場に来て一年目、いまだ自分がこの職に本当に合っているのか、まったく自信の持てないままですが、2年前にここで頂いた言葉がわたしの支えになっています。そんな自己満ブログにいつもお付き合いいただいている皆さま、本当に有難うございます(笑)。
それでは、以下切り替えて。

#うらあらし

ソーキュート(ノ◇≦°)。(切り替え早ぇな)

札幌ドームで最高動員数だったことをMCでも何度も言っていたらしいけれど(笑)、そんなに嬉しかったのね。美味しいものも食べることができて良かったね。スタッフさんとのイントロクイズ盛り上がっただろうね。あなたが大人げなく勝ちにこだわる姿が目に浮かびます(涙)(待て)。若いジュニアの子たちと話が出来て良かったね。5Days!!!!!←しっかりエクスクラメーションマークが5個なんだね。そこまではふわふわ可愛かったのに、突然映像撮りのためにしっかりと準備するように求める完璧主義者よ。ファンライトによって演出の一部としてコンサートに参加できるようにしてくれたファンへ、演出の一部なのだからと「お願い」する松本さんよ。好きだよ。昨日が映像撮りだったようですが、松本さんの願い通り綺麗な景色が残ったのかな。ブルーレイでファンライトの動きを見ることも楽しみにしています。
そして、

「櫻井くんのレポートですね!」

気合いの入った松本さんによる櫻井さんのレポートがかわいくてかわいくて、翌日わくわくして昼休み覗いたら更新されていなくて、その夜同じようにわくわくして覗いたらやっぱり更新されていなくて、『いつかと同じでカフェ探してるのかな(´・ω・`)』と思いながら次の日のお昼にチェックしたら更新されていて、1日焦らされたぶんわくわくして読んじゃったんだけど、案の定かわいくって、自分で頬の動きが自覚できるくらいにはにやけちゃったよね(ここまで長いな)。

まさかのスウェットレポだし札幌関係ないし(´;ω;`)
「本人曰く」ってインタビューでもしたのかなこの人(´;ω;`)
しかも、オシャレのレベルのところって恐らく笑うところなのに「こだわりですね!!」っていや十分つけ麺とか持ち込むあなたもどうかと思うけど(´;ω;`)
本番前に準備をしていた『ようです』→曖昧なのは本番ぎりぎりまで準備をするさまも自分たちには見せないからです→なぜそんな大切なお仕事前で沢山準備することもあるだろうに、そのような姿を4人に見せないのかというと→前々からいろいろと準備をしていたからでしょうねって、この一連の思考回路が言葉足らずで、でも分かりやすくて(´;ω;`)
櫻井さんは見ないのに「お疲れさま」で〆るあたりがあの人らしくって(´;ω;`)


わたしはふたりがどんなときも『お疲れさま』と労わりあうところが好きです。「今日もお疲れさま」な独り言も、『観光大使ポスターと天然』の写真を送ったときの「会いたくなくても会えます」「すごいね、見たかったです!お疲れさまで〜す」「お疲れさまです、頑張ってください」というメールでのやりとりも、音楽のちからラストの「櫻井さん、長丁場お疲れさまでした!」も。『お疲れさまです』って良い言葉です。最後にそのことばが添えられていたことにとてもキュンとしています。
そして、何しろ、

やっぱり松本さんのことばで櫻井さんのことが綴られるってなんだかとっても…!(ごろんごろん)

こちらが思わず相槌を打ってしまうような、櫻井さんが思わず『語尾がかわいい』と言ってしまうような、そんな松本さんの綴るふわふわきらきらした言葉たち。でも今までEnjoyに櫻井さんが登場したことはたしか無くて、アイスを巡った『ありがと、赤い人』以来になるのでしょうか。かわいいなあ。綴る言葉がかわいいのに櫻井さんのこととなるとよりかわいいなあ、と感じてしまうのは自分がおふたり贔屓だからというのは重々承知しております(笑)。
こういう機会でもなければなかなか見ることはできなかったと思うので、松本→櫻井レポを見事当ててくれてありがとう。

#にのちゃん映画

にのちゃん!おめでとう!おめでとうが続くね、にのちゃん!おめでとう!

