月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
復活LOVE。 17:41
久しぶりの丸々一日休みです、こんばんは、やよいです。
とはいえ、職場へ行かなくても家で少しでも仕事をしていないと不安になるようになってしまって、良くない傾向だなと思います。もっとどっしり構えて、休むときはしっかりと休むようになりたいけれど、それもやはり経験によるものなのだろうな。仕事は楽しいので、苦ではないのが有難いです。

#最優秀主演男優賞

にのちゃん、おめでとう!!

正直なところこういうことに疎いので日本アカデミー賞を獲るというのがどれほどすごいことなのかがいまいち分かっていないところがあるのですが、にのちゃんが緊張して、にのちゃんがあんなに喜んで、にのちゃんが「悔しい」「欲しい」と思って、にのちゃんがあんなに嬉しそうなかおしていてさ。ああいう場でも唐突に降られたときもコメントは的確で、スピーチでは「嵐のひとたち」という言葉も出して、事務所へのお礼も述べて、これからの抱負も述べて、トロフィーを掲げるにのちゃんの顔は本当に男前で、生まれつきの才能を持ちながらもそれを磨き上げる努力を厭わない、本当ににのちゃんって、かっこよくて素敵で、つくづくずるくってすごい人だ。授賞式の様子を見ながらなんど「にのちゃんってすごい」と声に出して呟いたか分からない。本当におめでとう。

#クランクイン

3月5日にクランクイン!
とうとう待ちに待った四カ月が動き始めましたね!


2014年3月からずっと待っていた松本さんの個人仕事。わたし個人としては、あのひとの個人仕事としていちばん見たいのは、一流に密着してインタビューしてその人や物が一流になった所以を探っていく番組なんだけど(学び吸収する松本さんのその過程を見てみたい)、いちばん注目されやすく派手な演技仕事はやはり心が高ぶりますね。twitterもInstagramもマメに更新して頂いているから、陽だまりのときのように、一ファンもどこかチームに入れて頂いているような錯覚を引き起こすという(笑)。有難いことです。改めて現代のSNSというのは使いようによっては本当に便利ですね。
深山大翔さん。楽しみです。
2.25事変についてはまた改めて書きたいのですが、とりあえず言いたいことは、

・色をおさえた短髪の松本さんがかっわいい!大翔さん仕様の松本さんがかっわいい!(*´▽`*)

・魔の4分に泣いたけれど緊張しっぱなしでほとんど左側を見ない松本さんがとても良かった!あなたがそこまで緊張しっぱなしなのってとても珍しいですね、櫻井さんの番組ですものね!



・有吉さん「ここ一番仲悪そうだけど」

櫻井さん「分かる分かる。見てて思う」こう述べた理由を具体例を用いて400字以内でまとめよ。



それでは今日は復活LOVEについてMVやMステをメインに書かせて下さい。わたし、この楽曲、だいすきです!
#復活LOVE

達郎さん、まりやさん、本当にありがとうございます!

そう、嵐って明るくてこちらに元気を与えてくれるような楽曲を歌うことが多いしそれももちろん良く似合うのだけど、ちょっと渋い、古い、昭和なところもまた似合うのですよね。なんだろう、ノスタルジックとでも言うのかな。よく女性に振り回される男性の曲を歌ってるけど(笑)、「切ない」って似合うよね、嵐。それがばっちりはまっていて、渋いのにお洒落で大人で、これ以上喋ったら音楽に精通していないのがバレそうだから言えないけど(笑)、とにかくわたし、とっても好きです。とくにMVを見たらその気持ちがぐわっと高まったから、MVのコンセプト考えていただいた方には金一封贈呈したいくらい。
しかもこの曲、パソコンで聞いたとき、イヤホンを通して聞いたとき、車で爆音で聞いたとき(笑)で印象がまったく違っていて、それは初めての体験だった。とくに車で大きな音で聞いたときに、音の流れがなんだかとても壮大で綺麗で、嵐のひとたちの歌声が、楽曲のメインである歌声というより楽曲のひとつの構成要素である楽器のように聞こえたんだよね。ものすごくバカっぽいね!あはは!(笑ってごまかすな)
『光と君へのレクイエム』を買ってそれを車で流しながら海岸沿いを運転したときに、自分に酔ったエピソードをここに書いた気がするけど(笑)、似たような現象。おしゃれな曲をかけながら運転する自分かっこいい現象。きっとちょっとお高くて大きなスピーカーを通して聞いたら、また違うんだろうなあ。いちどそういうところでも聞いてみたい、大好きな楽曲です。達郎さん、まりやさん、改めてありがとうございます。

