月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Let's Dance!! 20:06
再びお久しぶりになってしまいました。お久しぶりです、こんばんは、やよいです。
ここのところ仕事が今までの中でMax忙しく、お盆以来職場に行っていない日はZEROだし、加えてこれまでは無かった『考えると胃が痛くなるような案件』も任されることが増え(有難いことですが)、日々が何かに追われるように過ぎていくことが少し恐ろしい、そんな毎日を送っております。悔しかったり焦っていたりでトイレで泣くこともしばしばだったのですが、わたしの年齢で花男Fを松本さんが撮っていたことを考えると、いやああの世界で生きるって想像もつかない世界だなと改めて思います。何も同じ年代でわたしより早く働き始めている人はわたしより早くこういうことを経験してるってわけで、それもすごいなぁと。いやはや。それでも、十分眠れているし基本的に仕事は楽しいし職場の方々は好きなので、充実しているのですが。充実はしているのですが、

嵐は追いきれない(´;ω;`)

2015はファンになって以来いちばん離れてしまった年です。ここもこんなに書けなくなるなんてね。きっと来年は仕事のリズムにももう少し慣れて余裕が生まれるはずだから、もう少ししっかりと嵐を見たい。しっかりとここで叫びたい。うん。

さて、今日はどうして唐突に現れたかというと広告が出てしまっているというお知らせを頂いたこと(有難うございます!)と、Japonismツアーが始まった今、最近のことをここにメモ程度にでも叫ばなければならぬと思ったからでございます。いつだって唐突な自己満ブログですみません。以下たたみます。時系列もてんでばらばらで言いたいこともあやふやでまとまっていないただの感想です(笑)(いつも通りやないか)
・Japonismツアー開幕しましたね!というわけでまずはJaponismアルバムについて。

個人的にはこんなにアルバムであることを意識したアルバムは初めてでした(日本語が疎すぎる)

音楽に関してはてんでセンスも知識も無いものが何を言うという話ではありますが、これまでは『同じコンセプトの曲を集めたもの』という意識で聞いていた(だから飛ばし飛ばし聴いてしまっていた)のだけど、このJaponismは初めて最初から最後まで通して聞かなくては落ち着かないというか、あぁこれがアルバムなのか、今の嵐はこれを伝えたいのか、と考えることができるというか。要するに好きだってことです。個人的に最初に聞いたときにハッとしてそれ以来ずっと好きなのは、三日月と暁とRolling Days。…わたしって本当に櫻井さんのソロに関しては好き以外の感想を持ったことが無いな(笑)。でも、本当にまるっと好きです。外国から見た日本っていうコンセプト、わたしにとってすごく分かりやすいのもひとつあるんだろうな。日本に住む日本人より日本を外から見る外国人の方がより具現化されたイメージを持っていて、そのイメージはひとりひとりシンプルなんだけど、どれも重ならない。外国から見た日本って多面的で、まさにこのアルバムはそんな感じ。
そしてリード曲:心の空に関しては、

MV超かっこいい!これは良質すぎる踊る嵐!

力強さと繊細さ。日本が持つ両面を描く振り付け。それを見事体全体で踊る嵐。やはり象徴的なのは「春待ち桜」のところですが、ここはMステのにのちゃんがとてもとっても良かったです。ちなみにMステに関していつものあの気持ち悪いダンス馬鹿の感想を書こうと思っていたのですが、このMVにしろMステにしろ肝心の松本さんがまだ自分に落とし込めていなかったのでいったん保留にしました(笑)。ふふ、松本さんってそういうところが分かりやすくて好きです。指先も綺麗だし動きも美しいのだけど、いつもよりは心惹かれなくて、なんでかなあ?と思っていたらそこに飛び込んできたのはV6コンサートにお邪魔してTAKE ME HIGHERを踊っていたバック松本ですよ。もう生き生きして楽しそうでザ・ジュンマツモトな踊り方で、これだぁ!と思いました。あの人まだ、心の空のダンスは楽しめていないんだ、恐らく。踊ろう間違えないように踊ろうと必死で、楽しんで踊って伝えようというところにまではまだMステの段階では到達していないんだ、恐らく(笑)。まだ自信が無いから、ダンスが生きていなかった。だから心惹かれなくて、だからツアー後のテレビでの披露を楽しみにしています。きっとがらっと変わってるぜ。
話が反れましたが(だいぶな)、全体的には本当に良い『踊る嵐』です。わたしはMステで披露された摩訶不思議のようなああいうダンスももちろん好きですが、嵐に関して言えばああいうしゃかりきとした若さや勢いだけを伝えるダンスより、こういうダンスの方が合うと思うのです。とくに歳を重ねた今の嵐には。30代であの踊りにチャレンジした嵐の攻めは大好きです。ですが、ダンスっていうのは体全体で表現することを言うのです。わたしの中で踊れる人というのは器用に手首くるくる動かしてリズム感ばっちりな人ではなく、表現者なのです。だから、誰が何と言おうと嵐のダンスがいちばん好きだし、踊る嵐は世界一かっこいいと思っているんです。誰が何と言おうと!(何を言われた)
再び話が反れましたが(久々に書くとまとまりが無さ過ぎる)、リダ振り付けの間奏のところ何回リピしたか分からないし(やっぱりリダはカウントが少しゆっくり目の曲の振り付けが得意ね!)、どうやらこのMV用だけらしいサビの振り付けがとても好みだし(MVだけとは勿体なすぎる)、当然のことながらみんなビジュがとても良くて麗しいし、和太鼓と三味線とギターの共演なんてなかなか見られないし、うん、このMVすごくかっこいい。これは世間の人々に「嵐ってかっこいいんですよ!見て下さい!ほら!」って胸を張って配れるやつ。出勤前の数分間にこれを見るのが最近のカンフル剤です。
そして何より心の空に関してはこれをメモしておかなくちゃね、