これはまたまた大きなお仕事。わたしはフリーター、家を買うがだいすきなので(実はときどき見返す)、どこにでもいそうな息子を演じるにのちゃんがだいすきなので、演じると言ったらにのちゃんなので、にのちゃんの演技仕事は本当に楽しみです。また刺激を受けて大きくなっちゃうなあ、にのちゃん。すげぇや。
…松本さんは、旅行番組か語学番組か料理番組か、何かレギュラー番組をしないかなあと思っているよ。贅沢でごめんよ。

さて、それでは以下は番組メモに参ります。ぐだぐだでございます。

いつも温かい拍手を送ってくださる皆さま、本当に有難うございます。わたしの不手際で以前まで付けていた拍手が消えてしまったので、改めて付け直しました。拍手を頂けると、わたしぐだぐだだけどここで吐き出していいんだ…!と思うことができるので(これぞ自己満)、本当に嬉しいです。以前まで頂いていた拍手コメントは大切に保管しています(変態チック)。これからもどうぞよろしくお願いします。
#しやがれ(12/13)

・教室セットはいつもゲストに合わせたものなのにいたってノーマルです。教室の窓から見える風景も「我らの東京ですよ」「我らの、ごめんなさい」「うわぁ東京に染まったなぁ!」。東京に染まっちゃった相葉さまを後ろから見る松本さんの目がいたずらっ子でかわいいですが、この教室一体どれだけ都会にあってどれだけ標高高いんだ(笑)。
・剛さん、いらっしゃいませ!一言目が「大仏」な剛さんはセットにご不満ですが(笑)、先輩方がいらっしゃったら恒例になっていた、イントロクイズでついつい体が動いちゃう嵐を見ることができなかったことだけがわたし不満です!キンキ兄さんのうしろで踊ってこそやで!
・剛さんの言葉にひとつひとつ反応していく後輩嵐が小動物でかわいいです。ビーバーみたい(笑)(お前ビーバー詳しくないだろ)
・フラワーアレンジメントでご指名の「潤松」さん(笑)。

「あれよね、金田二やってたよね」「いやいや、金田一です」「一で二ですね」「金田一…」「二代目が…」

金田二は思わず吹き出してしまいましたが(笑)。松本さんのツッコミがちょっと遠慮がちなところとか、櫻井さんが先輩のボケの補足をしているところとか、やっぱり後輩ポジの嵐はかわいいなぁと目を細めて見てしまうところです。
・壁に映った花の影を見ながらレコードを聴く剛さん:「オシャンティ〜!」「シャレてるなぁ!」。オシャンティって久々に聞きました。
・剛先輩が花を選んでいるときにオアシスをぷつぷつ指している櫻井さんはその感触がお気に入りで?あれだね、手のひらの肉球っぽいから?(←この前久々に何かのひょうしで櫻井さんのこのフェチを思い出してじたばたした)
・先輩の後を追って選んでいるので無意識のうちに同じものを選んでしまい、「すげ、すげ、持ってるものが全部被ってる」「モロ被っちゃったなぁ」櫻井語録:モロ被る(動詞)
・そうやってモロ被りながら選んだ松本さんのお花は、被らないように意識したのか何を意識したのか分かりませんが、『やや赤が多めです』。やや、赤が、多めです…(ピクッ)と反応しちゃったけど、いやいやそんな低燃費なって一旦そのアンテナ閉まったんですよ。閉まったのに。
・花を生ける段階で戸惑ってしまった松本さんへの先輩からの有難いアドバイス。
「お花と…」「お花と聞いた方がいいよ」「お花に話しかけたほうが良いよ」「お花に聞いた方がいいよ」「聞いてあげて」→話しかけようとしていったんやめて→「おいお前どうしたいんだ」「(コクコク)」「中山きんにくん的な」「んふふ、ちょっと出口が見えない」「んー」

ハァかわいい(*´v`* )