カップリングはもう何を隠そう、Bang Bangがとくべつに大好きです。ジャズ!嵐はこういうちょっと古くておしゃれな曲調が合うから早くジャズに特化したアルバムを出してジャズダンス踊ろう!どうか30代の間にジャズを踊ろう!ぜったいに似合うよ!

#MV

スペシャルゲスト:斗真、ご出演いただきありがとう!

・がっつり作りこんだMVに斗真が出てくれて嬉しい。何だかんだMVを見返すことって実は少ないのだけど、このMVは繰り返し見ることになりそうです。やっぱり出演者やスタッフのこだわりが垣間見えるものってこちらにばしばし伝わるものだよね。
・斗真って本当に正統派のイケメンだよなあ。VSの番協で見たときに本当にきらっきらしていた。
・わたし、基本的には踊っているときに服などを触るのが嫌なのですけど、ポッケに手を入れて踊るのもオシャレですね。若干ぎこちなくも見えるのでもうすこし歳を重ねてから、今度はMV専用振り付けではなく実際に披露して頂きたい。振りそのものはやっぱりこういう曲調だからかジャズ要素があって大人で渋くて、真似したくなる。これまでの曲に合わせて作りこんだものではなく、少し流れるように踊るところがいい。
・問題のエスカレーターのシーン。メイキングを見てからはこの裏の大変さを想像するようになっちゃって、松本さんが出来れば裏を見せたくないといっていた理由が分かる気も致します(笑)。でも、こういうこだわりが面白いんだよな。
・しかしこうやって改めて見ると、にのちゃんのこの、作りこんでいるのだけどそう思わせない、自然な表情や歌い方が、さすがでずるい。Mステ披露時も思ったけれど、こういうとこ、にのちゃんの本当に上手なところだ。
・いいなあ、最後のリダ→相葉さま、何度見てもいいなあ。このMVはいちばんこだわっているからやっぱりいちばん美しくて、リダの表情も、おかえりの言葉で花火が上がるのもとてもいい。相葉さまのこのおかえりの包容力すごい。

「嵐でございます」「嵐でございます」から始まったスペシャルトーク。なんでこのひとたちって毎回名乗るところから座談会がスタートするんだろう(笑)。
・陽だまりのご縁でかLOVEを観に来てくださった達郎さん。そこからずっとあった話だったって言ってるけど、その基準が「ハワイの前か?」なんだね。ハワイがやはりひとつの区切りになっている。
・写真を撮るとき「俺の携帯でもいいですか?」と言えるか言えないかの分かれ方が、飲み会の席で自分の席を動けるか動けないかの分かれ方とまったく一緒でおもしろい。櫻井さんとにのちゃんが後者だというがちょっぴり意外なところがおもしろい。気を遣いすぎてタイミングを逃してしまうタイプなんだろうか。

・櫻井さん越しの松本さんがわたしの好きな右横顔でとてもかわいい。

普通櫻井さん越しの松本さんというカメラワークなら、櫻井さんに向かってしゃべる松本さんが映るはずで横顔って映らないはずなんだけど(笑)、櫻井さんがした質問に対して左手側を見ながら答える松本さんが結構目立っていて、そのおかげで右横顔を堪能できている。それ自体は嬉しいことなんだけど、やっぱり思う。なんで?なんであなたも質問した人を見ないの?なんで櫻井さんを見ないの?
・どこか別のところを見て応える松本さんだけど、同意がもらいたいときには櫻井さんを見るから、かわいいなぁと思います(笑)。「達郎さんの『FUNKY FLUSHIN'』とかさ」のところとかね。
・なるほど、こういう曲調はメロウというのかφ(.. )(音楽知らなすぎ)
・もうこのスペシャルトークあたりからメイキングまで何だか久しぶりに「松本さんがかわいい」が止まらなくて、これが所謂デレ期というやつなのか!ってJK風に思ったりしました。

真ん中に座って4人のトークをにこにこ聞きながら右に左に顔を動かす松本さんがかわいい!

