月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ARASHI BLAST in Miyagi 21:08
2日連続での更新です。こんばんは、やよいです。
今のうちに書かなくては8日からまったく休みのないことに気付いたので、書きだめしておこうと思ってまいりました(笑)。しかも書こうとしているのが1日発売のBLAST in Miyagi!やればできる子!(自分で自分を褒めて伸びるタイプです)
ここでも書いたのですがレポで最終日の松本さんの様子を伝えてもらってから、早く見たくてたまらなかったこのBLAST、そしてその松本さん。Blu-rayの感想なのでぐだぐだですが、この松本さんを残してもらって本当に良かったと思っているので、要約するとこういうことです。

最終日の挨拶を映像化してくれてありがとう、J-storm。これからも仲良くしよう。僕と握手。

それでは以下ぐだぐだのメモ書きまいります。お時間のあるときにちらっと見て頂けたらと思います。
・晴天、というより澄み切った青空。綺麗な青色。野外でのコンサートの醍醐味はまさに『月がきれい』を共有できることで、いつも(最近本当に忙しかったのかあまりなかったけど笑)Enjoyで触れてくれる気候のことを実際に松本さんと共有できること、わたしはそれが本当に羨ましくて羨ましくて仕方がない(このブログ名もその羨ましいの気持ちからきている)。この4日間、地元の月はまったく姿を見せなかったことに結構凹んだことも覚えてるけど(笑)、でも、宮城の空は、特別だね。
・アニメーションがHawaiiから始まるの良い。BLAST in Hawaiiの感想も書きたいのだけど…。
・櫻井さんのところに『ずんだ』『ずんだ』って出てくるのはどうしてなの(笑)。かわいいな。

・この瞬間移動すごくない?エッすごくない?これどうなってるの?単純なからくりなの?最初見たとき「エッすごっ!」って声に出して驚いちゃったんだけどこれどうなってるの?えっ?

・ワイハ高まる。コン映像を見るといつも櫻井さんが会場全体を磁石のように巻き込む姿、すごく尊いと思う(突然重い)。
・いつもこの裏のドラムの音で遊んじゃうやまたろかわいいねえ。
・わたし、BLAST in Hawaii密着のNHK特番冒頭で流れたPIKA☆NCHIを踊る松本さんがだいすきで繰り返し繰り返し見ていた時期があったんですけど(Sakura披露あたりまで)、Miyagiでも披露されていて嬉しい。この手足と首を大きく動かして荒々しく自信たっぷりに踊る松本さんかっこいいんだもん。


……超かっこいいんだもん!ほら!(*´Д`* )


首をかくんっと倒したタイミングで特効があがってファンがキャーッってなってるのを見てにやりと笑う松本さん。RAPでがんがん攻めてくる櫻井さん。Say what?って叫んでる超ノッてる松本さん。まさにモデルズとしか言いようのない綺麗なツーショットの泣き虫さん。間奏で遊び始めるやまたろ(これはかわいい)。アウトロでもう雄叫びをあげる寸前のノリにノッてる松本さん。そして踊りきったあとのファイブショット。そのときのおふたりのキラキラした並び。だめだこのPIKA☆NCHIに関しては松本さんの手足の使い方と首の動き、そしてノッてる表情が好きすぎて、ああ、ああ、

ああこのPIKA☆NCHIの嵐超かっこいいじゃん…なにこれ…世界に広めようよ…踊る嵐のかっこよさ伝わるよ…嗚呼かっこいい…!

ヒップホップとかロックとかああいうしゃかりき系はもうにのちゃんしか踊れないと思っているけど、こういうしゃかりき(どういう?)は手足を大きく動かすのが得意な5人だからいけるよ。なんだか安心する踊る嵐だよ。手足を大きく動かすことが得意ってそれ強い武器だよ。とっても大好きな踊る嵐だよぉ(涙)(泣けるほど感激)。しばらくこのPIKA☆NCHIを見続ける生活が始まりそうです。出勤前のわたしの至福のとき。
・この王冠がフライングするやつ怖ッ!これ怖ッ!すごいな!