2015年5月。櫻井さん、ロンドンの布袋さんとテレビ会議をする。

"wiz松本"

そのひとことをありがとう!「なんつって」然りwiz然りいつだって言葉巧みに物事を伝えてくれる櫻井さんがあの人に関することはひとつの情報を付け加えるようにさらっと書いてくるとこ、とても好きだよ!(分かりにくい好意)
おふたりが日本を代表するミュージシャンとミーティングなんて、その前段階が気になりすぎて仕方ないよね。布袋さんと会議をするまえにぜったいふたりで会議してるじゃん…布袋さんに今回どういう楽曲を作ってほしいのかを伝えるためにはどうしたらいいのかって会議してるじゃん…絶対ふたりして真顔でロンドンにいる布袋さんの時間をもらうわけだからミスは許されないから目がぎらぎらしてるじゃん…そんなふたりが会議してるわけですよ…痺れる…そういう翔潤だいすきです…JAL会見舞台裏で座っている松本さんが立っている櫻井さんに何かを伝え櫻井さんが何かを答えるという余計な表情や動きは要らないシンプルに洗練されたやりとりが本当に本当に好きでそういうおふたりをちらりと想像させてくれるオトノハありがとう…。

・オトノハといえばEnjoyですが(?)、ここんとこのEnjoyはなかなかわたしが勝手に相槌を打って会話を楽しむ余韻を与えてくれませんね(笑)。書きはじめ方でなんとなくあの人の今の状態が分かるというか。Japonismツアーも難産だったのだろうな。すこし寂しいので、またプライベートも仕事もたっぷりと充実させて、気候のことから書き始める、こちらが「ね〜そうだね〜」なんて相槌を打つことができる、あのEnjoyを読みたいね。読ませてね。Japonism、頑張ってね。


・レギュラー番組に関してもVSに関しては見る時間が無いししやがれについてもここに書く時間が無くて、とことん消化不良なのですが、今週のVSがおふたりでクリフクライムだと聞いたのでさきほどそこだけ見ました。そこだけ見たので、そこだけ感想を述べて良いですか。

素晴らしくザ・翔潤な展開でしたね…(涙)

「一面ですか?」とですます調でにこにこといたずらっ子な笑顔を浮かべながら尋ねる松本さんに「はい?えっ?はっ?なにそれ」と言う櫻井さんはやっぱり尋ねた人を見ておらず、そのリアクションに対する松本さんのツッコミは「3つ出た!3つ出たよ」とまったくもって鋭くも面白くも無いコメント。
そこから話し合いが始まるのだけど、必ず誰かを通さなくては話し合いができないふたり。
いざ登ると櫻井さんがいつもより頑張っていて早くって、それに影響を受けた松本さんもいつもよりちょっと張り切っちゃっている登り方で時間を残してパーフェクトを出すふたり。
十分な時間を残せたのだからここでいつものように力強くハイタッチなどをしたらよろしいのに、なぜかお互いが相手だとそういうのが無くなって、力を合わせたふたりが喜びを共有するシーンというテレビ的見どころを無くしてしまうふたり。
自分だって張り切って頑張って登ったけれど、これだけ時間が残せたのは櫻井さんが頑張ったからだと、櫻井さんが気づいていないところで櫻井さんを指差す松本さん。
2mくらいの距離をあけて座りこむふたり。
それだけ頑張ったのにあっさりと相手チームに抜かれてしまうふたり…。

うん、素晴らしくおふたりらしいクリフクライムでした。見て良かった。

やっぱりふたりが好きです。wizなテレビ会議もするしJAL会見裏のように淡々と会話もするのに、お互い他のメンバーだと普通にしていることを何故かお互いが相手だとしないところがとても不思議で、いざ横に並んでスイッチが入ると麗しさが増すところが好きです。ジャニショのあの写真、もちろん2枚買わせていただきます(保存用と保存用)(えっ)。