おかえりのくだりなんて真隣にいる相葉さまとリダがやりとりしているから、その双方に顔を動かしていて、人の話を聞くときはじっと見る人なのでふたりの顔をじっと見て頷いて笑って、この松本さんが相当かわいかったです。
"I miss you."の囁きパートは囁き担当松本潤の出番だろうと端から思ってしまっている櫻井さんとにのちゃん(*´v`* )
「だって、あれ、PVのI miss youめちゃくちゃかっこいいの知ってる?」(ふっと笑って座り直して意味もなくジャケット整えて鼻をすんっと鳴らす)よくここまでと思うほど短時間で『おまえさん、そんな照れんでも良かよ!』と思うようなしぐさを詰め込んでくる松本さんかわいい。

囁き担当は松本潤だって押してくれる兄ちゃんズですよ、ありがとうありがとう。

・楽屋が静かな嵐、ぐっとくる…!(興奮)
・このカップリングを聞いてキーの高い鼻歌をする相葉さまを再現する松本さんもかわいくてかわいくて。なんで松本さんって何かの再現をするときってこんなに必死感が出ちゃうんだろう(笑)。相葉さまがホテルの自分の部屋に帰れなくて廊下で寝てた事件のときも、あおいちゃんと遭遇したときも、必死になって再現する松本さんがかわいくっておかしくって仕方なかったこと覚えてるけど、何でなんだろうな。話し下手だからジェスチャーとかでそれを補完しようと必死になるからなのかな。「あれなんだろう」のあたりからイヤフォン付けて鼻歌歌って、今度は自分になって「たっけーな声」って言う、あのあたりの松本さんが必死感溢れてる故にすごく幼くって、まあかわいい。
・松本さんが読んでたサスペンスがサスペンス好きとしては気になるけど、今考えたらこれも役作りとして読んでいたのかしら。
「今日はここまで!」と叫んで消化試合感はんぱなかった振り付けを松本さんが終えたことを覚えている櫻井さん(*´v`* )
・そしてMV用ではなく披露する振り付け練習風景をさらっと挟み込んでくるなんてJストどうした…!全員真っ黒の衣装でCMで流れる用ということもあり一概には言えないけれど、やっぱりこういう鏡の前で振りを付けるオフの嵐を見ると血が騒いで止まらなくなる…!よく相葉さまが映っているけどこの鏡で確認しながら振りを進めていく顔のセクシーなことよ…!鏡を見て自分の脚の動きを確認する松本さんとかもうわたしの興奮する材料でしかない…!(やめろ変態)
・アリーナツアーのことを聞くと胃が痛くなるよ…。申し込むときに一緒に行く櫻井担と写真撮りあったけど、現実と向き合うのに時間がかかったよ…。あまりに母に似てきている自分が衝撃だった…。しかも落ちたときのことを考えると今から気が重い…。ここに嵐が来るのに、会えないことを考えるときっとしばらく立ち直れない…。職場で当たった〜って喜ぶひとたちがいたらぜったいおめでとうって言えない…。子どもか…。子どもなんだよまだ…(おまえアラサー手前だろ)(つらい現実)。
・でもこうやって語る嵐のひとたちを見ると、当たり前だけど、わたしたちに発表されることはずっと前から計画され水面下では実行に移されていることなのだなぁと思うと、ちょっとだけ心が疼くのはなぜだろう?(笑)

・メイキング。斗真にしつこくマネージャーいじりをするおふたり(笑)。
「風間」という名前だけで大盛り上がりの嵐と斗真(*´v`* )

・「見失った恋人を」のところの松本さんをばっちりと抜いてくださりまことにありがとうございます!