「へい宮城、まだまだ足んねぇんじゃないの?」「…足んねぇ、足んねぇ」からのJump隊とHey隊。会場を温めるいつものおふたりでありがとうございます。会場を煽った松本さんの言葉に答えていただいてありがとうございます(笑)。

・夫婦で来たようちわかわいい…してみたい…(夢のまた夢)
・にのちゃんからピースもらって崩れ落ちるにの担の方かわいい(お手振りタイムはヲタク観察タイム)。
・青キミで見つめ合って笑っちゃうじいまごかわいいんだからまったく♡
・最初にみたとき、最初の挨拶何かがおかしいな?あら?程度で見始めて、相葉さまがいつもの松本さんの台詞を言い出したところでそういえば交替システムだったことに気付いてひとりでお腹抱えてひーひー笑いました。

相葉さまの挨拶を見て俺あんなですか?と自分を指差してリダに問う松本さんもかわいいし、
相葉さまが言う幸せにしてやるよはいつもの松本さんよりぐっとセクシーさが増している気がするし、
いらっしゃいませを繰り返す櫻井さんは何だか違和感ないし、
「ねぇねぇ足んないってよ〜」をしちゃうにのちゃんはなんだかそれだけで幸せいっぱいそうだし、
声の調子整えた松本さんはリダの挨拶して最後は顔芸になっちゃってるし、


もうリダが!リダが面白すぎて!

何度見ても涙が出るくらい面白いつらい。「下の方」でちょっと顔を揺らしてくるあたりつらい。リダが一生懸命頑張ってる感が伝わってくるの面白すぎてつらい。「本当に調子はどうなんだ」の意味が分からなくて面白いつらい。Let's get the party started!が完全に日本語で伝わってくる感が面白すぎる。リダ頑張ったねリダ。こういうユーモアセンスかなわないよリダ。スッピンデジタリアンで櫻井さんソロ前を真似するリダを思い出すよ。ああつらい。笑いたくなったらこれ見よ。
・そしてわたし相葉さまのこのソロがこんなに素敵だなんて聞いてなかったんですけど。おふたりソロについてはレポを見ていたので心構えできていたけど、相葉さまのソロのレポをあまり読んでいなかったようで心構えなく映像を見てしばらく放心していたんですけど。

この「じゃなくて」の相葉さま素敵すぎるだろ!ずっと「かっこいいつらい無理」ってぶつぶつ呟いていたよ!恐怖だよ!(オマエがな)

ソロ前の映像からイケメンが溢れすぎだ。振り付けは決まっているのだけど綺麗なカウント通り動くのではなくて、こう音楽に任せて自由に体を動かしている感があるこの踊り方は、手足の長い相葉さまに合いすぎている。相葉さまもあまりそういうの得意とするほうではないと思っていたのだけど、この曲調はぴったり合うらしい。とにもかくにもこの踊り方とこの衣装は合いすぎている。歌詞が合わなすぎるのが問題である。何が「君のせいそろそろ気づいてよ」だ。それはこっちの台詞である。椅子を倒していく相葉さまとか、絶対楽しいよねでお尻を振る相葉さまとか、わざと水を演出に含める相葉さまとか、スタジアムでひとり体を揺らす相葉さまとか、最後頭がしがしする相葉さまとか、いや、ほんとこの相葉さま…。なんでMiyagiだけなん、なんで4日間だけなんだ…。かっこよすぎる。この相葉さまソロ今まででいちばん好きかもしれない。かっこいいが過ぎる。世界一のイケメンが過ぎる。
・続くにのちゃんソロは和子に泣かされ、ソロが終わったと思えばギターで「おいラストだぞ!」「手上げろよ!声あげろよ!体揺らせよ!」とにのちゃんらしく巻舌で男前に煽られるの不意打ち過ぎてずるい。にのちゃんずるい。男前。
・言葉よりの櫻井さんのラップ中に松本さんが手を広げてにこーっと笑ったファンサはそれどんなうちわに対するファンサなの!