にのあいに仕掛けられ、先輩が乗っかったので無下にできず、お花に話しかけようとするんだけど最初はタイミングが悪くて(←こういう松本さんにとてもキュンとするんだけど何故だろう)(知らんがな)、いざ話しかけたらなんか声が低めのマッチョ系になっちゃって、リダが頷いてくれて、櫻井さんが拾ってくれるこの流れ。出口が見えないと分かっていながら松本さんがこういうことをやっちゃうという年の流れ。
・苦戦する松本さん。「これやってみたら超ムズい」と言いながら枝を刺していく松本さんに何か言いたげな櫻井さん(笑)。そこをつっつくのはにのあいで、
「もうだって、Jのジオラマみたいになってるじゃん」「生きてる感じがしないもんね。なんかね」「え?」ピンッと立つ枝を真似する櫻井さんと相葉さまの言葉に笑ったあと櫻井さんに続くにのちゃん。

え?と相葉さまに笑う松本さんも、真似するやまたろの並びも、すべて含めて平和だなあ(ほのぼの)。


・そうやって試行錯誤して出来た松本さんの作品。赤を基調とした」「それとは別のっていうので対比を作りたかった、です」

赤を基調としたメインの花々と、それと対比して添えられた紫…(ピコーン)(センサー高反応)

これは仕方ないよ、仕方ないよね。そうか、赤と対比して添えられる紫か。そうか。そうか…。と、しばらく一時停止して松本さんの花たちを眺めて味わっているとそのとなりのオアシスがかわいいことになっていました。また櫻井さん綺麗にぷすぷす刺したな(笑)。それにしても赤と紫。ふう。
・「高所恐怖「翔」」←ここかわいい(笑)。
・鶏飯きた!わたしの唯一の得意料理でわたしが地球滅亡の前の夕食に食べたい鶏飯きた!鶏飯担としてはこのしやがれで松本さんが鶏飯のケータリングと出会い、ラッキーセブンや陽だまりの現場でそれをおすすめしたという情報だけでもう舞い上がるほど嬉しいのに、さらにそれを上回る鶏飯ネタをありがとう!(お前鶏飯の何)
「鶏飯は、松潤好きじゃないの?」「俺好き、俺、今冷凍庫に保存してます」「意外に潤松が」「はい」「意外に潤松好きなやつです」

なんだと!(*´▽`*)

鶏飯担としてこれ以上ない喜び!(だからお前鶏飯の何)
松本さんが鶏飯が好きで、櫻井さんがそれを知っているくらい好きだということをいろいろなところで恐らく言っていて、まさか冷凍庫で保存までしていて、鶏飯担としてはこれ以上ない喜びです…とっても光栄です…いったいどうやって保存しているの…いつでも届けてあげるから言ってくれればいいのに…(恐怖)。
やっぱり現場の味にはどれもこれもかなわないので一度奄美に遊びに行ったらいいよ。夏に行ったらいいよ。是非ともいらっしゃいな。そのときには案内するよ!(要らん)
いやあ、櫻井さんがよく仰る『松潤、○○好きじゃないの?』に鶏飯が加わったこと、非常に感慨深いです。
・鶏飯にはあとみかんの皮が必要です。
・鶏肉むしむしはいつもわたしが物心ついた頃からしていたお手伝いだよ(涙)。櫻井さんってばじぶんが半分に割った鶏肉はもう飽きて放置しましたね(涙)。
・嵐が鶏飯を美味しい美味しいと食べている。「なんかさらっと食える男飯って感じだよね」「そうだよね」。鶏飯担、この回宝物にします。

・突然のMCMJ再び。「MCMJのコーナーでございます」始まりからだいぶぽてぽてな喋り方です。
・いつも何かしらグレードが上がっているMJさん。前回から常備されている加湿器に、
「今日はね、なんとこのアロマ、ローズの香り入ってます」「ご存知かなぁMJは」「はい」「テレビで唯一伝わんないのが香りなんだよ」「っさ、今日はですね」「聞かねー!」

仰る通りで(ノ∀` )シビアなツッコミがあって成り立っているMCMJですいつもありがとうございます(ノ∀` )