この松本さんの手の使い方がだいすき。ふわっと力を抜いているように見えるのだけど指先まで力を込めている、この松本さんの手の使い方がだいすっき!
・相葉さまの映り具合かなにかを確認しているにのちゃんの表情の楽しそうなこと(笑)。
・上着を脱いだ松本さんのデコルテがきらきらしていて眩しい上に、

リダの間違いを指摘するときの松本さんが、動きで面白さを必死に伝えようとする松本さんが、リダをじっとみてリダの心がおれた瞬間を真似する松本さんが、かわいくてかわいくて!止まらないデレ期!(笑)

なんでリダの真似をするときって松本さん表情がぐっと幼くなるんだろうか。構ってくれの尻尾ぶんぶんが分かりやすいからだろうか。もうリダにそうやって指摘して相手してもらうのが楽しくて仕方ないのが分かりやすいくらい伝わってくる松本さんだよ。かわいいなあ、あなた。
・そんなリダの一方で、相葉さま専属確認員のにのちゃんを相葉さまが手招きして呼んで肩をつかみながら映っていたかどうか確認するっていう、さすがのにのあいが繰り広げられていました。
このエスカレーターのこだわりは何度見ても面白いなあ。動きを考えた人もまたプロ、やり遂げる嵐もまたプロ。そんな中でにっこにこ楽しそうが止まらないのが松本さんで、徹底的なプロのなかに身を置くことを楽しむ松本さんらしい。かわいい。そんなに疲れていないだろうに、AEDに壁ドンしながらふぅと息を吐くところも楽しんでいる証拠、駆け抜ける相葉さまに「びっくりしたぁ」と言って「頑張れ頑張れ!」と応援して次からわざとらしく身を引いているのも楽しんでいる証拠。ああ、かわいい。
・ばたばた走ってきたにのちゃんを導く相葉さま…にのあい…。
・まだ続いていた「風間呼ぶ?」。しつこいのは松本さん。もう飽きてる櫻井さん(笑)。
・ジャニショ用の写真を撮るときに斗真を呼ぶ松本さん(*´v`* )この写真いつ買いに行けるかなあ。Jマーク、欲しいな。
・ちょっとだけ見切れるのが早かったにのちゃん。それに対して自分の希望を伝えるにのちゃん。このあたりのにのちゃんが、どきどきする男前な仕事人だった。
「ちょっとなんか街が浮足立ってるね」「あ、分かります?分かります?浮足立ってますこれ」「浮足立ってる。明日も休みだからね」「どのへんで感じるんすか、それ」

夜景を見る木へんよ…夜景がきれいだね、いや君たちのほうが…

・そして大宮は大宮で大宮劇場ですよ。本当にいつまでも小学生のようにカンチョウで盛り上がってくれ。
・サビの振り付けは手の動きが綺麗だから、スタンドマイクver.だとその動きが映えないのが非常にもったいない。「溢れる涙懐かしい」のところなんて視線と手の動きだけで魅せるこういう踊り方、嵐のひとたち似合うんだよ。なかなかいないよ、これだけ5人ともこういうのが映えるなんて。
・外の撮影ではひとりもこもこしてマスクをつけている櫻井さん。この日はどうやら風邪っぴきだったらしい櫻井さん。いつものオンの状態に見せる元気溌剌っぷりが幾分か鳴りを潜め、どこか憂いのある雰囲気を醸し出す櫻井さん。非常に不謹慎なことではあるけれど、オフな櫻井さんが垣間見られて、それがセクシーでどこか儚げで、レアなものを見ました。
「ものすごくダサいから」とはっきり意見を伝えるにのちゃん。どきっとしてハッとするにのちゃん(20世紀な感想)。
・斗真に絡んで斗真の真似をする松本さん、ご機嫌ちゃんだなあ〜かわいいなあ〜(止まらないデレ期)。
・にのちゃん密着カメラをふっと横切るときこちらを見つめて笑顔を向けるリダがツボです(笑)。
・「ありがとっ」と握手をしてハグをして終わるこの間柄がいいですね。斗真とも、梨本くんとも。仕事人で、昔からの友人で。男性同士のこういう友情のありかた、仕事の付き合い方って、すこし憧れるところがあります。さっぱりしていても熱い。
・松本さんが達郎さんへの熱い思いを語っている後ろで、ピースして通り過ぎるにのちゃんと鋭い視線を向けてさらっと通り過ぎる櫻井さん(笑)。
・…メイキングが見終わたあともういっかいMV見たくなってそのままMVを見るのはヲタクあるあるですよね?(笑)

何度見ても良いMV、そして良いメイキングです。たくさんのこだわりに触れることができて、作りこんでいただいた分見るこちらとしても楽しみ方がたくさんで、有難い。この楽曲だからこそこれだけこだわりがあるのだろうから、達郎さん、まりやさん、何度でも、ありがとうございます。