ミラーの前で踊る嵐ってものすごくものすごくご褒美なのでもっとください(じゅるり)(汚い)。松本さんが相変わらず7月の帽子被ってるしにのちゃんがまさかの修造Tシャツだしツッコミどころたくさんあるけど、ものっそいラフな格好でミラーの前で振りの練習をする嵐なんてご褒美以外のなにものでもないので本当にありがとうございます。
・男子高校生にグーをする相葉さま、それにかわいい笑顔でグーを返す男子高校生のやりとりかわいい。
・いつもの感謝と音階?が違うのもまた新鮮で、歌う高校生の表情が無垢ですてき、こんなのおばちゃん涙腺すぐ刺激されちゃう。

I'm smiling again.を歌う宮城の高校生泣くわ(´;ω;`)届くよ(´;ω;`)

・そんななか「みんな、ねぇ松本くん」のところだけハッとなるような大人でごめん…。
・ちょっと危うかった相葉さまの団体紹介を「いっこく堂」ってすぐにいじって笑いに変えてくるにのちゃんがさすがだわ。ここでさらっと雰囲気を変えてくるにのちゃんの技がさすがだわ。にのちゃんには勝てないの。
・外周を回るときいつもの組み合わせになっていつものように肩を組むじいまごといつものように飛行機ぶーんで遊び始める3人の対比。かわいい。もうまるっとかわいい。
・「明けない夜はないよ」の前に肩をグルグル回して調子整える3人組かわいいな!まったくこの3人はすぐに波長を合わせてくるんだから!かわいい!

・櫻井さんが歌えなくなっちゃうくらいふざけて櫻井さんに迫ってくるにのちゃんかわいい(*´v`* )やまたろかわいい(*´v`* )

・しかし踊らない『きっと大丈夫』だなんて!
『Bittersweet』になるといきなりファンサが投げちゅー連発になる松本さん分かりやすい男だよ!かわいいよ!
・そしてじいまごでイチャイチャしちゃうんだから。じいまごの振り付けをしちゃうんだから。すぐに松本さんがしたいことを読んでくれてありがとうリダ。

・Bittersweet終わりでもぐもぐぎゅっぎゅっやってるにのあいかわいすぎるな…にのあいってこれだから…

「最終日いかがですか、松本さん」「はい。…くったくたっす」「ふふ。フルマックスでいっちゃってんのかな?」「うん、今日ね映像撮りもあるからね」「なるほど」。映像撮りがあるからフルマックスでありがとうございます!PIKA☆NCHIのあなたはたしかにフルマックスでしたねありがとうございます!
「本当に調子はどうだ」のくだりをやっぱりMCでも触れていたんですね。ひとり大笑いしたもの。ここをいったん松本さんに振ったということは恐らくこのリダの煽りのところ、後ろでふたりして笑っていたんじゃないかなあと1から10を妄想してついふふふと笑ってしまいます。
・でも今日はいちばん今まででいけてたとご満悦のリダ。
「こういう、こういうポーズしない?」のところでリダが松本さんをちらちら見るところも非常にぐっとくるんですけど、それに対して松本さんが口を大きく開けて笑って、「俺する?」「するする!するんだよ、本人は分かんないかもしれないけどするんだよ」

ここなんだろうすごくキュンとするね(*´v`* )リダが何故か松本さんに同意を求めるところから松本さんが笑うところまで非常にキュンとするよわたし(*´v`* )

・デフォルメされた松本さんの中の大野智像=「菩薩のような」。菩薩って(笑)。
・着替える直前に櫻井さんが相葉さまに何かしら耳打ちしている様子が映し出されたので当然のようにヲタクがキャーキャー騒いでいたら、

「キャーキャー言ってんじゃないよー。どこがキャーなんだよ、お、おじさんふたりがぁ、必要な話してるだけだよ」

仕方ないだろ!そういう必要な話をする耳打ちなんてなかなか見れないからキャーってなるのは仕方ないだろ!なんだよその必要な話も目を合わせてしないおかげでクリフクライムで散々だったおまえさんが何を言う!(おとといの話)

・やまたろがいないとMCにキレがなくてこうよくも悪くもほわほわしていますね。ぐりりんらべるずのMC。
・やまたろのファンへの振り付け講座とてもスムーズで見ていて気持ちが良いです。やまたろのこういうお互いがお互いの領域を侵さないままで息を合わせる感じとても好きです。
・天然が帰ってきて、松本さんが帰ってきたところで後ろ向いているにのちゃんと一緒にととんととん。茶目っ気たっぷりにキメてくれたそこを逃さず「最強のコラボレーションが見られましたね」「最強ですか我々、有難うございます」「有難うございます」と拾ってくれてありがとう。おかげでマイクを触りながら若干照れている松本さんを見ることができました、ありがとうございます。
・そろそろ始まるとファンが慌てて準備をしているところを「ざわざわざわざわ」と表現したり、煽るだけ煽って「あっ今日これ俺じゃなかった☆彡」なんて言ったり、あなた絶好調超でご機嫌だね。分かりやすくてかわいいね。