・ゲストが登場してMJさんがエスコートする形になったらしい今回のMCMJ。しかし迎えに行くところで思いっきりゲストに被ってしまい「被っちゃってる」とツッコまれる始末。どこか残念なMCMJさんらしいです。そして迎え入れる態勢のはずの櫻井さんは何故ずっと腰に手を当てていらっしゃるのでしょう(笑)。ツッコむところが多すぎてあきれている状態のようです。
「MCMJのぉ」「ハッ」(←笑うの早い)「っふふ」「舞を落とすぅ」(←つられて笑っちゃうMCMJ)「っ」「4つの秘密」「聞こえないんですよ」とツッコまれるタイトルコール(?)ですがそのあとに映った兄ちゃんたちがなんだか楽しそうに笑っているのでそれで良いです。脚をぱたぱたさせている櫻井さんもなんだか楽しそうなので、それでいいです(*´v`* )
・舞ちゃんの素敵な写真集で盛り上がっていたのに突然の「女の子ってワガママな生き物なんだよね」というMCらしからぬ次の流れへ進みたいがためのその場を無視した発言に、
「どうした?」「ちょっとごめんなさい」「台本スイッチがちょっと、確認して」「こっから、こっからです」「どういうこと」「わたしがちょっと早かったのかもしれない。ごめんなさい」「頼みますよ、もう」

本当にいつもありがとうございます>やまたろさん

松本さんの手カンペを確認したにのちゃんと櫻井さんによるいつもの即興のやまたろコント(出来ない後輩:にのちゃんとデキる先輩:櫻井さん)までありがとうございます。やまたろのツッコミによって成り立っているMCMJです(本日二回目)。
・大阪⇔東京間を夜行バスで帰ってきてほしいという舞ちゃんに、
「僕の理屈で言ったら5,6時間それぞれに寝て、で、その分の時間を別に新幹線の3時間で担保した方が2時間分の余裕があるから」「ハイ物理!ハイ物理でましたよ!どうですか、私もこの意見です」。やまたろがかわいい(笑)。
・MCMJのアタック音まで出来ている…!
「いちにちめぇるごじゅっかぁ〜い!」←MCMJさんなりのわがまま女のものまね(笑)。それほどメール(というかLINE)を欲する舞ちゃんのための企画です。
「嵐の中で誰が気の利いたメール返信が出来るのか、やってみたいと思います」「ハァ?!」

櫻井さんのあたりが強い(*´v`* )(キュンとすんな)

・舞ちゃんが作ってくれたお題:「今からお風呂入るね!悪い子してない?」を読む松本さんの声がワントーン上がっていて楽しんでいることが良く分かります。トリプルアクセルメールに笑ってくれた天然さんがスマホをいじる姿が新鮮でときめき、櫻井さんの同じく笑いながらももう一度お題を確認して「あ゛あ゛ん」と喉を整えた姿にキュンとしています(分かりづらい)。なんだか先ほどから櫻井さんが舞ちゃんの素敵なわがままっぷりに何かを考えているような表情するけれど、どうしたの?そういうお付き合いがあったりするの…?(キュン)(だから分かりづらい)
ってキュンとしていたら「ちょっとこれ良い?いってみて。い、いくだけいかせて」「はい」と櫻井さんがトップバッターを申し出たのでやっぱりきょうはやる気が違うなと思いながら見ていました。綺麗な顔立ちの舞ちゃん、好みですか。

『じゃあ、俺も入るね。悪い子、確認してきます。』
「い、いいっすか」「はい」「確認ってなんすか」「っはは。舞ちゃん的に悪い子か確認できてないから」「うん」「ちょ、確認。俺も…」「ふふふ、自分自身、風呂で確認するの」「か、かくにん」


このひとたち(ノ∀` )(ケラケラ)

句読点の付け方が櫻井さんらしくて、『確認』という言葉が櫻井さんらしくて、櫻井さんにツッコむ松本さんが相変わらずのッス喋りなところが松本さんらしくて、櫻井さんがいまいち説明できていないところが櫻井さんらしくなくて、とりあえず、このひとたち(ノ∀` )夜22時(ノ∀` )
・にのちゃんが相変わらずズルすぎて。リダが相変わらずの顔芸だけど「ゆっくり入ってね」の一言はかわいくて。相葉さまの「のぞきにいっちゃうぞ」にキュンとした。だって相葉さまだから。
・舞ちゃんがオチる言葉。「アスリートあるある」だというヒントの上で、答えは「スッピンの舞が一番好き」。いったいどの辺がアスリートあるあるだったのかまったく分かりません。MCMJのことは分からないくらいが楽しいので良いです。
・これに正解するあたりがさすがのリアルモテ男・相葉雅紀です。そして、MCのくせに中立ではなく自分を推しはじめる自由なMCMJさん。
「俺は、スッピン、好きです」「ちょっとごめんなさい」「いやいや、ちょっと待って。俺らだって好きだわ。急にさぁ、二馬身ぐらい先走んないでもらっていい。俺らも好きよ」