#Mステ

・大翔さん仕様の松本さんがかわいいよう(ノ◇≦°)。

大翔さんよりもアイドルチックにキメている短髪ヘアがかわいい。念願の黒髪にはならなかったけれど色がおさえめで今回の楽曲に合っていてとてもいい。短髪だから表情もよく見えてとてもいい。きらっきらした目が隠されていなくってかわいい。何よりかわいい。あなたその髪型とってもかわいい!
ひとり前に立つ松本さんの後ろで何やら悪だくみをしたにやにやが止まらない様子の4人。何を考えているのかと思ったら、松本さんをひとり前に立たせて4人並ぶ作戦だったのかしら(笑)。戸惑った松本さんが後ろを見てもにこにこにやにやしているだけの4人。松本さんが喋っているのにしきりにうなずいていまだにやにやしている櫻井さん。いったい何でそんな作戦を決行して楽しそうにしているのかさっぱり分からないけれど(笑)、あなたたちが楽しそうならそれでいい。嵐ヲタは5人が良く分からないことで盛り上がっていて置いてけぼりにされる感覚が好きなヲタクです(笑)。
・それにしても松本さんがかわいい。アナウンサーさんのあとに続いて何故かもごもごと「よろしくお願いします」と言った口元でさえかわいい。
・4人の悪だくみにより少し幅をとっちゃって気を遣って横によけたカンパネラさん(でいいのかしら…)をどうぞと促す相葉さまがちょっとだけ映ってウフフとなりました。しかし何故そんな悪だくみを働いたんだろうか(笑)。
・女の子アイドルたちのかわいいやりとりのあとに映った松本さんは、何かを共感してもらいたくて後ろを振り向いて呟いたらちょうどいい位置には櫻井さんしかいなくって、櫻井さんに話しかけて、櫻井さんもそれにこくこく頷いて、振り返った松本さんはにこにこしっぱなしという…

ハァ(*´▽`*)かわいいが止まらない(*´▽`*)

・おふたりが隣同士でわたしのしあわせも止まらない。
・スカパラが出てきた瞬間に分かっちゃって「さかなクンだ」って言っちゃう櫻井さん好きよ。
・突然の『山田太郎ものがたり』は心臓に悪い。御村くんのきらきらしたちゃらさと太郎ちゃんのきゅるっとしたかわいらしさ。
・櫻井さんのラップで盛り上げてくれる兄さんたち。うぃ〜となっているそのことが分からず戸惑って「なになに?」ってなるワイプの櫻井さんとその隣でにこにこしている松本さん。はあ、かわいい(ボキャブラリー不足)。
『リリック』を選ぶ松本さんがもう松本さんで。わたしもこの曲大好きでCD持ってるよ。はらちゃんもとても良いドラマだった。ファンの人気投票で一位だったとは知らなかったなあ。そして松本さんのコメント、

「ファンが選んだ人気NO.1曲だって知って 一緒だ 俺もTOKIOファンなんだなって」

かわいすぎる(ノ◇≦°)。

・『リリック』について熱く語る松本さん(熱くなるとまどろっこしくなりがちだけどストレートに熱さを伝えた松本さん)。思わずもぞもぞしちゃって褒められる恥ずかしさに耐えられない兄さんたちがかわいい。兄さんたちがハケたあとも準備が整うまで再び振られたのでTOKIOファンとして熱く語る松本さん。ボルテージが上がりに上がったその興奮をどう収拾するのかと思ったら、
「今日も楽しみですね」「そうですね。だいっ…」「興奮してますね」「大好きです!」

いつもさらりとまとめてくれてありがとう。まったくかわいい。かわいいな、キミは!