・いいなあ、夜空の下嵐と一緒に一曲踊ることができるなんて羨ましいなあ!わたしもMステのそこで覚えて踊ったけどね!(なんの抵抗)
・雀踊りかっこいいしCarnival Night part2のお祭りverの掛け声楽しすぎてやっぱりこの場に居たかった。そういえばJaponismでこれを踊りくるった覚えが無いんだけどカニナイ無かったよね?
このハダシ→カニナイ→GUTS!の流れはもう画面の中が楽しそう過ぎて羨ましいが止まらない(笑)。やっぱりアラフェスやBLASTはまんまお祭りなのでその場に居てこそだよなあ。どちらもまだ行ったことが無いので感じてみたいなあ、このアルバムを引っ提げたコンサートではないお祭りを。またどこかでやってくれるかしら。それに行けるかしら。アラフェスやBLASTは何より時期的に無理なんだよぅ。

・そしてやってきてしまった一度も地上に降りなかったと噂の松本ソロ。

すげえよ!あんたすげえよ!凡人には何がどうなっているのか分からないよ!夜空を舞うあなたは美しいよ!あなたは本当に真のエンターテイナーだよ!空から舞ってきたと思ったら地上の民にやたら甘い表情をして見守っているし!近寄ってきて手を降られたあのあたりのスタンドのひとの今の命が心配なレベルだよ!空から舞ってきてあんな表情するって何なのあなた何者なの!(とりあえず落ち着け)

見れば見るほど噛み応えのあるソロですね。最初見たときは想像していたよりあまりに意味不明でただ圧倒されていたのだけど、こうやって何回か見るとこう、松本潤ってなんなんだ…と思うね。特に宙でくるくる回ってアクロバティックなことやりながら地上の民に近づくと表情が甘くなるところ、あなた何なんだ…と言いたくなるね。いやあ、おもしろい。これをたった4日間しかやらなかったのか松本さん。正解だ。あのスタンド席に4日間どこかで入っていたひとたちの気持ちを考えると、正解だ。あなたすごいよ。
・続いて櫻井ソロがくるのだから命が持たない。Hip Pop BoogieにまさかのChapter兇付くとは。レポで読んだときからあまりの孤高感溢れるかっこよさにくらくらした信者ですが、映像で見たらやっぱり違う。想像していたよりずっとかっこいい。言い切る櫻井翔はかっこいい。

花を咲かせて、それを抱いて、未来をしっかり描いていて、その未来のために磨き続け、歩いていく道は果てていると知っていて、パイオニアとして道は創ればいいだけで、立ち止まることなく、その心意気がずっとずっとあるから『後追いども皆まず至らず』。大の大人になったけれど罵り合うような大人でなく大きな夢を描くような大人になって、その立ち止まらず夢を追いかけ続けるような櫻井さんそのものが『MY LIFE IS MY MESSAGE』

はあ、櫻井翔、かっこいい…

MY LIFE IS MY MESSAGE.だと言えるような大人になりたいよ。20代で言い切ったあなたもかっこよかったけどやっぱり30代になるとその歌詞がもつ説得力が違うね。かっこいい。自分の背中を見ておけばいいと言い切る櫻井翔かっこいい。ついていかざるを得ないよ。かっこいい。かっこいい人だ。
・声と体で魅せるリダも男前だ。リダの綺麗な声が響くtwoは野外にこんなに合うんだね。
・リダソロからアクセントダンスへつなげるなんてニクい演出をするものだ。どうしてここは時間を巻き戻したんだろう。
・Endless Gameの振り付けってとてもおしゃれだな、改めて。こうやってぎらぎらした衣装で披露されるとものすごく映えますね。
・アクセントダンスとそれぞれのソロパートがある曲のメドレーの融合がとても面白い。櫻井さんがラップする中踊る4人がとても好みなのですがそのコレクションにまたひとつ加わった。個人的にはYour Eyesのところの4人の動きが好き。創作的な動きが好き。からの、

Sakura!これは想像できていたとはいえ良い!鳥肌が立つ流れだ!コンサートにも映えるSakuraだよ!まったく素晴らしい楽曲!