・さて、最後に。ここからはわたし個人のことなのでたっぷり改行させていただいて。
きょうここに来なくてはと思った理由のひとつはある拍手コメントを頂いたからです。恐らくわたしのTwitterでの呟きを見た方だと思います(Twitterでこのブログに関して感想頂いたこと嬉しかったです。やっぱり反応を頂くのは嬉しいものです。ありがとうございました)。
『全滅でチケツイってどれだけ人脈ないんですか?それともファン歴詐称?だから新規って……。』
相手にするわけではなく、改めて自分の気持ちとともに整理させて頂こうと思ってパソコンを立ち上げた次第です。ここに書いてもおそらくこのコメントした人見ないけど(このあと名古屋3days行ってきますって書いてあったし)、そういうのはどうでもいいとして。
わたしは所謂『新規』にあたると思う。デビュー当時からMステだけは録画して踊りを真似していたけれど、『嵐』として認識したのは2003年あたり、そこからMステ以外の出演番組を見たり少しずつ性格を知っていったりしていったけれど、ファンクラブには入れなかったからコンサートだって行けなかった。お小遣いはすべて夢だった留学への貯金になったし、自分のお金でないとファンクラブには入れなかったので、入ったのは大学生になり留学から帰ってきてバイトを始めた2009年。つまりコンサートへ行き始めたのは2009年。立派な新規である。これに関してわたしは今まで『詐称』した覚えはない。ずーっと早く生まれて2003年にはさっとファンクラブへ入れるような大人だったらなぁと思っていた時期ももちろんあったけれど、今は年下で良かったと思っている。偉大な社会人の先輩であり大きな背中を追える。
Twitterを始めレポを有難いことに簡単に拾えるようになると、ツアー時期はレポを落として下さるかたのプロフィールも見る機会が増える。驚く。わたしよりも4つ5つ下の若い子たちがほぼ全ステしている。『落選者うっとうしいw』と呟いている。驚く。その子たちの『人脈』とお金とタフさに驚く。いまだ現場が慣れず怯えてしまうわたしにとっては尊敬に値するタフさである。何回も入っている人のステージを見る目の輝きと一回きりの人がステージを見る目の輝きはまったく違うと思っているが、やはり何回も入っている人がいるおかげで細やかな違いを知ることができるので(そして恐らく多ステって現場を愛する人たちにとっては普通のことなので)それについては別にいい(別にというところにわたし個人の僻みがはいっているけど笑)。ただ思うのは、その子たちの人脈とお金とタフさに驚き尊敬はしても、絶対友人にはならない。向こうも『うっとうしい』ので願い下げだろうけど(笑)。
嵐を通じて、様々な人を知る。いろいろな生き方を知る。そして自分を顧みる。これでいい。お小遣いをあげすぎることはまったくなかった母は『正し』かった。自分のお金でファンクラブに入ったわたしは『正し』かった。地方だと嘆くことも多いけれど育った街に帰ってきたわたしは『正し』かった。いま仕事を頑張っているわたしもきっと『正しい』。わたしはわたしの価値観で正しいと思っているから、これでいい。

うん。何が言いたいかって『うっとうしいw』にハァ?!と腹を立ててしまうような子どもっぽいことはもうやめたいなってことです(笑)。

やっぱりツアー期はもやもやするからだめだね。でもここに書けてだいぶすっきりしました。相変わらず自己満ブログですがどうぞご贔屓に。では失礼いたします。今年も残り2カ月なんて早いなあ!
| | comments(2) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 20:06
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








お久しぶりです、やよいさん。ももんがです(^^)
なかなかコメント出来てませんでしたが、更新されたときは楽しく読ませていただいています。
私もやよいさんの考えに賛成です。もっと色々と書きたいんですが、やよいさんのように上手く考えをまとめることが出来ないので(泣
思考は十人十色ですけど、やよいさんの想いは私のそれと同じです。

お仕事忙しそうですが、お体には気をつけて頑張ってくださいね。応援しています(^^)
posted by ももんが | 2015/11/08 10:01 PM |
>ももんがさん

キャーももんがさん!お久しぶりです!嬉しい!
嬉しいのに返事が遅くなってしまってすみません…。
そして、ありがとうございます。なかなか自分でも整理がつかないことが多い時期ですが(汗)、わたしはわたしなりに。自分は自分、人は人。それしかないですよね。

ありがとうございます。ぐっと寒くなってきましたね。ももんがさんも風邪などひかれませぬよう!
posted by やよい→ももんがさん | 2015/11/26 8:56 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/920
<< NEW | TOP | OLD>>