・あっボーカルさんはコムアイさんと言うのか。桃太郎のパフォーマンスが衝撃でおもしろかった。頭からリズムが離れない(笑)。
・AIちゃんはパワーがあるなあ!鹿児島の民としても元気が出るよ。
・MステのMonsterはわたしの中で伝説だよ!久々に見たけどやっぱりこれは伝説だよ!このときの大野さんのこの迫力よ、この迫力はほんとうに凄まじいよ!振り付けもすばらしいし各々が良いんだけどこのMステのMonsterは大野さんが本当に格別であった!
・いまだに笑い飛ばされる花唄エピソードが終わったあたりで復活LOVEの話になると、櫻井さんが隣の松本さんへどうぞと手で合図を出します。松本さんは復活LOVE担当なのかしら(笑)。MVメイキングでも最後語っていたし、ここでも語っているけれど、陽だまりのご縁があり、初めて買ったCDが達郎さんだったところからの敬愛もありで、松本さんが担当しているのだろうな。
「実際にね、今日メールも頂いてね?」「そう、あのー、発売日にまりやさんからメール頂きまして」と噛み合っているのかいないのかのやりとりをしていますけど(笑)、生放送で時間が限られている中うまく役割分担をして話を進めるおとなりのおふたりに胸がいっぱい。おふたりの連携プレイをありがとう。
・渋谷で三軒CDショップを回って買って下さったまりやさんありがとうございます…!

・CM明け、相葉さまがセットの電話を使っているのは「達郎さん、まりやさん、出ますよー!」っておふたりに電話している設定だったのだろうか(笑)。かわいいお遊び。
・そして実際の歌披露。

終わった瞬間「あああああ」という奇声が実際に止まらなかったわたしです!(ただの不審者)

もう最高だった。夜の街、ネイビーのスーツを着た嵐がスタンドマイクを使って切なげに歌う復活LOVE。振り付けも良く、嵐全員髪色が暗かったのもとても良く。すべての条件が整い、それを最大限に活かしきった素晴らしいパフォーマンスだった。こんなに満たされたのはそれこそ一年前のMステ2回目のSakura披露以来だった。本当に、このタイミングで披露されるべくして披露された楽曲だった。ありがたい。本当にありがたい。
やっぱりね、合う振り付けというのは年齢で変わっていくんですよ。もうがっしがしに踊るときは過ぎた。そう考えると、去年のあのよいとこは本当にチャレンジだったと思う。ただもうその時期は過ぎた。それは出来ないけれど、こういう振りが踊れる。手足を大きく見せて、メリハリを見せて、指先まで足先まで綺麗に魅せる。5人が5人ともこういう振りを不得意としないのは、本当に強みだと思うのだ。だから早く完全なるJAZZを踊ってほしいんだけどそれは置いておいて。ザ・大人な嵐であった。本当に、大満足。
・もう最初のキメポーズからツボ。最初も最初から雰囲気を作り上げるのが好き。
・最初にくいっと顎をあげるところでリダだけ顎を正面に向けるくらい上げているからちょっとこちらを見下ろすかたちになっているのはわざとなのかしら。ものっそい男前。
相葉さまの手足の長さがとても際立っていて良い。この手足の長さをちょっと持て余し気味になっちゃうような少年っぽい踊りをするところと、見事魅せるところのその差が一曲の間で見られて、それもまたいい。
・嵐の中では背の小さいほうである大宮のふたりが左足で円を描くときに他3人よりも大きく描いている。体は小さくてもこうやって動きで大きく魅せるから、嵐は振りが揃っているといわれるのだと思う。
・イントロからリダソロ最初の4人のポーズまで、ここまででジャズ要素満載でわたしは興奮しっぱなしでした。ああいうポーズが似合うような大人になって…(涙)(どの立場)。
・歌うリダにも細かな振り付けがあって、この世界観を壊さなくて、良いですね。リダの「君は」の「は」の表情の色っぽいこと。
・「試すみたいに」の「試す」のところ、いちばん角度的に見づらい櫻井さんが胸を使っていちばんキメているような気がするんだけどどうだろう?と思ってVSを確認してみました。やはり。ここは胸を二回叩くのが綺麗に見える。櫻井さんがあの位置でもったいない。
・「永すぎた春に 別れを告げた」のおふたりパートを本当に有難うございます、有難うございます(ペコペコ)。
・そしてその直後でピーンと綺麗に脚をあげているにのちゃんですよ!本当にこの人は鍛えることなんてしていないのにずるいひと!綺麗に魅せるひとだわ!

・「Baby, don't you go! 行かないで!」の振り付けなんてもう高級品…!