・この水と炎なんて何がどうなってこういうことができるのかさっぱり分からんよ。
・にのあいの周りを3人が膝をつかないで回るパターンもまたいいですね。櫻井さんの脚の動きがきれい。そして「光と影が」のところの3人ショット、音楽番組ではなかったスリーショットなのでありがたい。Sakuraを踊る嵐はなんだか美しいのに切なくて、まさに桜というタイトル通り消えちゃいそうな感じがするよ。とてもきれいだ。
・そしてこのSakuraを踊りきったあたりから松本さんがくたくたな感じをカメラでも捉えられるくらいに出していますね。なかなか映像で見ることができないフルマックスのおかげでくたくたになってしまった松本さん。もうわたしの中の頭をくしゃくしゃにして蹴られたい願望が止まりませんでした(久々)。
・再び吊るされた嵐。これが噂の松本さんが揺らして揺らし続けた結果立ち位置が変わったというやつですね。これは確かに怖いので櫻井さんに申し訳ない気持ちでいっぱいですが(笑)(笑いながら言うな)、
松本さんがまるでごりらのように(待て)楽しそうに揺らし続けて「右へならえから踏み出すこの、危ない危ない!」と4人して櫻井さんのラップを阻止して結局慣れちゃってる櫻井さんの「なんちゃって〜」でオチたかと思ったら飽きない松本さんがまだ揺らし続けてるってこの、この、

平和感(*´v`* )

へとへとなのにそういうところ頑張ってかわいいなあ。松本さん。
・ARASHIのラップで移動し始めた嵐がもう狭い中でがちゃがちゃしていてヲタクとしては『何をやっているんだこの広いスタンドでそなたたちかわいいではないか』とお茶を頂きながら眺めたい所存。松本さんが本当にふらふらしてしまったらしく後ろのにのちゃんに助けられ、櫻井さんがラップ中なのにも関わらず「あぶねぇ!」の一言を述べて終わったあとも「危なかったよー!」「っははは」「いぇーいぇー」とふたりに反応してもらって、

へとへと松本の自由なことよ(*´v`* )そなたかわいいのう(*´v`* )なんかもう良かったねえ(*´v`* )

・最後の挨拶。櫻井さんの挨拶に涙腺を刺激され、天然のまっすぐであたたかな挨拶をうるうるしながら聞いて、にのちゃんのちょっと捻くれながらも違う視点からの挨拶にくすっとさせてもらってすっきりしたのに、松本さんの挨拶でだめだった。

だってあの人16歳を迎えたことへの拍手に良い顔して笑うんだもん(´;ω;`)

あんな表情見たことないよ。そんな綺麗な表情初めて見たよ。その顔で「いつもありがとう」って伝えるんだもん。そう嵐はわたしの生活を彩ってくれているよ。こちらこそ「これからもよろしく」だよ。東北の方々へのメッセージはきっと届いているよ。わたしは何も言えない立場にいるけど、そうだといいなと思っている。全身全霊込めて伝えたメッセージはきっと届いているよ。わーん。
・そしてペンライトを消すお願いをして「月がすげぇきれいだし」空に届くように協力してもらってケミカルライトの人は服に隠してなんて伝えちゃってそれに微笑む天然のふたりが映っちゃったりして、もうわたしの涙が止まらないよ。本当に良い表情をするよ。あなたは本当に良い表情をするよ、松本さん。必ず届くよ。必ず届く。
・照明が空へ向かって聞く『果てない空』はだめだね。嗚咽が出ちゃうくらい泣いてるよ。わたしが泣いてもどうしようもないのは分かってるけどどうしようもない。嵐は正しい。あなたたちはいつだって正しい。信じれば間違えない。果てない空最後のファイブショットなんてほら。良い表情ができる5人だ。