本当にいつもいつもありがとうございます(ノ∀` )

やまたろのおかげで成り立っているMCMJです(本日3回目)。櫻井さんのツッコミが強くてキュンとしているわたしです。そのツッコミを聞いてMCMJさんもふわふわと楽しそうに笑っているので本当に有難うです。あの人がこういう立場になると、櫻井さんは、にのちゃんと目を合わせてツッコミをにのちゃんに譲るか、自分が先に出るかのふたつのパターンがあってとても面白いです。やまたろのふたりは相葉さまやリダに対してもそうだけど、2人は天然さんとして長年所謂ボケの立場にいたから、何を繰り出しても対処しやすそうだけど、あの人の場合突然とんでもないところから変化球を投げ込むので(笑)、ぱっと視線を合わせることが多くて、にのちゃんは視聴者を介したツッコミを、櫻井さんはストレートにツッコミをするので、とても面白いです。本当にそのふたりがいてこそ成り立つ企画です。これからもよろしくお願いします(深々)。

#ぶっきーVS(12/18)

ブッキーが来たよー!念願の嵐レギュラーにブッキーだよー!「ブッキー」という言葉だけでお客さんがワアッとなってしまうくらい待ち焦がれたブッキーだよー!
・ブッキーの最後のバラエティー番組:「俺、最後に見たの」←なぁに?
・クリフクライム対決:「事前にメールして是非やりましょうって言っておきました」「じゃ、じゃあさ、そのー、二人の対決をさ、その得点と別で」「はい」「してもらおうよ。どっちが速くいけるか」「あっ、秒数ね」「秒数」

さすが松本さんGJ(*´ω`)b

番組が面白くなる術を分かっていらっしゃる!仲良し対決を生かした演出を分かっていらっしゃる!櫻井さんファンの皆さんのニーズ(推定)を分かっていらっしゃる!
・ブッキーが素晴らしい記録で終えたので緊張まっくす状態の櫻井さんに、経験値が上なんだから大丈夫だよと励ましという名のプレッシャーを与える四人(笑)。「だって(お台場の指)行ったこともあるわけでしょ?」「行ったことない」「初めてなの?」「初めて」。まだ指は未体験でした。
・櫻井さんの次に上る相葉さまはもう二人対決は負けるものだと無意識に思っていて(笑)、それを末ズに指摘されて手を合わせて謝る相葉さまがとてもかわいい(笑)。口を開けてごめんなさいって謝るその表情はとてもにのちゃんに似ていた。ふふ。
・そして始まった櫻井さんのクライム。こういうときに飛ぶにのちゃんの大きな声が大好きなわたしですが、

今回ばかりはそんなサポーターチームが申し訳ありませんでした(笑)。

前半で3本ミスをするというぐだぐだぶりだったにも関わらず、それでは納得がいかなかったのか、櫻井さんが右側を上っているときも、その前から右に待機していたプラスワンゲストへグリップを渡さず、自分が移動している松本さんです。もうミスはしていられないと、その前のミスをカバーするかのように自分が移動して待機する松本さんです。おかげで一回で綺麗に通りました。それほどまで櫻井さんの勝利に貢献したかったのです。お許しください(笑)。
・勝地くんによる末ズ暴露。いつものごとく(笑)、呼ばれていくと先輩がいてにのちゃんからはおごられた覚えがない+いつも松本さんにはご馳走になっていますというお話だったので、
「相殺だ、相殺」「相殺だね」「ふふふ」「相殺、相殺」

末ズ相殺(笑)。

すぐに相殺という言葉が出てくる櫻井さんよ。末ズ相殺ってなんかもうその字面が恐ろしいわ。
・亀ちゃんに対するリダにやいのやいの言う松本さんの近いこと(笑)。あの距離からリダを見るって素晴らしいポジションにいることよ。
・飯尾さんににこにこ笑う松本さんはやっぱりニットキャップの影響で幼くてとてもかわいいです。そんな松本さんに関する勝地くんの暴露話が、相変わらず張り切っちゃって結局空回りの松本さんで、もうそのエピソード込みでやっぱりニットキャップかわいいです。空回りする松本さん……(キュン)。