頭に手を添えて脚をあげるなんてどこの昭和な振付かと思うけれども、それがこの楽曲には見事マッチして、しかもそれが嵐には合う。ここでもにのちゃんの綺麗さがまた際立っている。にのちゃんってはほんとうにずるい子だわ。
・「叫んでも聞こえない」はVSの櫻井さんの表情とスタンドマイクをなぞる指がとても良かったですね。Mステと違ってちょっと表情がイケイケだった(笑)。
・「君を乗せたタクシーが」はMVの振り付けの手の動きがそのまま使われているけれど、VSで確認できた範囲では、手だけでもセクシーで綺麗なので是非とも年末に披露されるときはファイブショットで見てみたい(気が早い)。
・「一人きり」のリダの伏し目がちで切なげな表情がいい。「見失った恋人を」のちょっと苦しげな相葉さまの表情もセクシーでいい。この楽曲と振り付けのなせる技。
・「僕は」の「は」でくいっと顎をあげる感じもにのちゃんだな〜。ずるいな〜!
・そしてやってくる2番。Sakuraといい復活LOVEといい、どうしてわたしはこんなに2番の振り付けがツボなんだろうか。たった一回きりだと分かっていても、まだ見たいまだ見たいと思ってしまう。アリーナで2番まで踊って魅せてくれないかしら、この綺麗な振り付けを。アリーナで。アリーナ、で…(ウッ)
「二人でいられるだけで」とそのあとのバックのコーラスを口ずさみながら踊る櫻井さんがわたしは大好きです!こういう踊り合う。大人で素敵。口ずさむのずるいし、そのあと甘めのソロでセンターで4人は動かないのがなんだか良い。この櫻井さんが際立っていて良い。
・そして後ろに少しだけ見える松本さんの手がきれい。あの人の指先はほんとうにきれい。「足りない」の「り」で顔の向きを変えるところは、その直前にアクセントをつけているじいまごがさすがに綺麗にキマっている。流れるようにではなく、メリハリを。
・「思い込んでは君の淋しさ 知らずにいたこと悔やむだけ」のところで後ろの4人はステップを踏んでいるだけなのだけど、こういうゆったりとした振りがにのちゃんの魅せ方にあっていて良いね。にのちゃんってば完全にここ入り込んで魅せてきてるんだから。「君の淋しさ」のところなんてもうにのちゃんがにのちゃんで。さすがアカデミー賞俳優、一瞬で魅せてくるわ。
・「言葉に出したら」のあとの脚の動きなんて興奮せざるを得ないよね。こういう細やかさよ。

・2番のサビが直球で好みすぎて僕はわたしは…!ジャズ!ジャズ!(涙)

松本さんの丁寧な手の動きがだいすきだ。「どこ」のところの手の動きと首の角度とか、「届かない」のポーズとか。一瞬一瞬が芸術になる松本さんの踊り方がだいすきだ。

・「僕を許して」の「僕」のところは相葉さまの腰が炸裂していますな。斜め前に出すことでより際立っていて美しい。にのちゃんの角度とそっくり。うまいなあ、にのあい。

・「Come back to my heart」の松本さんが高級品すぎて(ノ◇≦°)。

身体の倒し方、指先、腕の動き、そのゆったりさ。この松本さんがおそらく復活LOVEでベストの松本さんでした(やよい調べ)。絶品。ぜったい甘くておいしい高級なチョコレートみたい(?)。きれいだ、とってもきれい。
・そしてわたしがもう泣きそうなくらい、大げさではなくほんとうに泣きそうなくらい(笑)、興奮した踊る嵐が、「その胸に寄り添いながら」の嵐でした。

