月がきれい松本さんと、翔潤と、踊る嵐が、好きです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
99.9 -刑事専門弁護士- 第3話。 22:08
GW真っ只中ですが、皆さまいかがお過ごしですか。こんばんは、やよいです。
昨日は午後休みが取れたので久々に青い海と鮮やかな緑に癒されるためプチ遠出をしました。普段半径300m以内で生活しているようなものなので(笑)、少しそういう生活圏を出るだけでもいいものですね。しかも、楽しみがたくさんあるおかげで五月病にもならずにすみそうです(これまでの人生においてなったことないけど)。

「陽だまりの彼女」地上波初放送本当に嬉しいよ〜!(ノ◇≦°)。

飲み会はいっているけど途中で抜け出しちゃうもの…。そういうの社会人数年目でどうかっておもうけど陽だまりは特別なんだ…。地上波で放送されるならリアルタイムで見たいの…。twitterで「ここー!!」ってヲタク同士でシェアしたいしスタッフの皆さんに感謝を伝えたいの…。
この「陽だまりの彼女」という作品は本当にわたしにとっては特別なのだなと思います。松本さんの20代最後の作品が、きらっきらした恋愛映画で本当に嬉しかった。スクリーンで見る浩介さんは本当に特別だった。記念だ!ってたくさん雑誌を買って20代最後に何を思っているのかを知ることもできた。舞台挨拶中継もすべて見た。あんなかわいらしい浩介を演じたひとがぎらっぎらして出てきた初日舞台あいさつ中継、このひとはほんとうに面白いなあと思ったっけ。わたし個人としては仕事を始めて2年目、お金も持っていてそして異動前だったので時間もあった。何度映画館に通っただろう。24時間テレビ当日に鹿児島での衣装展示がその日からだって初めて知って、慌てて衣装展示を見に行ったの覚えてる。大阪での舞台挨拶へも行くことができた。江ノ島へも遊びに行った。まさかの松本さんのロケに遭遇した。メガネをかけた松本さんは本当に小顔だった(笑)。あんなに追いかけたのは恐らく後にも先にもこの作品、この時期だけだっただろうな。

Wouldn't it be niceをちょっと聞いただけで鳥肌がぶわわっと立つくらいには好きだ。
たくさんの思い出があるこの映画。ブログとしてはここ(http://amnosfamily.jugem.jp/?eid=875#sequel)でもうリアルタイム実況的なことしてるんだけどさ(笑)、やっぱり地上波初放送は違うよね。色んな人が見てくれたらいいな。松本さんの演じる浩介はキャラクターで言えば一二を争うくらいで好きなキャラクターだからさ(迷うのはわが家の義男)(ほんと義男好きだな)、江ノ島がきらきらしているしさ、真緒ちゃんもとってもキュートだからさ、見てくれたらいいなあ。きっとほわってするからさぁ。

是非!ご覧ください!(ここで言っても)

それでは浩介さんは一旦置いておいて、大翔しゃんを。第三話!日曜にあるの有難いよ、一週間を頑張る糧になるよ。

・いただきマングローブは言うと思ったよ!(大翔ギャグが分かってきた)
・大翔しゃん、「絶対味覚」の持ち主なの!…絶対味覚ってなに!
・アリッサ…?(大翔しゃんグッズがほぼ理解できない)(女子力ゼロとはこのこと)
・立花先生を素材呼びする男ふたりセクハラだろ!
・海外ドラマでもあるある今回もあるある:俳優から犯人が分かっちゃうの巻。社長だろう、社長!
・この音楽やっぱりアガるなぁ。ちょっとスコットランドを思い出すんだよね。よくまだ調べてないけどどういう方々が作ってるんだったっけ…?(調べろ)
・ネイビーのスーツ×茶色のリュックかわいいなあ(超今更な感想)。
「帰るって言ったじゃない」「どうしたい?って言ったじゃない」。「じゃない」返し。
・立花先生かわいい(*´v`* )ねえ大翔しゃん帰るって言ったのにねえ(*´v`* )
「僕寒がりだから無理です」。立花先生かわいい
(*´v`* )大翔しゃん腹立つねえ(*´v`* )
・奥さまにはとことん弱い佐田先生かわいいよ佐田先生。
熱くてまっすぐで直球ストレートな立花先生がいいですね。若いがゆえに遠回りできない立花先生がとてもいいです。
・依頼人の利益で「罪を認め示談」か、事実か。
・所長のアドバイスで「事実」を選んだ立花先生に良い顔する佐田先生がかわいいじゃないか。いつの間にか佐田先生がこのメンバーの良きパパのようになっている(笑)。
・はっ、大翔しゃんの料理シーン!「うん、聞いてるよ〜」って答える大翔しゃん!「どうしたい?」の答えがようやく帰ってきて嬉しそうな大翔しゃん!かと思ったら「とっとと証拠探しに行けば?」とか言っちゃう大翔しゃん!「まずはこれ食べてさ」って良いとこ見せたのに佐田先生にすべて持っていかれた大翔しゃん!くーっ!
・なるほど、0と6ね!
・金庫なんか開きんこない!
「失敗しそうだったらすぐ代わるから」。かっこいいんだけど性格の悪い大翔しゃんだよ♡
・ほらやっぱり社長だった〜!やっぱり俳優さんで分かっちゃうパターン!笑
「なんだ、出番なしか」。かっこいいけどやっぱり素直に褒められないちょっと性格の曲がってる大翔しゃんだよ♡

・突然出てきたパパ!大翔しゃんの死んだ目!!良い目だよ大翔しゃん!!

・来週から始まっちゃうかしら…♡立花先生と大翔しゃんがちょっとずつ始まっちゃうかしら…♡っていうかいままで大翔しゃん彼女いたのかな…♡これだけ変人で絶対味覚を持ったひとの彼女なんてどれだけハイスペック女子なの…♡

いわゆるスタンダードなドラマっぽいザ刑事警察モノ的展開で、それって弁護士がしなくても警察がそこまでとことん調べてくれるものじゃないの?って思ってしまうけど(笑)、いつもの変人大翔しゃんの変化球勝負ではなく、立花先生のストレート直球勝負がこのドラマでは目新しい回でした。立花先生に対する大翔しゃん、変化球のなかに優しさをちらりと隠していたりして(それが本当の優しさか知らないけれど笑)。それでもやっぱり直球勝負ばかりしてきた人間からは羨ましいくらい飄々としている大翔しゃんも、まっすぐで熱くて分かりやすく優しい立花先生も、人間的にはどちらも魅力的にうつったよ。
そう、変化球ばかりの大翔しゃんがどうしてそういうまがった性格になってしまったのか、とうとう過去も見えてきそうですね!深い闇を、楽しみにしています。それでは皆さま、また来週!…はっ、来週はリアタイできないのであった…!
| 松本潤 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やよい -
web拍手 by FC2
スポンサーサイト 22:08
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
web拍手 by FC2
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amnosfamily.jugem.jp/trackback/934
<< NEW | TOP | OLD>>