・大笑いするとちょっとくねっとして床に倒れこんじゃう松本さん。かわいい。

「もう赤だけでいいよ」「そういうことだよね」「うん」←首ごと頷くこういう相槌が好きです。
つまおがまたちょっと緊張モードに入ってますね」。ここからちょくちょく出てきた「つまお」呼び。そのたびにキュンとしていたわたしです。やっぱり仲良しの方が来ると良いですね!ちょっと違う顔が見えていいですね!
・末ズのふたりだと「いいよ、先」ってにのちゃんが松本さんに言って先か後かが決まるんだね(メモ)。しかしそうやって松本さんが先になった結果、1st、3rd、5thそれぞれ真ん中で兄ちゃんズそれぞれがパーフェクトを決められたものだから一度も蹴ることができず(5回目は蹴ったものの意味がなく)、なんだかあなた最近満足に蹴ることができてないね?って思わず笑っていたら、

「いやぁ、あのねぇ、なんだろ、蹴れてないんですよ「俺はぁ、1と3と5やったんすよ」「1,3,5」「あっ…」(←ここで察したらしい櫻井さん)→確認→結果不完全燃焼な男よりひとこと「一個良いですか。俺のなんかこのヒリヒリした気持ちを返してくれ」「いやっ、でもね!取ったから」「いやでも」「やー、ねぇ」

ふふふ(ノ´v`* )

にのちゃんがこうやって振ってくれたから、不完全燃焼男も最後に訴えることができたし、それを見て「なんかあの人最近蹴れてないな…」と思ったヲタクもなんだかすっきりしたし、それを聞いた兄ちゃんズがふふふと楽しそうに笑っているからヲタク幸せだし、ありがとうにのちゃん。接戦だからいっぱい点を取らなくちゃいけないとわくわくしていて、ヒリヒリしていたのに、結果その前でパーフェクト取られちゃって、良いことなんだけど、いまいち喜びきれなかったね。ふふ。かわいい。かわいいよ。
・それにしても「つまお」と櫻井さんがたまらなかった回でした。最後のターゲットが出てきて、ブッキーが胸に手を当てて櫻井さんを振り返って櫻井さんがそれを見て手を叩いて笑い応援してるのとか。しやがれの方にもまたいつか来てください。ゆっくり櫻井さんと話をするところを見たいです。

#しやがれ(12/20)

・しゃべくりで会えなかった上原ひろみさんにお会いできて本当に嬉しそうな松本さん。
「めっちゃテンション上がってます」「松本くんはファンとしても」「大ファンです」「目の前で聞けるっていうのはやっぱり嬉しいですか」「めっちゃ嬉しいです」
こんなにストレートに『嬉しい』を表現できるのはこの人の持つ魅力だなあと思うし、とても羨ましいところです。聞いている間もずっと嬉しそうで、楽しそうで、幸せそうだった松本さん。素直で、分かりやすくて、かわいい。
・それにしても上原さん自身も楽しそうで、ジャズがとても心地よくて、ピアノだけなのに迫力が凄くって、本当にいろいろな形のエンターテイメントがあるんですね。わたし都会に住みたいとはまったく思わないけれど、こういうエンターテイメントに触れる機会が多くなるというところはとっても羨ましいところです。
「俺今なんじゃこりゃだもん」「でしょ?」←かわいい。満足していてどこか自慢げな松本さんかわいい(笑)。
・能年ちゃんに被ってしまっているので相葉さまの二の腕に手を添えてぐいっと寄せる松本さん。まったく泣き虫さんがかわいくてかわいいが過ぎで困っちゃうよ。
・嵐 パーティーピーポーで検索したらにのちゃんが出るんですか(ケラケラ)。
・どこかのお家でクリスマスパーティーと言えばきいちゃんをゲストに迎えたおふたりのちゃんですが、もうあれから3年経つなんて衝撃です。「ルネッサーンス!」「元気かなぁ」のやりとりや腕立てロングブレスから3年経つなんて衝撃です。…3年経つんだって…。
・3年前はじゃんけんで負けてツリーになったツリー翔さんですが、今回はトナカイ帽子を見つけました。「おっ、自ら行く」という言葉通り自ら被りにいきましたが、「じゃんけんする?」といつも通りの嵐ジャンケン。一回戦では負けた松本さんが残りのメンバー(能年ちゃんと櫻井さん)を確認して、「これ俺負けちゃだめだー俺負けちゃだめだー」と自分で言い聞かせるところがあの人らしくって、そして今日楽しそうで、良き哉良き哉(目を細めながら)。