やっぱり嵐って、品が良い。

こういう振り付けが嫌味じゃなく似合ってしまう大人になって。5人が5人ともガッシリはまって、それはそれは綺麗で。ほんとうにそんなことなかなかないと思うよ。他の男性グループを良く知らないから、大きな声では言えないけどさ(十分文字サイズはでかい)。体全体をくねらせる動きも、指先まで整えた手をおろしていくのも、ステップを踏むのも。実はそんなに単純な振り付けではないと思うけど、ガッシリハマっていて、本当に、本当にきれい。涙が出そうなほどにこのファイブショットは嬉しい。踊る嵐は世界一かっこいい信者としては、棺に入れる宝物がひとつ増えました(いちいち大袈裟)。
・「他に何もいらないさ」の手は下から上なのに間違えちゃってる松本さんですよ☆彡(嫌なファン)
間奏の振り付け面白いよなあ。静と動を組み合わせて、今まであまり見たことのない振り付けがたくさん出てくる。目を離させない振り付けで、手と脚を使うからコンサート会場も合うとおもう。だからショートバージョンではなくフルでやらないかなあ、復活LOVE。ストーリー仕立てだから2番省略したらもったいないよ、ねえねえ。アリーナで見たいなあ。…アリーナ…アr(以下略)。
・ここで確認できたザ・マツモトジュンな踊り方は、口元に手を当てて下へおろすところ。たっぷり時間をかけて、自分の下唇をなぞる松本さんはもうMJだった。セクシーなマツモトジュン。こういう振り付けが得意なんだから、もう。お手の物だね。うっとりするよ。
・そして斜め一列から松本センターへの立ち位置移動で最初ツーステップで踏み始めるのも細やかでとてもいい。松本さんひとりだけもういっかいさらりとツーステップを踏んでいるのもオシャレでいい。
・松本センターのところで首をぐるっと回す振り付けがありますけど、リダの首の魅せ方がとてもきれい。何が違うんだろう?上体を倒し過ぎてないのがいいのかな?
・「満ちる夜」のあとにゆっくり降りる相葉さまの手がいいですね。

・「唇」担当の櫻井さん!櫻井担の皆さま、明けましておめでとうございます!

・ひとつだけ物申すとするならばせっかくの最後のサビがいちばん動きとしては大人しめなので地味に見えることです。単純な思考の持ち主なので、最後のサビはいちばん派手に行こうぜ!と思ってしまいます。脚の動きも身体の向きもほぼほぼ変化が無いので、この部分はコンサートで映えるかなあ?とクエスチョンです(おまえが心配してどうする)。MV用の振り付けをここに当てるか、もう少し脚の動きを増やすかして変化を付けてほしいなあ。歌番組の場合、最後のサビって大体アップだから問題ないんですけどね。
「離れないと」はVSの相葉さまがとても良かった。長い前髪をおろした相葉さまはそれだけでセクシーなのに伏し目がちでこちらを見つめる相葉さまには世界が恋に落ちる。
・「愛が再び蘇る」のところは引きで5人全員見たいなあ、セクシーだろうなあ、と思ったらしやがれがしてくれていました。いいぞしやがれ!やっぱりここはファイブショットに限るな!
・「ひとつになる」のあとに唇をマイクに残しちゃう櫻井さんかわいいですね。そして松本さんの人差し指の動きがきれい。
「おかえり」が成功したよ、お母さん!ちょっと照れちゃってるのがかわいいよ、相葉さま!

というわけで、いやー。大満足です。素晴らしい楽曲に、素晴らしい振り付けをしていただいて、ぜいたくだ。本当に贅沢だ!

ダンスというのはただリズムに乗って体を動かすだけじゃないんです。かっこよさを極めるだけじゃないんです。表現なんです。体全体で表現するんです。それを嵐はしてくれているのです。年々洗練されて、魅せてくれているのです。だから踊る嵐が好きです。やっぱり世界一かっこいいと思っています。

もう日本を代表するアーティストのお二方に楽曲を提供して頂いて、ディレクションまでしていただいて、MVには斗真が出てくれて、Mステではフルで披露されて、本当に恵まれているし幸せなことだ。それもこれも嵐が縁を大事にして点と点を結んできたからなのだろう。ありがとう。ありがとう。ヲタクは幸せです。あと望むことはこの曲を歌い踊る嵐を生で見ることです。あ゛あ゛〜…、アリーナ…。(まだ言う)(誰かに似てしつこい)

それでは失礼いたします。だいすきな復活LOVEに関してぐだぐだと書けた休日で幸せです(正しいヲタクとしての休日の使い方です!)。今年度中にもう一度現れて2.25事変及びレギュラー番組について少しでもかけたらいいなぁと思っております。少しずつ温かくなってきていますが、皆さまインフルエンザ等かかりませんよう、お気を付けください。


………はっ!ずっとここで叫ぶべきことがある気がして引っかかっていたのを最後に思い出した!なので言い逃げる!


佐藤勝利くんに、21世紀最大の感謝の気持ちを捧げる!本当に本当にありがとう!!
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 17:41
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/930
<< NEW | TOP | OLD>>