・アンコールの衣装良いよなあ!それを着ているアンコール前の映像も良い!まさかそれを着てアンコールを煽ってくるなんて!羨ましい!しかもまさかの嵐じゃなくてARASHIテロップ!30代アイドルがこれを着ちゃうんだから良い!これで愛を叫べを歌うんだから最高!
・山のふたりが「おめでとう」とキメているときの後ろの松本さんはこれまでひとつも外れがありませんね!良い横顔!
・と、愛を叫べでひとしきり踊りエナジーソングでひとり盛り上がってだいぶ涙も落ち着いたところで、ここで、くるわけですよ、


すれ違いざまの翔潤ハイタッチが(ノ◇≦°)。(ノ◇≦°)。(ノ◇≦°)。


もう一気にぶわっとぶり返してきて今も泣いてるけど最初見たとき泣きながらエナジーソングで盛り上がるという訳の分からないテンションになってしまったんだよ。複数のレポで見てもどこか信じられない中でこうやって映像に残ってくれたハイタッチ。すれ違いざまに何かすることなんてまあなかなかないふたりがハイタッチ。こうやって見た限りでは松本さんが先に櫻井さんを見て、櫻井さんがそれに気づいて、気づいたことに気付いた松本さんが手を挙げ、櫻井さんがそれにこたえているように見える。すれ違いざまのハイタッチ。テンションが上がってのハイタッチというか、イェーイ!というのがハイタッチならばハイタッチというのは不適切であって、何か共感したものを分け合うような、共有するような、そうまさにVSなどではなかなかしない(笑)、お互いの気持ちを共有したことが分かるような、そんなハイタッチなの。テンションが上がってでもなく労いというわけでもなく、何だろうね、このふたりのハイタッチ。パンッと手を合わせた後ふたりの手が上へ向かうのがもうだいすきで。ものすごく仕事人の男同同士のハイタッチという感じがしてだいすきで。とにかくこちらはもうぶわっと、さきほど止まった涙がぶわっとあふれ出てきちゃうわけですよ、もう。松本さんの表情を見るだけでも、ハイタッチしたあとの櫻井さんの手の動きを見ても、すごく男性同士のハイタッチという感じで、仕事人ふたりのハイタッチという感じで、うん、とっても、とってもたまらないよ。このハイタッチたまらない。噛み合っていないようで噛み合うふたりなんだから。わたしが翔潤史を書くならこれは一大事件として年表に入れるよ(?)。
・絶好調「超!」でも飛ばなかった相葉さまもどうやらくたくた。あんなに疲れていたのにアンコールもぶっ飛ばしている松本さんももちろんくたくた。エナジーソング終わりに階段を上がっていくところで、

くたくただと伝える目をストレートに素直に櫻井さんに向ける松本さんと、
それを受けて少し笑って「Clap Clap and Clap」を言う櫻井さんと、
ふらふらと最後に階段を登る相葉さまと、
手を添えて自分の隣へぐいっと連れていくにのちゃんと、
くたくたな相葉さまを覗き込む松本さんや櫻井さんを一番端から見ているリダと。


はあ、嵐好きだわ…だいすきだよ…

松本さんがくたくただとアイコンタクトで櫻井さんに伝えるところ、そしてそれを受け止める櫻井さんにもまずびっくりしてどきっとして、これも年表入りだわと思っていたのに(何の話)、くたくたな相葉さまに対するそれぞれの表情や動きがもう本当にそれぞれらしくって、なんかもうこのエナジーソングアウトロのこの瞬間に嵐好きだわと思うところがたくさんありました。尊い5人だよ。
・ユメニカケルが終わってバンドメンバーやスタッフさん、宮城の方々にお礼を言って。もう最後の力を振り絞るように必死になって会場のファンにお礼を言って。そして、
もう声が出ないと口だけが動き、力を使い果たした綺麗な顔で笑い、「いやっ、もう声が出ない!」と叫び、「はははは!っはははは!っはははは!」「大丈夫出てるよ」「出てる」とツッコまれ、「聞くぞ!」「おう」「がんばれがんばれ」「最後に聞くぞ!」「聞いてくれ聞いてくれ」「がんばれがんばれ!」「頑張れ!」と気合を入れて、「俺らの名前はなんだ?せーの!」と最後の力を出し切る松本さんが、