しかし負けたのは櫻井さんで(ノ∀` )

「さぁ行きましょう」と腕を引っ張るにのちゃん。「素晴らしいね!」とその引きの強さを褒める(笑)リダ。そして、何の役にも立っていないけれど、にのちゃんが引く腕とは逆の腕にそっと手を添えた松本さん。

そっと手を添えた松本さん。(大事なことなので2回繰り返し候)

・ピザくるくる回し。恐らく枚数が足りなくてコメントに回るやまたろ。
「あぁやっぱりJ凄いねぇ」「やっぱバンビ〜ナやってただけあるね」「バンビ〜ノ!です。布袋さんじゃないんです。それ言うと毎回流れちゃうんですよ。毎回流れちゃうんですよね、布袋さん」

バンビ〜ナいじりあざーっす!(パーリーピーポー風に)

毎回流れちゃうって言うけどそんなに映像媒体でバンビ〜ナいじりしてます?少なくともしやがれでは2回目くらいじゃない?と思ったけれど(笑)、松本さんも慣れているのか素早くて、しかもなんかプラス情報まで乗っけてきたからテレビ的にもまとまりがついて面白かったから使われたよ。グッ!(親指上げながら)
・ピザ作り。「じゃぁねぇ、俺ねぇ、ビスマルク的な方向で行くよ」「えっ、読売ヴェルディの?」→ビスマルクポーズを真似するやまたろ(にのちゃんはしゃがむところで櫻井さんはこめかみに手をあてるところ)→「違う違う、これ(こめかみに手)じゃない。これじゃなくてあるんですよ、そういうの」

なんだよ、なんだよ、かわいいな(*´ω`*)

VSで良く櫻井さんがするビスマルクポーズですが(笑)、しやがれでもまさか出てくるとは。櫻井さんのそのボケを拾う松本さんの表情が何とも表しづらいきゅるっとした表情をしていてね、先ほども今回もやっぱりツッコミが鋭くなくて「〜です」なツッコミになっちゃっていてね。お互いになんだかこちらがくすぐったくなる顔をしているからね。なんだかね。ふふ。くすぐったい。
「俺キャプテンアメリカがいい〜!」とかわいらしく言った松本さんですがその願い届かず、結局は「松本潤が溢れちゃうから」という理由で大したコスプレ感も無い可哀想な感じになりました(笑)。代わりにリダが面白すぎて。やっぱりリダはこういうことになると輝くなあ。そして、リダかどうか分からないからポーズを決めてくれと言われて決めたポーズを、「それ自分の思う大野智像なのね?」と言いながら「これがね?これがね?」と同じように繰り返す松本さんがかわいい。
・能年ちゃんの闘いたいという要望通り闘い始める5人(全員over31)。「あいむきゃぷてんあめーりか〜」「あいむぼーす」「あめーりか〜」とすぐ真似っ子しながらも盾を持ってやってきた櫻井さんとにのちゃんのふたりにどーんとする松本さんと、何やら取っ組み合いをしている天然さん。倒れるときは「うわぁ」と倒れていく5人(全員over31)。
・ピザを食べる段階になってもまだまだ続くアベンジャーズごっこで、「ハングリーハングリー」と言った櫻井さんに続いて「あいむぼす!」って言う英語での真似っ子乗っかりしたかったが故に言ったけど、この流れでは良く分からなかった松本さんってかわいいよね、にこにこでかわいいね(´;ω;`)(おい)

・ピザを切るリダが面白すぎて(お腹抱えて大笑い)。

「っふふ、キャプテンアメリカが、皿代わりに、お、お盆代わりにしてます」←櫻井さんのすることをこうやって笑いながら言う松本さんってなんか久しぶりだったかも(わたしのキュン度合調べ)(気持ちが悪い)。そして櫻井さんのキャプテンアメリカ仕様の口元が可愛らしいね。
・アベンジャーズでのコスプレでエアバンドには抵抗があるものの、エアバンドそのものにはまったく抵抗を示さないところがさすが嵐です。慣れていらっしゃる。
・センターのボーカルを務めるキャプテンアメリカに笑う松本さんは、あの頭の揺らし方がなんだか酷く懐かしい(笑)。
・2人で背中合わせとか、能年ちゃんを囲んでとか、いろいろなパターンが出尽くしたので、曲自体はギターメインにもかかわらず、

キャプテン櫻井アメリカを押しだすボス松本(*´v`* )

にこにこと腕を持って背中を押しだす松本さん。頭を動かす櫻井さんを見て楽しそうな松本さん。ふへへ。今日は良く触りますね。構いに行きますね。楽しい証拠ですね。ふへへ。わたしがふへへってなっちゃうね。

・ガッツポーズを決める洋風おせチームのかわいいこと。もう風っ子がかわいくてかわいくて、冬。
・おせちめぐりのために朝弁当を食べなかった櫻井さん。さすがの食に対するこだわり。
「ホタテちゃんいきます」「じゃ、イカさん」←久々に食材に敬称を付ける嵐を見ました。
・風っ子チーム。手カンペを持つにのちゃん。財布を握る相葉さま。フリーダム松本。
・試食:「あ〜悪いけどね」「お願いします」「早ぇな」「すいません。嵐です。すいませーん」

もう風っ子がかわいい(*´ω`*)

相葉さまと松本さんの間でどちらにもせっせと視線走らせながら視線が上のにのちゃんが可愛らしくて。
・かと思ったらこんどは、キャビアのイートインのくだりでにのあいのテンポの良い掛け合いを、松本さんがどちらの表情も見ながら楽しんでいてハハハッと笑うの。かわいい。風っ子かわいい。
・店員さんが更なる高級食材を持ってきて慌てる風っ子。「なんか出てきたぞ。こわいこわいこわい」と相葉さまに言う松本さん。「僕ら買わないですよ」と顔の前で手を振る松本さん。値段を聞いて笑いだす3人。

ハー!ックゥー!(かわいいを堪えてる)

・続いて中華を発見する相葉さま。「おっ!」「中だね」とここで相葉さまの腕を引く松本さん。それでも寄っていく相葉さま。「中だねぇ!」「中だね」とここで逆に相葉さまが松本さんの手首を持って「ちょちょちょ」と留めさせようとする相葉さま。その相葉さまの肘にちょんっと触れるにのちゃん。

もうほんとうに風っ子ってばかわいいねえ(*´ω`*)(堪え切れずでれでれ)

それぞれが遠慮なくて、ぐいぐい行けて、大人なのに揃うと子どものようで。かわいいなあ、もう。なんだか久しぶりに風っ子かわいいメーターが振り切っているよ。久々のロケだからかな。かわいいなあ、もう。
・中華が来たところで「彩り」を気にし始めて「色味綺麗じゃない?」な松本さん。「ハンバーグにしようよぉ」ってにのちゃん。財布を握って偉そうにする相葉さま。んね。それぞれかわいいね。
・老舗チームのおせち披露が終わってやはり素晴らしかったので、
「やっぱりAチームらしいよね」「じゃあ、君たちのも、見せて?」「いい?Bチーム行って」

まったくかわいいが大渋滞だな!(*´▽`*)

「まだもう一個あるんだ。ねっ」「そう」←松本さんの「ねっ」がかわいくて。キャビアがほんの少しになっちゃって笑う3人かわいいし。結局あまりのってくれなかったので自分たちで頂いているし。最終的には「なんでクラッカーゴマ入りにしたんだよ。ゴマの味しかしねぇよ」ってまったく、最高のオチがついて本当に風っ子をありがとうございました。
・コンサートの合間に考えたというプレゼントは、それは正解なのか…?全体的に滑ってないか…?大丈夫か嵐おじさん…?

それでは失礼いたします。今週が終われば年末だよー!年末年始祭りだよー!仕事納めまで頑張るぜー!
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 19:04
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/902
<< NEW | TOP | OLD>>