この松本さんが映像に残って本当に良かった。
見ることができて本当に良かった。
ありがとう。ありがとう。


松本さん、愛してるよ。

嵐ー!という声を体全体で浴びる松本さんやマイクオフでありがとうを叫ぶ松本さんはまるで子どものようで。階段へ向かっていく松本さんをしっかりと見て確認する櫻井さんがいて。もういっぱいいっぱいの松本さんが叫ぶのは「最高だったぜ宮城!」「ありがとうバイバイ!」で〆くられたBLAST in Miyagi。いやあ。素晴らしいコンサートだった。こうやってお裾分けを頂いて、とてもしあわせだ。ここまで嵐や松本さんについてああ好きだなあと再確認できるコンDVDもなかなかない。

そういうわけで、ようやくBlu-ray一枚に収めてくれたのでこれから何かとリピることの多くなりそうな一枚になりました。宝物になると思います。ありがとう。
ぐだぐだと書いてしまいました。今日はこのへんで失礼いたします。次はおそらく2月初めに現れると思われます。それでは!2016年かっ飛ばしていくぞ!
| DVD | comments(2) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 21:08
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








やよいさん、こんにちはー!
とん。です。

なんやかんやでバタついており、ご挨拶が遅れました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m
今年もたくさん覘きに来させていただきますね。

いまや年末の風物詩、やよいさんの翔潤回顧録がないと年も越せないってもんですが...
いやぁ相変わらず気持ち悪さ満載(←これ最上級の褒め言葉ですよ!笑)で、私もしっかりと2015年を振り返ることができました。
いつもありがとうございます!

実は2015年は、私史上もっとも5人に生で会えた夢のような年でした。
最強のくじ運を持つ相棒のおかげで、ワクワクにも、宮城にも、Japoにも参加でき、おまけにFS兇盍僂帽圓ことができました。
(私個人では、自力で取れたのはFS兇里澆箸い残念な結果に終わりましたが...)

そんな運を今年は自力で手繰り寄せるべく、日々の行いを正したいと思っています。
(仕事中にこっそり覘きにきてはコメするような、こんな大人になってはいけないよ!&まったく正していないww)
そして、恐らく天文学的数字になるやも知れぬ「横浜アリーナ」に挑みたいと思っています。
やよいさんも、地元鹿児島アリーナ当たるといいですね!祈ってますよ。

紅白も、カウコン(黄金期バンザイ!)も嵐旅館も、最弱王様もいろいろと言いたいことはありますが、最後にひとつだけ。

あの日のMiyagiの空は本当に泣けるほど澄み渡っていて、目に見えない何かの力を感じざるを得ませんでした。
そして最終日の♪果てない空 の時、5人の瞳がキラキラしていたこと
天井席にいてモニター越しでも分かりましたし、特に頻繁に空を見上げていた翔さんと潤くんのことはいまでも忘れられません。
こんな素敵なグループのファンになって良かったと心から思った、そんなあったかいコンサートでしたよ。
posted by とん。 | 2016/01/07 5:46 PM |
>とん。さん

わあん、とん。さん!
お久しぶりです!お返事が遅くなってしまって本当にすみません!
とん。さんからのコメント嬉しくっていま小躍りしているところです!

相変わらず気持ち悪さ満点でしたか!良かったです!(笑)
わたし自身もこれをまとめないと年を越せないようになってしまっているので完全なる自己満なのですが、そう言って頂けると嬉しいです!(笑)

わあ、2015年は素敵な一年になったのですね!
そうやって運に巡り会うのもまた力です!とん。さんの力です!加えて自分でその運を手繰り寄せちゃうなんて最強すぎるので付いていかせてください!
わあ、横アリ…ほんっとに厳しそうですけど、とん。さんならきっと!わたしも祈っております。お互いにがんばりましょうね><

そして、わあん。実際に宮城で体感されたとん。さんからの言葉はまた特別です。わーん(涙)。
Blu-rayを見て伝わるものはありますが、そこから伝わってくるものだけでも十二分に受けとっているつもりですが、その場に居た方たちの言葉はやはり違います。ありがとうございます。ほんとに素敵なひとたちです。思いを込めることができる素敵なひとたちです。

また、またいらっしゃってくださいね!とん。さんの言葉がだいすきです!是非に!
posted by やよい→とん。さん | 2016/02/25 4:12 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/928
<< NEW | TOP | OLD>>